>   >  映画『ピクセル』に見る、デジタル・ドメインのキャラクター・アニメーション妙技
映画『ピクセル』に見る、デジタル・ドメインのキャラクター・アニメーション妙技

映画『ピクセル』に見る、デジタル・ドメインのキャラクター・アニメーション妙技

日本では2015年9月12日(土)に公開された映画『ピクセル』。『ハリー・ポッター』や『ナイト・ミュージアム』シリーズなど、子どもから大人まで楽しめる作風を得意とするクリス・コロンバス監督らしいエンターテインメントあふれた本作では、8ビットゲームのテイストを最新の実写VFXへと仕上げる上で様々な創意工夫がこらされた。リードVFXスタジオを務めたDigital Domainのアニメーション・ディレクター、ジャン・フィリップ・クレイマー氏が8ビットゲーム調エイリアンのアニメーション制作について語ってくれた。

<1>イントロダクション

映画『ピクセル』は、「アヌシー国際アニメーション映画祭 2011」にて短編アニメーション部門(Annecy Cristal)受賞など30以上の賞にかがやいた同名の短編フィルム『PIXELS』を原作として長編映画化されたものである。

本作の物語は1982年から始まる。当時のアメリカは第一次アーケードゲームブームに湧いていた。少年たちはコインを集めてはこぞってゲームセンターに通い、互いに腕を競った。当時流行っていたゲームは1981年にリリースされた『ギャラガ』や『ドンキーコング』、そして1980年にリリースされた『パックマン』などであった。同年NASAによって打ち上げられた宇宙船には、地球に暮らす人々の生活の紹介の一部として、アーケードゲームの大会の模様が収録されたビデオが積み込まれていた。これを受け取った宇宙人がゲームの映像を宣戦布告と受け取り、2015年にアーケードゲームの様式で地球に勝負を挑んできた、というもの。

映画『ピクセル』予告編
監督:クリス・コロンバス/脚色:ティム・ハーリヒー、ティモシー・ダウリング ※パトリック・ジーンの短編映画に基づく/プロデューサー:アダム・サンドラー、クリス・コロンバス、マーク・ラドクリフ、アレン・コヴァート/撮影:アミール・モクリ/プロダクションデザイナー:ピーター・ウエナム/音楽:ヘンリー・ジャックマン/VFXスーパーバイザー:マシュー・バトラー
VFX制作:Digital DomainSony Pictures ImageworksTRIXTERStorm Studiosほか
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント


宇宙人の送り込んできた兵器は全て1982年当時のゲームのキャラクターの形状を模したピクセル状であった(実際には立体であるためボクセル)。攻撃された地球上の物質も次々とピクセル状に変えられていく。
本作品では異性人の兵器やキャラクターたちが全て3DCGによって、無数の発光体のボクセルの集合体として描かれている。VFX制作をリードしたのが、Digital Domainである。本稿では、昔懐かしいゲームに登場するキャラクターたちを現実空間に蘇らせ、かわいらしく動き回るエイリアンのアニメーションをディレクションしたDigital Domainのアニメーションディレクター、ジャン・フィリップ・クレイマー/Jan Philip Cramer氏に制作の裏側を聞いた。

  • 映画『ピクセル』アニメーションメイキング
  • ジャン・フィリップ・クレイマー/Jan Philip Cramer
    2005年、Sony Pictures Imageworks(SPI)のキャラクター・アニメーターとしてキャリアをスタート。SPIでは『ゴーストライダー』(2007)や『スパイダーマン3』(2007)などに参加。2007年にWeta Digitalへ移籍し、リード・アニメーターとして『アバター』(2009)に携わった後、『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』(2010)ではアニメーション・スーパーバイザーを務めた。2010年より、Digital Domain所属のアニメーション・ディレクターとして『ジャックと天空の巨人』(2013)、『エンダーのゲーム』(2013)、『X-MEN: フューチャー&パスト』(2014)、そして『ピクセル』(2015)と、コンスタントにハリウッド大作を手がけている。2014年からはDigital Domainアニメーション部門のスーパーバイザーも兼任している。

    個人サイト

アニメーションチームは、まず映画で取り上げられる1980年代のゲームの研究を行うところから着手した。
「もともと私もチームのメンバーも全員オリジナルのビデオゲームの大ファンでした。子供の頃から私は任天堂やセガのゲームが大好きで(今もですが)、ゲームセンターでリリースされるたびに新しいゲームに触れるのが楽しみで仕方ありませんでした。チームのみんなに言ったのは、まずはこれらのゲームの精神を理解しろということでした。最初にやったことはクラシック・アーケード博物館を訪れ、オリジナルゲームに触れたことです。それからDigital Domainのオフィスに『ドンキーコング』、『パックマン』、『センチピード』(アタリ社、1981年)を持ち込んだのですが、チーム全員がすごい勢いで遊び始めました(笑)」。
その結果、Digital DomainのVFXスーパーバイザーであるマーテン・ラーソン/Märten Larsson氏やクレイマー氏にとって、オリジナルゲームのキャラクターの形や動き方に敬意を払うことは、何より重要なことになったようだ。完成した映画を見ると、各キャラクターが何のゲームから引用されているか、知っている人ならすぐにピンとくるだろう。

映画『ピクセル』アニメーションメイキング

▶︎次ページ:<2>監督が掲げたビジョン

Profileプロフィール

ジャン・フィリップ・クレイマー/Jan Philip Cramer

ジャン・フィリップ・クレイマー/Jan Philip Cramer

2005年、Sony Pictures Imageworks(SPI)のキャラクター・アニメーターとしてキャリアをスタート。SPIでは『ゴーストライダー』(2007)や『スパイダーマン3』(2007)などに参加。2007年にWeta Digitalへ移籍し、リード・アニメーターとして『アバター』(2009)に携わった後、『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』(2010)ではアニメーション・スーパーバイザーを務めた。2010年より、Digital Domain所属のアニメーション・ディレクターとして『ジャックと天空の巨人』(2013)、『エンダーのゲーム』(2013)、『X-MEN: フューチャー&パスト』(2014)、そして『ピクセル』(2015)と、コンスタントにハリウッド大作を手がけている。2014年からはDigital Domainアニメーション部門のスーパーバイザーも兼任している。

個人サイト

スペシャルインタビュー