>   >  Image Engineが心血を注いだ、映画『チャッピー』のVFX。 Vol.2:松村智香(ハードサーフェス・モデラー)
Image Engineが心血を注いだ、映画『チャッピー』のVFX。 Vol.2:松村智香(ハードサーフェス・モデラー)

Image Engineが心血を注いだ、映画『チャッピー』のVFX。 Vol.2:松村智香(ハードサーフェス・モデラー)

映画『チャッピー』におけるアセット制作では、主役チャッピーそのもののデザインが制作の中核を占め、その中でも3DCGによるデザイン作業は長く、密度の濃いものであったという。その道のりをImage Engineモデラーチームの一員として歩んだ松村智香氏に、Image Engineがこれまで手がけた中でも最も複雑だったと言わしめる本作のモデル制作について話を聞いた。

【関連する記事】Image Engineが心血を注いだ、映画『チャッピー』のVFX。 Vol.1:マーク・ウェンデル(CGスーパーバイザー)

<1>機械としてリアリティのある機構・構造

ニール・ブロムカンプ/Neil Blomkamp監督と、WETA Workshop(以下、WETA)が作成したコンセプトアートはImage Engine社に渡され、そこから3Dでのデザイン作業が始まった。
監督の要望により、チャッピーは実在すると信じさせるための1つ方策として、チャッピーにロボットとして実際に動作する構造を持たせることが求められた。そのため、モデリングはリグ担当者と関節の構造を検討しながら進められたという。こうして作成されたコンセプトモデルを下に、ディテールや関節の細部構造が作り込まれていった。

映画『チャッピー』 Blu-ray&DVD 9月18日(金)発売
脚本・監督・製作:ニール・ブロムカンプ/共同脚本:テリー・タッチェル
出演:シャールト・コプリー(チャッピー)、デーヴ・パテル(ディオン)、ニンジャ(ニンジャ)、ヨーランディ・ヴィッサー(ヨーランディ)、ホセ・パブロ・カンティージョ(ヤンキー/アメリカ)、シガニー・ウィーヴァー(ミシェル)、ヒュー・ジャックマン(ヴィンセント)
VFX制作:Image EngineThe EmbassyOllin VFXBOT VFXほか
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント


Image Engineで作られたチャッピーのモデルデータはその後WETAに戻され、3Dプリンタで各パーツがプリントされ、等身大プロップが作られる予定だった。CGのチャッピーが実際に動くように見える以上に、プロップのチャッピーは実際に関節が動く必要があった。
「各パーツがきちんとメカニカルに動くように、ボルトやジョイント、ギア、ピストンなど、大小の部品を1つ1つ組み立てながらデザインを決めていきました。まさに設計図を作成するかのような作業でした」と、松村智香氏はふり返る。

映画『チャッピー』VFXメイキング(2)

WETAが描いたコンセプトアートの一例

映画『チャッピー』VFXメイキング(2)

<2>3Dプリントでプロップとしても使用されるモデルデータ

3Dプリントでもモデリングデータが使用されるということは、1つ1つのパーツのモデリングにも以下のような制約が特別に課されることになった。

・パーツ同士が相関してはいけない
・薄い部位でも最低限の厚みがあるようにする
・立体として、"閉じた構造"にする

......これらのルールは表から見えないどんなに小さな部品でも徹底された。
松村氏は次のように語る、「普段は板ポリで作る部分も裏面を作ってあげたり、ぶっ刺しで済ませられる部分も穴をくり抜いたりしなければならず、やってみると意外と通常のモデリングよりも時間がかかることに気がつきました」。

  • 松村智香氏/Tomoka Matsumura(Modeling Artist、Image Engine)
  • 松村智香/Tomoka Matsumura
    東京都出身。慶應義塾大学の理工学部を卒業後、2001年に日本テレビ入社。同年にスタジオジブリに出向。日本テレビ退社後、2007年にポリゴン・ピクチュアズにてプロダクション・マネージャーとして働きながら、モデリングを学ぶ。2009年、ワーキング・ホリデーを利用してバンクーバーへ移住。同年からImage Engineにて、ハードサーフェス・モデラーとして活躍中。
    vimeo.com/user14692876

またチャッピーは基本的に工業用ロボットと同様に実在しうるパーツで作られているように見せるため、サブディビジョン・サーフェスをかけた状態でもエッジのベベルが滑らかすぎず、硬すぎず、どのパーツも均一であること、曲面に穴や切込みがある場合でも曲面がきちんとスムースになっているなど、通常のモデリング以上に高い精度が求められたようだ。その一方で、本作品のモデリングに実際に使用されたテクニックとしては必ずしも特別なものではなく、これまでに積み上げてきたテクニックの集積であったという。
「分解してみると、パネル、フレーム、ボルト、ピストン、ギア、ジョイント、モーター、コネクター、ポートのように工業パーツの組合せなので、作成した部品の数は大量でしたが、実はモデリング作業としては普段のハードサーフェスモデリングと大差ありません。また、内部のメカニカルな構造にはブーリアンを多用して、複雑そうに見える部品を幾つか作成し、各部の仕様に合わせて根気よく組合せていきました」。

映画『チャッピー』VFXメイキング(2)

▶︎次ページ:<3>感情をもつロボットとして人間らしい動きを

特集