>   >  「Adobe CS6 VIDEO EVOLUTION - 超進化型ツールが変える映像制作」レポート
「Adobe CS6 VIDEO EVOLUTION - 超進化型ツールが変える映像制作」レポート

「Adobe CS6 VIDEO EVOLUTION - 超進化型ツールが変える映像制作」レポート

64bit 環境へのネイティブ対応が話題を呼んだ CS5 の発売から早2年。アドビ システムズの主力製品が CS6 へメジャーアップグレードとなったのを期に、5月 25 日(金)東京 六本木「ニコファーレ」にてユーザー向けイベント「Adobe CS6 VIDEO EVOLUTION - 超進化型ツールが変える映像制作」が開催された。本イベントは会場であるニコファーレの特徴を活かして、会場に来られないユーザーにもニコニコ生放送USTREAM によるライブストリーミング配信が行なわれた。視聴者からの書き込みはリアルタイムに会場で流され、ゲストがそれを見て答えるという一幕もあり、インタラクティブな反応が楽しめる、充実したイベントであった。

会場のニコファーレ。ニコニコ動画最大の特徴である、一言コメントが会場の横スクリーンに流れる。ゲストや参加者らが寄せられるコメントに注目する姿も見られた

After Effects × ベジェ=アニメーション

まず、株式会社 KOO-KI から木綿達史氏白川東一氏をゲストに迎え「KOO-KI が体験した CS6」と題した講演が行なわれた。最初に同社が手掛けた CM やゲームのオープニングムービーなどを紹介するデモンストレーション映像を放映。その中の1つ、コミカルな動きが印象的な「追悼 赤塚不二夫展」エントランス映像を題材に、どのように映像を制作したのか、CS6 との違いなどについて解説していった。




Entrance movie for the Fujio Akatsuka Retrospective Exhibition from KOO-KI on Vimeo.
「追悼 赤塚不二夫展」エントランス映像



同映像は、原画キャラクターや 3D の文字など各種素材にパペットツールによる処理を加え、コミカルな動きに仕上げている。制作当時(2011 年)は Maya でレンダリングしていたという飛び出す 3D 文字だが、今回 After Effects CS6 に加わったベジェを押し出す 3D 機能を駆使することで、同様のアニメーションを After Effects 上で制作できるようになったという。また CS6 では、Illustrator で作成したベジェ素材をそのまま After Effects に読み込むことができる。そこで Illustrator で作成した傘のイラストを用いて、After Effects のみを使ったベジェアニメーション制作が実演された。今後、3D テキストや簡単なアニメーションの制作は After Effects だけで可能になるかもしれない。

他に CS6 では、グローバルパフォーマンスキャッシュによって処理スピードが高速化され、After Effects の作業効率が非常に向上したという。同じ作業が早く終わる分、今までより制作にかけられる時間が増え、より良い作品を作るためのアイデアを練る時間を生み出すことができるようになったと2人は語り、映像制作の現場からも CS6 に対する期待が伺えた。

<左>終始、イベントの進行を務めた アドビ システムズ株式会社 古田正剛氏
<右>株式会社 KOO-KI の木綿氏(左)と白川氏(右)。同社は NTT データ の CM、『クレヨンしんちゃん』とコラボした関ジャニ∞の『T.W.L』MV、『実況パワフルプロ野球 2012』オープニング CG など多種多様な映像制作を手掛けている

「追悼 赤塚不二夫展」エントランス映像のコンポジットファイル。原画のキャラクターと Maya で書き出したテキスト素材にイラストの煙素材を加え、パペットツールでアニメーションさせている。枠にハマらない世界観を表現したという

Illustrator で作成したベジェ素材をそのまま読み、After Effects だけでイラストの傘が風で煽られるベジェアニメーションを作成した。以前は1コマ1コマ描いた素材を読み込む必要があったが、CS6 からは After Effects 上でベジェアニメーションを作成できるというわけだ

特集