>   >  就活を目的としたゲームジャム「第2回クリエイター・トライアウト in 東京」が開催
就活を目的としたゲームジャム「第2回クリエイター・トライアウト in 東京」が開催

就活を目的としたゲームジャム「第2回クリエイター・トライアウト in 東京」が開催

日本クリエイター育成協会は12月14日(月)から18日(金)の5日間、「第2回クリエイタートライアウト in 東京」を実施した。会場にはゲーム業界をめざす36人の専門学校生が参加し、6チームに分かれてゲームを開発。最終日にはゲーム会社のクリエイターを招いて発表会を実施。終了後は開発したゲームを囲んで、学生とクリエイターとの間で熱心なディスカッションが行われた。

<1>ゲームジャムを通してじっくりと学生が見られる

日本クリエイター育成協会/Association for Growing Creators in Japan(AGCJ)(会長:佐野浩章(ツェナネットワークス株式会社 取締役副社長))は、ゲーム開発者教育を行う専門学校が中心となって、2013年11月に設立された任意団体。文部科学省が推進する「職業実践専門課程」をサポートし、産学連携を通したクリエイター教育を行うことを目的としている。2015年12月現在の会員校は5校、準会員校は7校で、協力支援企業は15社。セミナーやイベントなどを定期的に開催している。

本イベントの特徴は「ゲームジャムを通した就職活動」だ。ゲームジャムとは、経歴もスキルもまちまちな参加者が一堂に集まり、同じテーマに従い、数十時間でゲームを開発するというもの。2000年代後半に欧米で草の根的に始まり、今では全世界に広がっている。国内でも近年、ゲームジャム形式のインターンシップを実施する企業が登場するなど、採用活動に採り入れるケースも見られるようになってきた。

  • 第2回クリエイター・トライアウト in 東京
  • 第2回クリエイター・トライアウト in 東京

最終日に行われた、[プレゼン・講評]の様子

企業がこうしたイベントに注目するのは、中小企業を中心に新卒・中途を含めた通年採用が増加している背景がある。日本の雇用慣行では正社員の解雇が難しく、新卒採用に慎重にならざるを得ない。その際に、じっくりと学生のスキルや作業内容が観察できるゲームジャムは効果的というわけだ。実際、10月に大阪で開催された「第1回クリエイター・トライアウトin大阪」では、内定者1名が排出された。

さて、今回の第2回トライアウトでは、「『飛ぶ、跳ねる、泳ぐ』のうち、2つの要素を組み合わせること」をテーマに、4泊5日(宿泊は希望者のみ)で開発された。発表会では就活を意識したイベントらしく、ゲーム概要もさることながら、チームメンバーの自己紹介にも時間が割かれた。参加した企業担当者も真剣な眼差しで臨んでおり、ゲームの説明が終了するたびに厳しい質問が投げかけられ、学生が言いよどむシーンもしばしば見られた。

  • 第2回クリエイター・トライアウト in 東京
  • 第2回クリエイター・トライアウト in 東京

最終日に行われた、[企業とのディスカッション]の様子

▶次ページ:
<2>個性豊かな内容の6作品の概要

特集