>   >  女性ファンを意識した『刀剣乱舞-ONLINE-』のVRデモ作品 『DMM GAMES VR × 刀剣乱舞-ONLINE- 三日月宗近Ver.』メイキング
女性ファンを意識した『刀剣乱舞-ONLINE-』のVRデモ作品 『DMM GAMES VR × 刀剣乱舞-ONLINE- 三日月宗近Ver.』メイキング

女性ファンを意識した『刀剣乱舞-ONLINE-』のVRデモ作品 『DMM GAMES VR × 刀剣乱舞-ONLINE- 三日月宗近Ver.』メイキング

9月に開催された東京ゲームショウ2016にて、DMM GAMESのブースで公開された『DMM GAMES VR × 刀剣乱舞-ONLINE- 三日月宗近Ver.』。ブラウザゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』に登場する三日月宗近が登場するVRデモ作品だ。女性ファンを意識したというキャラクター表現と世界観の制作を紹介しよう。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 220(2016年12月号)からの転載となります

TEXT_ 武田かおり
EDIT_海老原朱里 / Akari Ebihara(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
©2015-2016 DMM GAMES/Nitroplus


『DMM GAMES VR × 刀剣乱舞-ONLINE- 三日月宗近Ver.』
2016年9月15~18日に開催された東京ゲームショウ2016にて、DMM GAMESのブースにてデモ展示

妥協なくつくり込まれた
優雅なキャラクターと世界観

本作は東京ゲームショウ2016(以下、TGS)にて、DMM GAMESのブースで公開されたVRデモ作品だ。女性ファンの多い『刀剣乱舞-ONLINE-』で、これまでにない女性向けのVRにチャレンジしたいという思いから、2015年の秋に企画が起ち上がったという。「『刀剣乱舞-ONLINE-』でVR作品をつくるのであれば、世界で誰も体験したことがないものを提供したいと思っていました」と、DMM.comラボのエグゼクティブプロデューサー、花澤雄太氏は当時をふり返る。「VRのアクションゲーム作品などはたくさんありますが、女性がゲームに求めるものは安らぎかもしれない。それだったら『刀剣乱舞-ONLINE-』でやる意味があります」花澤氏。議論の末、VR用に本丸(ゲーム上でのプレイヤーの本拠地)を再現して、和室で正座になり、畳のイグサの香りに包まれてVRを体験する、という方向で進むことになった。2015年11月、VR制作をエクシヴィに依頼し、次いで12月には3Dキャラクターの制作をフライトユニットに依頼。HMDはOculus Riftを採用することに決まる。


  • 右より、『刀剣乱舞-ONLINE-』エグゼクティブプロデューサー・花澤雄太氏、ビジネスデベロップメントエクゼクティブ・藤井隆之氏(以上、DMM.comラボ)、ビジュアルディレクター・室橋雅人氏、VRディレクター・古澤大輔氏(以上、株式会社エクシヴィ)、リギングアーティスト・大坪俊介氏、3Dキャラクターマネジメント・松本浩幸氏写真なし、3Dキャラクターアーティスト・宮沢悟氏(以上、株式会社フライトユニット

本作の特徴のひとつに登場するキャラクター、三日月宗近が体験者の方を向いてくれるというものがある。この機能は制作中のVRを体験した女性スタッフから「距離感は近いのにこちらを見てくれないのは寂しい」という声があがったことがきっかけで搭載された。VR内のキャラクターはプログラムによって動いていると頭ではわかっていても、体験者は三日月宗近に無視されると寂しく感じてしまう。解決策として、HMDの位置を認識して三日月宗近が視線をそちらに向けるようにした。こうした工夫もあり、TGSで公開された本作は大きな反響を呼んだ。

DMM.comラボのビジネスデベロップメントエクゼクティブ、藤井隆之氏は本作について、「今までの3D作品のつくり方とはまったく別の感覚が必要で、初心に帰って楽しくつくらせていただきました」と、ふり返る。今後のDMM GAMESのVR企画にも期待したい。

Topic 01
VRで間近に存在を感じる三日月宗近の姿

前述のように、本作はVR向けにデザインされた本丸が舞台になっている。和室の座布団の上に体験者が座っていると、三日月宗近が近くまでやってきて......、というシチュエーションだ。その三日月宗近のモデリング、およびセットアップを行なったのが松本浩幸氏率いるフライトユニット。モデリングを担当したのは同社のデジタルアーティスト、宮沢 悟氏だ。過去にイケメン男性キャラクターをつくった経験から、適性があると判断した松本氏により抜擢された。

『刀剣乱舞-ONLINE-』には大勢のキャラクターが登場するが、三日月宗近は優雅な印象のあるキャラクターだ。「イラストの三日月宗近はミステリアスに感じたので、それを再現するように3Dモデルを作りました」と、宮沢氏。モデリングは2016年3月からスタート。「作業中のモニタでは気にならないことでも、視点を自由に動かせるVRでは襟の内側など、些細な部分が非常に目についてきます。それに、VRでキャラクターを近くから見るとパースがきつくて歪んで見えてしまいました」と語る宮沢氏。さらに、三日月宗近に対しては社内のスタッフそれぞれがもっているイメージも異なる。それらひとつひとつの意見を尊重するため、モデルのブ ラッシュアップはTGS直前まで続いたという。なお、モデリングはMetasequoiaで行われている。

セットアップを担当したのはリギングアーティストの大坪俊介氏。「今までは激しい動きをするキャラクターのリグを付けることが多かったため、三日月宗近のようにゆるやかな動きをするキャラクターのリグを組むのはチャレンジでした」と言う大坪氏。セットアップは3月に仮モデルが完成してすぐに取りかかった。どんな動きにも対応できるよう、汎用性が高く実績のあるMotionBuilderを採用。何が正しいのかを探りながら、揺れものの設定なども含め、作業は7月まで続けられたという。こうしてようやく完成した三日月宗近の3Dモデルはエクシヴィに引き渡され、その後Unityによるオーサリングが進められていった。

三日月宗近の3Dモデル

本作では三日月宗近が体験者の間近に寄ってくる。そのため、フラットなモニタでは気にならなくても、実際のVRではちょっとした凹凸がないことが非常に目立ってしまう。そこで、当初はテクスチャに描き込んでいた細かな装飾などを全て立体に起こし、手直しした。完成した三日月宗近のモデルには約6万ポリゴンが費やされている。「Oculus Riftで動かすにはかなり重く、作業環境を最適化するのが大変でした」(宮沢氏)

Unity上でシェーダを適用した作業画面

Metasequoiaでのワイヤーフレーム表示

次ページ:
テクスチャ

特集