>   >  MV 『Shooting Star/ TeddyLoid feat.IA』
MV 『Shooting Star/ TeddyLoid feat.IA』

MV 『Shooting Star/ TeddyLoid feat.IA』

本作は音声合成システム「VOCALOID3」の音声ライブラリソフトウェア「IA」(イア)が歌う楽曲のMVだ。かわいらしいキャラクターのダンスはもちろん、若手アーティストによる非常に凝ったモーショングラフィックスも見どころになっている。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 205(2015年9月号)からの転載記事になります



キャラクターと華麗なモーショングラフィックスで魅せる

本作は1stPLACEから発売されている「VOCALOID3」対応の音声ライブラリソフトウェア「IA」(イア)が歌う楽曲のMVだ。7月に発売された『IA/VT-COLORFUL-』(Vita)に収録され、Webでも公開されている。制作にあたったのはモーショングラフィックスやVFXの制作、各種のプロモーションムービーなどを手がけている映像プロダクションのFOV。ディレクターの荒牧康治氏を中心に、のべ人数6名ほど(メインスタッフ4名+ヘルプ2名)という少数精鋭で制作されている。

左より、ディレクター・荒牧康治氏(FOV)、アートディレ クター・千合洋輔氏(CEKAI)、VFXデザイナー・山田明広氏(FOV)/写真なし、モーションデザイナー・mqdl氏(フリーランス)fov.tokyo.jp

IAのモデリングとモーションはキャラクターモデラーであり、Metasequoiaのプラグイン制作者としても知られるmqdl氏が担当。モーションデータに関しては、ベースはモーションキャプチャを使用し、MikuMikuDance(以下、MMD)にデータをコンバートして調整をしている。その後、荒牧氏やアートディレクターの千合洋輔氏の手によりCINEMA4Dにインポートされ、多彩なエフェクトが追加されて仕上げられている。本作ではスタッフの個性を活かすために分業制ではなく、シーン単位で担当が振り分けられた。王道的なキャラクターのダンス表現をメインに据えつつも、アーティストの感性を活かした画づくりができるスタッフィングがされていて、これはモーショングラフィックスの制作に長けた若手スタッフをそろえているFOVならではの采配と言えるだろう。

また、MMDのダンスデータが存在していたこともあり、平面的な絵コンテはつくらずに、直接モーション付きの3Dデータにカメラを置いてVコンテを制作している。これにより制作を効率化できただけでなく、立体的な映像構成に仕上げられている点にも注目だ。「今年はIAにとって3周年目の節目の年です。IAはクリエーターの創作活動を支援する『IA PROJECT』という企画も展開していますし、今回はメンバーの協力で納得いくMVに仕上げられて良かった」と荒牧氏は語ってくれた。

[Topic1]キャラクターのモデリングとアニメーション
---Metasequoiaによるキャラクター表現

キャラクターのモデリングに関しては、以前からIAのモデル制作を行なっていたmqdl氏が担当。使用ソフトは同氏が長年ユーザーとして得意としているMetasequoiaだ。今回のコンセプトは「これまでのIAとこれからのIA」という意味づけもあって、通常デザインのIAに加え、本作のために白いドレスのIAモデルが作成されている。身体のモデルはもともとのIAのデータがあったが、ドレスパターンはイラストから形状が起こされた。服や身体のモデル自体はフラットにして陰影はあまり描き込まず、顔のテクスチャのみ、ある程度陰影を付けてかわいらしさを強調することで、立体的かつイラストっぽいテイストを表現している。

キャラクターモデルの制作

▲A:通常デザインのIAと本作のために制作された白いドレスのIA。白ドレス版については「鏡の中のもうひとりのIA」というイメージで、衣装だけでなく髪型も左右対称的にしたという。モデリングからセットアップまで全てMetasequoia上で完結している/ B:mqdl氏がこだわったという髪の造形。色味に関しても複雑な塗りの質感を再現できるように工夫されている

「今回、モデルでこだわった点はロングヘアです。通常であれば房を並べていきますが、ただ張り合わせた感じではなく髪全体のボリュームを彫刻のような造形感で表現したいと思いました。質感に関してもマネキンっぽくならないように、とにかくかわいらしさには気をつけています。色味の複雑さも表現して、イラスト寄りに見えるよう、質感にもこだわりました」と、mqdl氏はポイントを語ってくれた。セットアップには同氏が作成したMetasequoiaプラグイン「Keynote」を使用しており、ボーンの構造だけでなく、揺れものやウェイトの設定も独自のプラグインでまかなっているという。さらにフェイシャルの仕込みに関してもMetasequoia上で完結している。

セットアップ

▲A・B:Metasequoiaでのレイヤー状態と同じように動かせる二重ボーンのセットアップ画面。モーションキャプチャの動きの上からMMD用に変換してアニメーション作業に移行する/ C:口パクの仕込みに関しては理屈で合わせても上手くいかなかったので、上げ下げなどの調整は手作業で修正を行なっているとのこと。アップカットは表情を付けすぎないでキャラクターの設定に合わせ、ロングカットは口パクが目立つように大きめに動かすなど、細かく調整されている



アニメーションに関してもmqdl氏が作成しているが、ソフトはMMDが使用されており揺れものはMMDの物理演算処理だ。動き自体はモーションキャプチャベースということもあって、ボーンの構造に関してもMetasequoiaでセットアップしたベースの骨構造の上に、さらに重なるように骨を追加することで、元のベイクされたキーとは別のレイヤーで、手作業でモーションの調整をすることができるような仕込みも施されている。フェイシャルに関しても、同氏制作プラグインで歌詞に合わせてリアルタイムに母音をキー入力して制作された。

アニメーション付け

▲MMDによるアニメーション調整の作業画面



▲表情の例。髪の毛と服に関してはMMDの物理演算機能を使用し、揺れ幅に関してはかなり細かく調整を行なっている。手と指先はモーションキャプチャデータではなく手付けで作成しており、細部にまで表情や芝居にこだわっていることが窺える。「MMDでのアニメーション作業はとても速く行えたと思います」(mqdl氏)

次ページ:[Topic2]モーショングラフィックスを多用したステージの演出

特集