>   >  ゲームデザイナーよ、外に出て"超人スポーツ"をデザインしよう! 〜「CEDEC2016」レポート(2)〜
ゲームデザイナーよ、外に出て"超人スポーツ"をデザインしよう! 〜「CEDEC2016」レポート(2)〜

ゲームデザイナーよ、外に出て"超人スポーツ"をデザインしよう! 〜「CEDEC2016」レポート(2)〜

8月24日(水)から26日(金)の3日間にわたりパシフィコ横浜にて、日本最大のコンピュータエンタテインメント開発者向けカンファレンス「CEDEC2016」(コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス2016)が開催された。CEDECでは、既存のテレビゲームに当てはまらない新領域についても議論が交わされる。アカデミック・基盤技術系のセッション「新たなスポーツを創造するゲームデザイン」もそのひとつで、東京大学先端科学技術研究センターの稲見昌彦氏と、Unity Technologies Japanの簗瀬洋平氏が「超人スポーツ」の意義や実例について語った。

TEXT & PHOTO_小野憲史
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)

<1>「人機一体」で新しいスポーツを創り出す「超人スポーツ」

「超人スポーツ」とは、いつでも、どこでも、誰でも楽しめる新たなスポーツを創造するための取り組みだ。身体・文化・技術を融合させ、人間と機械が融合した、人馬一体ならぬ「人機一体」スポーツを創造することを目的としている。
稲見氏は超人スポーツ協会の共同代表として、簗瀬氏も会員として、イベント・ハッカソン・シンポジウムなど、様々な活動を進めている。当面の目標として、2020年の東京五輪にあわせて超人五種競技の国際大会を開催することを掲げている。

ゲームデザイナーよ、外に出て"超人スポーツ"をデザインしよう! 〜「CEDEC2016」レポート(2)〜

8月26日(金)に催されたセッション「新たなスポーツを創造するためのゲームデザイン」の様子

ゲームデザイナーよ、外に出て"超人スポーツ"をデザインしよう! 〜「CEDEC2016」レポート(2)〜

稲見昌彦氏(東京大学 先端科学技術研究センター 教授)

稲見氏は、「技術と共に進化し続けるスポーツ」「すべての参加者がスポーツを楽しめる」「すべての観戦者がスポーツを楽しめる」という、「超人スポーツ三原則」を紹介した。2016年に岩手県で開催される「希望郷いわて国体・希望郷いわて大会」では、「岩手発超人スポーツ開発プロジェクト」も行われる予定だ。稲見氏は「地域の文化に根ざしたものや、ご当地スポーツなどが誕生するとおもしろい」と抱負を語った。

  • ゲームデザイナーよ、外に出て"超人スポーツ"をデザインしよう! 〜「CEDEC2016」レポート(2)〜
  • ゲームデザイナーよ、外に出て"超人スポーツ"をデザインしよう! 〜「CEDEC2016」レポート(2)〜

超人スポーツの"超人性"とは何か、既存のモータースポーツなどと何がちがうのか、関係者で熱心に議論が行われたという。その結果、「超人スポーツ3原則」が整理された。今では岩手県をはじめ、地域活性化などとも結びつきつつある

VR・AR・ロボティクスなどの技術と親和性の高い超人スポーツ。中でもVRは人間の身体感を変える技術だと稲見氏は語る。「Gender Swap」という研究は、その好例だ。VR HMDを装着した男女が、互いに相手の手と体が見えている状況下で体験を共有すると、次第に相手と体が交換した感じになってくることがわかった。小児の身体性を再現する「CHILDHOOD」という研究も同様で、VRを用いて子供の身体感覚を体験できる。稲見氏は「VRでは心を体を切り離してデザインできる」という。

  • ゲームデザイナーよ、外に出て"超人スポーツ"をデザインしよう! 〜「CEDEC2016」レポート(2)〜
  • ゲームデザイナーよ、外に出て"超人スポーツ"をデザインしよう! 〜「CEDEC2016」レポート(2)〜

VRを用いると性別や年齢(体格)などを超越した体験ができる。これは「肉体と精神を分離し、再統合できる」ことを意味している

これに対してARやロボティクスは人間の身体性を拡張させる「超身体」を提供する。他に技術を通して主観的な身体位置の分割・融合など、「分身・合体」感を提供することも可能だ。ポイントは技術革新でスポーツの概念を拡張できるということ。過去にも頭脳スポーツ、モータースポーツ、そしてe Sportsなどの概念が登場した。特にポップカルチャーと最新技術に強い日本から、こうした新しいスポーツの提案がおこなわれる意義は大きいという。

ゲームデザイナーよ、外に出て"超人スポーツ"をデザインしよう! 〜「CEDEC2016」レポート(2)〜

VRのお手本は現実にあり、優れたVR体験をデザインするには人間の研究が必須となる。ここから「脱身体・変身」といった可能性が広がっていった

もっとも、野球やサッカーといった伝統的なスポーツは長い歴史の中で自然発生的に生まれ、ゲームバランスが調整されてきた。これをゼロから作り出すには、ゲームデザイナーの知見が必要だ。技術革新でスポーツの道具やフィールドが拡張しても、それだけでは誰もが楽しめるスポーツにはならない。稲見氏は『ポケモンGO』のヒットなどで、ゲームがインドアからアウトドアに拡張しつつある中、ぜひ超人スポーツの発展にも力を貸してほしいと呼びかけた。

ゲームデザイナーよ、外に出て"超人スポーツ"をデザインしよう! 〜「CEDEC2016」レポート(2)〜

超人スポーツのグランドビジョン。荒唐無稽に感じられるかもしれないが、ライト兄弟が初飛行して約半年で人工衛星が登場したことを考えれば、十分現実感のある内容だ

次ページ:
<2>「HOVER CROSS」におけるゲームデザインの改善

特集