>   >  Virtual Experiences in Reality:第3回:There's no map to human behaviour 〜『Björk Digital-音楽のVR・18日間の実験』〜
第3回:There's no map to human behaviour 〜『Björk Digital-音楽のVR・18日間の実験』〜

第3回:There's no map to human behaviour 〜『Björk Digital-音楽のVR・18日間の実験』〜

the English version(pdf) is available from following link.
CGWjp201607-VirtualExperiencesInReality03-BjorkDigital.pdf


近年、多様な展開を見せるヴァーチャル(バーチャル)・リアリティ(VR)について、様々な視点からアプローチする本連載。今回は、2016年6月29日(水)から7月18日(月・祝)までの18日間、日本科学未来館にて開催中である『Björk Digital ―音楽のVR・18日間の 実験』を紹介しよう。展示タイトルのとおり、ビョークの楽曲と世界中の映像クリエイターやプログラマーとのコラボレーションによって実現した音楽体験を拡張する実験的なVRの展示プロジェクトだ。

<1>30年以上にわたり、新たな音楽表現を探求し続ける

故郷アイスランドの自然―木々がなく、冬の極夜と夏の白夜は、ビョークの最も重要なインスピレーションの源泉だ。ビョークは30年以上にわたり、音楽制作を続けて、その売り上げは2,000万枚におよぶ。2015年には、女性のポップアーティストとしては初となる回顧展をニューヨーク近代美術館(MOMA)で開催した。ここにいたるまで、ビョークは常に音楽業界のしきたりを押し動かす一方で、革命的なミュージックビデオとファッションを生み出し続けてきた。ビョークの仕事、あるいはビョークその人を定義づけるいかなるジャンルも存在しない。彼女は自身を次のように表現する。「最も特異な人間のひとりであり、同時に、非常にパーソナルなシンガーソングライターでもあり、(中略)また科学者あるいは冒険家である」と。

2016年6月29日(水)、そんなビョークの展覧会『Björk Digital-音楽のVR・18日間の実験』(以下、"Björk Digital")が日本科学未来館にて開幕中だ。ビョークのこれまでになくパーソナルな感情から生まれた2015年に発売されたアルバム『Vulnicura』は、彼女にとっては毎回のことだが、音楽界で驚きをもってむかえられた。いまだかつて、ビョークがこれほどまでに何らフィルタを差し挟まずに、自身の心と魂を人々に開け広げにした作品はないだろう。

Making of "Björk Digital - live streaming digest part1 - "

しかしながら、自身を最もさらけ出したアルバムであるにもかかわらず、歌詞と音楽だけでは、このアルバムを完全なる親密さの瞬間とするには十分ではなかったようだ。オーディエンスが何よりもビョークとたった2人きりになることを可能にするために、彼女はヴァーチャルリアリティ(VR)、モバイル・テクノロジー、そして最先端のシネマサウンドシステムを駆使したこの展覧会を企画したのだ。私たちは常にビョークの新しいアルバム、衣装、仮面を通して、新しい彼女を発見してきたが、今回は全てにおいてこれまでとは異なっている。今回、彼女が自身の作品を表現する際に好んで使うおとぎ話のような幻想はいっさいなく、ただシンプルに彼女自身のストーリーが繰り広げられているのだ。

連載"Virtual Experiences in Reality"第3回:Björk Digital

© Santiago Felipe

<2>"I wish to synchronize our feelings"

何十年もの間、人々の関心からビョークを守ってきた故郷アイスランドに向けられる彼女の親愛の情は、まず初めにYouTubeを利用して、アルバム『Vulnicura』から作品"Stonemilker"の360度ビデオをアップロードする方法で表現された。
Samsung Gear VRのHMD(Head-mounted Display)とBowers and Wilkinsのヘッドホンを装着するやいなや、私はアイスランドの海辺にいた。そして、きらめく黄緑のドレスを着たビョークが歌っているのを立って見ている。閑散とした灰色がかった北国の海岸と、ビョークのドレス、彼女の動きが、驚くほどのコントラストをなす。周囲を見るために振り返るたび、音色は海辺にいるビョークとともに、動き、とどまる。何度か見まわしているうちに、完全に没入し、彼女の世界の中にいる。荒涼としたアイスランドの風景の中で、この映像がいかにして制作されたかを考える時、この親密な瞬間に気づく。海辺には山や撮影クルーが身を隠す場所はいっさいない。ビョークがたったひとりで360度カメラを携えて、その場にいたように感じられる。

連載"Virtual Experiences in Reality"第3回:Björk Digital

© Andrew Thomas Huang

この瞬間、私はこの展覧会の真の意味を理解すると同時に、初めてVRが外界との接触を失わせる経験をした。私は私の周りを踊り、歩き回るビョークとともに、たった2人きりで海辺にいる。哀しみを帯びた歌詞、決して絵はがきになりようもない海辺の風景、ビョークの動きとドレスの色彩、それら全てによって、私は孤独でありながら、希望さえ感じるられるのだ。

Björk: stonemilker (360 degree virtual reality)

<3>"I was not heard"

次の部屋に進むと、VR体験が新たなレベルの親密さに到達していた。先ほどとは別のGear VRのHMDとヘッドホンを調整して、しばらくして新たな空間に慣れてくると、もはやビョークを対象として見ているのではないことがわかる。ピンクの塊、暗闇、そして液体。ほとんどシュールでグロテスクのように見えるが、歌詞が流れ、気づくとビョークの口の中にいる。口は人間の身体の中で、最も傷つきやすく、また親密な部分でもある。このVR空間は、特別にカスタムされた球状の360度カメラで、実際のビョークの口の内部と、このために作られた精巧なビョークの口のモデルを撮影することによって生み出された。

連載"Virtual Experiences in Reality"第3回:Björk Digital

© Jesse Kanda

連載"Virtual Experiences in Reality"第3回:Björk Digital

© Jesse Kanda

"Mouth Mantra"のマッフルベースドラムの音は、ビョークの鼓動のように感じられ、離れているにもかかわらず、同じ宇宙にいるかのようだ。空間の中の宇宙と身体の中の宇宙が、ビョークのためのつながれた世界となる。映像の最後で、私たちは洞窟から解放される。次に外界へと移動し、何ら背景を持たない青い冷たい照明の中で、ビョークの顔と踊る彼女の姿を見る。そこは、真っ黒い空虚な世界で、ビョークしか見えない。感情的につき動かされるときに、どのようにして声帯を閉じるのか、どのようにして言葉が内面につきささるのか、そう語りかける歌詞を聴いているうちに、この実験へのビョークと監督Jess Kandaの愛だけが、完全なVR体験を可能にしているのだと理解するのだ。
ビョークの故郷アイスランドの海辺で、彼女と2人きりで過ごした後、ビョークは彼女の身体の内部へと私たちを導き入れてくれたのだ。しかし、この経験が最後のそして最も親密な彼女とのつながりだと思ったらまちがいだ。

▶次ページ:
<4>"Your spirit entered me"

その他の連載