>   >  オレンジによる『アクティヴレイド -機動強襲室第八係-』CGメイキングアニメ作品でありながら特撮感のあるCGカットを目指す!
オレンジによる『アクティヴレイド -機動強襲室第八係-』CGメイキング<br/>アニメ作品でありながら特撮感のあるCGカットを目指す!

オレンジによる『アクティヴレイド -機動強襲室第八係-』CGメイキング
アニメ作品でありながら特撮感のあるCGカットを目指す!

強化装甲「ウィルウェア」を使用して活動する警察庁の特殊部隊「機動強襲室第八係」の姿を描いた本作。今回はオレンジによる3DCG制作について取材した。

TVアニメ『アクティヴレイド-機動強襲室第八係』は近未来の東京を舞台に、ウィルウェアと呼ばれる強化装甲を装備する警察庁特殊部隊「機動強襲室第八係」の活躍を描いたオリジナルアニメ作品だ。総監督はアニメ『ガン×ソード』『コードギアス』シリーズの谷口悟朗監督が務めた。今回はウィルウェアやヴァーチャルマスコットLikoなどの3DCGカットを担当したオレンジのスタッフに話を聞いた。

「総監督が谷口悟朗監督ということで、注目を集めるだろうと思い、面白いことができればと考えていました。シリーズ構成も多くの特撮戦隊シリーズを手がけている荒川稔久氏ですので、アニメ作品でありながらも特撮感のあるCGカットになるように心がけました」と、CGディレクターの都田崇之氏は本作への思いを語る。制作はヴァーチャルマスコットLikoのキャラクター制作から始まった。Likoのデザインは制作会社から提供されていたが、電脳キャラクターとしてどのようにアレンジしてデザインしていくかは、オレンジに委ねられていた部分も多かったという。「Likoのモデルはオレンジとしても力を入れて取り組みました。キャラクターモデルの作成はTVアニメ『艦隊これくしょん-艦これ-』など、これまでに携わった作品で経験を積んでいたので、そのノウハウを注ぎ込んで最初に作成したのがLikoのモデルです。モーションキャプチャへの対応をはじめ、新しい挑戦となる要素が多く含まれています」と、CGプロダクションマネージャーの藤田進夢氏。

そのほか、各ウィルウェアのモデル制作においても、提供されたデザインを基に各担当のCGデザイナーがアイデアをさらにプラスするかたちでモデリング作業が行われているという。「本作では『3DCGとしてやりやすいように』と、こちらに任せていただける部分も多くありました」と語る藤田氏。第二期もLikoやウィルウェアなど、CGキャラクターの活躍に期待したい。

オレンジ 求人情報

オフィス
現在オレンジは新規ビッグタイトル複数稼働中につき、制作スタッフ募集中。
実務経験が浅くてもキラリと光る才能があれば、 積極的に採用中!

詳細はこちらhttp://cgworld.jp/jobs/21018.html

【INTERVIEW】 次世代のアニメCG制作体制を構築中のオレンジがスタッフを募集
【INTERVIEW】 アニメCG作品の元請けを視野に 体制拡充を目指すオレンジ

<POINT:1>強化装甲のウィルウェアやヴァーチャルマスコットLikoの作成

主人公たちが身に付ける6体の強化装甲"ウィルウェア"やヴァーチャルマスコットのLikoはオレンジが作成した3DCGモデルが使用されている。これらのキャラクターはデザイン画が提供されているが、そのままにモデリングされるだけではなく、デザイン画をベースにオレンジのCGデザイナーが監督にアイデアを提案しながら最終的なフォルムが決定されているという。

