>   >  VFXアナトミー:映画『信長協奏曲』(VFX制作:IMAGICAほか)
映画『信長協奏曲』(VFX制作:IMAGICAほか)

映画『信長協奏曲』(VFX制作:IMAGICAほか)

漫画、アニメ、TVドラマと異なるメディアで表現されてきた『信長協奏曲』を、VFXを駆使して映画ならではのスケールで描く。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 210(2016年02月号)からの転載記事になりますt

マットペイントを駆使した世界観の構築

今回のVFXアナトミーは、映画『信長協奏曲』(のぶながコンチェルト)を紹介する。本作はフジテレビジョン開局55周年記念プロジェクト企画の一環として制作された作品で、これまで、同名タイトルでアニメ、TVドラマが制作されてきた。本作のVFXはIMAGICAを中心としたプロダクションが参加し、VFXプロデューサーは赤羽智史氏が、VFXスーパーバイザーを西尾健太郎氏が担当することになった。制作はTVドラマの制作終了後4月から撮影が始まり、7月の編集作業のあと、8月から9月にVFXの実作業が行われた。制作されたVFXショットの数は278カット、IMAGICA、IMAGICAウェスト、FILMのほか、数名のフリーランスアーティストやいくつかのスタジオが参加し、総勢33名のスタッフがVFX制作に携わっている。

映画『信長協奏曲』予告

VFX制作は、背景のマットペイントや炎などをシーンに追加する、いわゆるインビジブル・エフェクト中心の作業となっているという。本作では築城されたばかりの安土城が信長の居城として登場するが、安土城も3DCGで表現するのではなく、現存するミニチュアを上手く設定に合わせてレタッチして制作されている。それにはマットペイントの素材や資料が多く必要であったため、6月にVFX班が撮影本隊とは別に京都を中心に関西でスチールロケを行い、参考となるような城や寺といった建物を撮影した。「スチールロケとはいえ、予算も時間も限られているのでなるべくコンパクトに撮影できるように事前にガイドを作成するなど工夫もしています。西尾氏が京都にいたので素材が足りないときは撮影を頼みました」と赤羽氏。

写真左から、山本雅之(FILM)、赤羽智史、伊藤祐一、田中勉、末永大志、西尾健太郎(フリーランス)、大森智裕、高嶋諒、土師翔太(IMAGICAウェスト)、齊藤結衣、斎藤大輔(IMAGICAウェスト)。以上、特記以外IMAGICA(敬称略)

「松山博昭監督や撮影の江原祥二氏から集めた情報を東京にいるスタッフに送って技術的な準備をしてもらいました。監督やカメラマンとのイメージの共有がポイントでしたね」と西尾氏は語る。今回、撮影や制作拠点が東京、京都、大阪と離れた場所で制作が進んでいったが、IMAGICAのファイル転送サービスHARBORを使ってデータを非常に高速にやり取りすることができたので効率良く作業が進められたという。「このシステムは撮影した次の日には素材を確認して作業に入れます。スチールロケ用のガイド作成も撮影中からできました」と赤羽氏はふり返る。それでは代表的なショットを例に本作のVFXメイキングを紹介しよう。

<1>インフォ・グラフィックスによるタイトルバック

300コマを超える実写トレースで信長を表現

まずはオープニングタイトルのメイキングから紹介する。本作ではオープニングタイトルや物語の状況を説明するためのインフォ・グラフィックスも使われ、物語を画で表現するのが得意という松山監督らしい作品となっている。オープニングタイトルをはじめ、本作で使われるインフォ・グラフィックスを手がけたのがFILMの山本雅之氏だ。「やっていることは非常にシンプルです。時代劇の中に使われるグラフィックスなので、どこまで世界観を踏み外していっていいのか最初は迷いましたが、以前から何度か監督と仕事をしており、監督は世界観を狭めるのではなく、広げて提案してくれという方なのでまずサンプルを作成して提案しました」と山本氏は話す。

今回は映画のため、TVドラマでやっているような表現とは異なる方向性のオープニングタイトルにしたいと思ったのだとか。本作は本編を撮るだけでも大変な作品で、オープニングタイトルのためだけに撮影をするスケジュールは条件が厳しいと判断し、本編で撮影された実写素材をトレースして使うことにしたのだと山本氏は言う。「普段はVFXのショット制作を行いながらオープニングタイトルの制作を兼任することが多いのですが、今回はIMAGICAさんがVFX制作を担当されることになったので、あえて時間のかかる手法にトライしてみました」と山本氏。

1ヶ月半をかけて第1案を作成し、監督の要望を踏まえてさらに1ヶ月をかけて完成させている。完成したオープニングタイトルは、毛筆で描いたような軌跡で馬を駆る信長の姿がトレースされ、英語のキャッチフレーズをあしらうなど、ダイナミックかつポップな印象に仕上がっている。

オープニングタイトルの制作手順。

▲<1>トレースに利用した本編の撮影素材

▲<2>撮影素材をIllustratorでトレースし、監督へのプレゼン画像を作成したもの。この画像を見せながら口頭で監督に補足説明を行い方向性を決めていった

▲<3>事前準備として作成したIllustratorのカスタムブラシ。「力強い筆のタッチ」をイメージした

▲<4>撮影素材から325コマ分の静止画連番を書き出し、ひとコマごとにトレースしていく

▲<5>Illustratorと同時にAfter Effectsを起動しておき、ひとコマトレースが終わるたびにAEに読み込んで動きを確認。手描きが活きる雰囲気を目指して作成されている

▲<6>ひとコマ見ただけではわからないが、アニメーションで見ると信長だとわかるシルエットになっている

▲<7>全コマのトレースが終わったら「おかず」的なグラフィックスをレイアウト。タイポグラフィを入れたところで、オープニングタイトルの「色」が決まった

▲<8>アナログ感を大事にしながらトーンを調整

▲<9>Trapcode Mirを使ってダイナミックに暴れる線の素材を作成

▲<10>「NO WAR」から「LOVE and PEACE」のタイポグラフィ。このノリが世界観に合っていたので監督に提案し採用された

▲<11>背景の旗はBlenderで作成している

▲<12>コンポジットして完成した画像

オープニングタイトルの完成画像からの抜粋。325コマをトレースしていくという気の遠くなるような作業の末、完成したオープニングタイトルは信長の力強さとポップな世界観がマッチした映像となっている

次ページ:
<2>マットペイントで作り上げた安土城

その他の連載