モデリングチーフの大杉 翼氏はウィルウェアのモデリングでこだわった部分について「人が中に入っているということが前提になるデザインであることです」と語る。また、男性キャラクターと女性キャラクターでデザインの区別をつけたり、敵側のウィルウェアは全て製造された企業が異なるため、そのちがいがはっきりわかるようなデザインになるように心がけているという。「敵のウィルウェアを並べて見ると、一見すると統一性がないように見えるかもしれませんが、それぞれの企業の個性が出ていて良い感じに表現できたのではないかと思います」と藤田氏。本作に登場するウィルウェアは、フライトユニットが装着されていたり、携帯する武器も多い。これらのデザインやギミックは提供されたデザイン画などを基に、オレンジのアーティストの方でもデザインのアイデアを出しながら制作が進められた。特にエルフΣの武器のデザインやギミックは大杉氏がゼロからデザインしたものなのだという。

「造形に興味のあるスタッフが多く、デザイン画には描かれていない部分もアイデアを出してデザインしてくれたり、上手くまとめてくれるので、そういうことができるスタッフの人選も上手くいったのではと思います」と都田氏。CGスタッフがメカデザインやギミックデザインに参加することで、実際の動き方を考慮しながらデザインすることができるため、デザイン作業の面でもモデリング作業の面でも非常に効率的に進めていくことができたという。

ストライクセンターセプター

▲<A>黒騎 猛が着用するウィルウェア、ストライクインターセプターのデザイン画。ストライクインターセプターは作品の顔ともなるキャラクターであるため、モデル制作にも力が入れられている。特に頭部と背中に背負っているフライトユニットには注力したという。フライトユニットのデザインは、デザイナーから上がってきた内容に追加して、CGスタッフが自ら形状や動きのギミックまでを考えている。フライトユニットデザイン担当はオレンジの長川 準氏。「デザインやギミックの案を担当のCGスタッフととりまとめてプロダクションアイムズに確認したところ、OKをもらえたので、あとはこちらの方で自由にデザインさせていただきました」(藤田氏)。

▲<B>3Dモデル / <C>レンダリングされたモデル

▲<D>フライトユニットのデザイン

▲<E>モデリングされたフライトユニットの収納状態 / <F>飛行状態

エルフΣ

▲<A>瀬名颯一郞が着用するウィルウェア、エルフΣの設定画。エルフΣはストライクインターセプターと同じく、制作初期に作成されたモデルで、本作に登場する3DCGモデルの情報密度やクオリティの基準となるモデルということを重視しながら作成された。デザイナーの考えたコンセプトを活かしながら、内部に人が入っているということを意識したデザインにリモデルされており、脛の装甲など3D上で細く見えないように調整が施されている

▲<B>3Dモデル / <C>レンダリングされたモデル

▲<D>エルフΣの装備であるライフルのギミック案

▲<E>ライフルの3Dモデル。原案ではライフルを装甲にマウントした状態で折りたたまれているように見えたため、ギミックとしてグリップ、ストック、マガジンそれぞれの収納機構が盛り込まれている。武器リデザイン・モデリング担当は大杉氏 / <F>肩のリング状のパーツ。背面マウント位置からリングをレールにして手に保持できる位置にスムーズに移動できるような構造・レイアウトが作成されている。「ギミックが複雑に動くのがメカもののロマンですね」(都田氏)

メーティストラクチャーibuki


▲星宮はるかが着用するメーティストラクチャーibuki。原案ではやや男性的なシルエットだったが、社内デザイナーにより女性キャラクターらしいシルエットにリモデルされている。設定画リデザイン担当は大杉氏で、モデリングを担当したのは田中貴大氏。他のウィルウェアのデザインも着用するキャラクターの設定や性格に合わせてデザインをリモデルしているという。「私の方でそのキャラクターの設定を吟味して、こんな感じにできないだろうかとスタッフの方へ振ると、良い感じに上げてきてくれるので非常に助かります」と藤田氏。キャラクターがウィルウェアを着用しても、そのままキャラクターとしての設定が継承されるように心がけてリモデルされているという

Profileプロフィール

オレンジ/Orange

オレンジ/Orange

左より、モデリングチーフ・大杉 翼氏、CGディクタ―・都田崇之氏、CGプロダクションマネージャー・藤田進夢氏(以上、オレンジ)

求人情報:http://cgworld.jp/jobs/21018.html
会社情報:http://www.orange-cg.com

スペシャルインタビュー