>   >  映画『天気の子』の画づくりを支える「Google Earth」の活用
映画『天気の子』の画づくりを支える「Google Earth」の活用

映画『天気の子』の画づくりを支える「Google Earth」の活用

東京を舞台に描かれている映画『天気の子』。現実感を身近に感じさせる画づくりを支える「Google Earth」の活用について紹介する。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 254(2019年10月号)からの転載となります。

TEXT_草皆健太郎(BOW)
EDIT_斉藤美絵 / Mie Saito(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

■映画『天気の子』の関連記事はこちら
映画『天気の子』特集記念! メインスタッフインタビュー~色彩設計篇~
映画『天気の子』特集記念! メインスタッフインタビュー~VFX篇~
映画『天気の子』特集記念! メインスタッフインタビュー~撮影篇~

映画『天気の子』
原作・脚本・監督:新海 誠
音楽:RADWIMPS
声の出演:醍醐虎汰朗/森 七菜/本田 翼/吉柳咲良/平泉 成/梶 裕貴/倍賞千恵子/小栗 旬
キャラクターデザイン:田中将賀
作画監督:田村 篤
美術監督:滝口比呂志
tenkinoko.com
©2019「天気の子」製作委員会

本作では、Google Earthをかなり活用している。というのも、新海 誠監督作品全般に言えることだが、実在する場所を舞台に作品が描かれているからだ。その理由を「なるべく皆さんが知っている"現実感"を出してあげたい、という気持ちがあります」と三木陽子氏(助監督・色彩設計)。そうは言っても、現実世界が期待通りのレイアウトになっているわけではない。そこで、Google Earthを駆使して美術背景を描くなどの手法が採られた。

  • 三木陽子/Yoko Miki
    1982年生まれ。北海道出身。コミックス・ウェーブ・フィルムの前身会社コミックス・ウェーブを経て『雲のむこう、約束の場所』以来、全ての新海監督作品へ参加し、本作では助監督と色彩設計を任された

もともとは、ロケハン前にGoogleマップやGoogle Earth Pro(以下、GE Pro)で場所を確認し、ある程度あたりをつけてから、現地で資料用の写真を撮影するなどしていたという。また、空からの俯瞰のカット用に空撮もしていたが、気象条件などもあり、撮影できないロケーションもあったそうだ。ちょうどその頃、Google Earth Studio(以下、GE Studio)が発表され、使ってみたところ、カメラワークが付けられることやレンズを調整できたことから制作に導入し、様々なカットで活躍することになる。一方でGE Studioには、電柱などの細かい造形物は載っていない。GE Studioだけでは実際の街並みの雰囲気を細部までくみ取れないところもあり、実在する街を本物のカメラで撮っている空撮写真から3Dモデルを起こし、美術背景をカメラマップで投影するなどの手法も採られている。最終的に本作では、約70カットでGoogle Earthが活用され、従来よりも効率良く、また正確に東京を描けたそうだ。「GE ProとGE Studioのおかげで、『天気の子』では東京の"現在"を精密に切り取ることができました。素晴らしい技術と、それをオープンにしてくださっていることに感謝です」と三木氏は話してくれた。

GE Studioが活躍したカットは、内容的にネタバレしてしまうものが多く、本記事では一部しかご紹介できないが、劇場で一度観て、2回目はそういった点も気にしながら観ると面白いのではないだろうか。

Google Earth ProとGoogle Earth Studioの活用

▲GE Proの操作画面。インストールするかたちのデスクトップアプリで、ブラウザ上で動作するGoogle Earthの拡張版だ。空間内の位置情報を基に、カメラやメモのピン、シェイプレイヤーなどを保存できる。GE Pro独自の強みはシェイプレイヤーで、現状のGE Studioでは、GE Proからシェイプレイヤーの情報を読み込むことはできるが、作成することができない。シェイプレイヤーの応用事例については、後ほど詳しく解説する

▲GE Studioの操作画面。ブラウザベースのWebアプリで、使用にはGoogle ChromeとGoogleアカウントのほか、事前のアカウント登録が必要となる。GE StudioはAfter Effectsに似た印象のインターフェイスで、中央にカメラウインドウ、左にマップ位置を俯瞰で見たウインドウがあり、下のタイムラインウインドウでは、位置や高度、カメラの角度やレンズが設定でき、カメラワークを付けることも可能だ。GE Studioで作成し、保存されたシーンはGoogleアカウントに紐付けられるため、異なるPCでも同じアカウントでChromeを開けば、即座にシーンを共有することができる。「私は2Dのカメラワークのレイアウトを提案していたため、基本的にキーフレームは使用していませんが、テイクを重ねたり、レイアウトを提案したりする際に、キーフレームを打って保存していました」(三木氏)。なお、画面は上のGE Proと同じ場所を開いた状態。このカットの絵コンテ(下に紹介)はもっと画角が抑えられた、望遠の画であった。このままでは広角すぎる

▲カメラの調整後。タイムラインウインドウの左にあるメニューの[Field of View]の数値を35度から15度に変更し、カメラ位置もぐっと下げている。だいぶ絵コンテに近いレイアウトになってきた。なお[Field of View]の設定値は1度~179度

▲超広角の例。極端な画角を実際につくるのは困難なので、手軽に「画角を変えられる」ことはGE Studioの魅力である

▲実際にGE Studioで作成したレイアウト。下の絵コンテと比べると、とても近いアングルとなっている

▲絵コンテ。この印象を目指してレイアウトが探られた

▲完成画。後述するシェイプレイヤーを活用し、手前のビルはBOOKにしてPANによるマルチスライド(密着マルチ)で動かしている。BOOKの美術背景は丁寧に裏まで描かれており、美術スタッフもGE Proなどで舞台を確認していたそうだ

Google Earth Studioのキーフレーム設定

GE Studioを使用した、カメラが回り込む雨の東京のカット。このカットの場合、複雑なBOOK分けが必要であった。そこで、GE Studioで街並みが回り込む様子をキーフレームで打ってアニメーションさせ、分ける階層を精査した上で、最終的に回り込む街並みを再現した

▲GE Studioの画面

▲GE Proで同じ場所を開いた状態。GE Proはレンズを変更できないため、雑然とした東京の街並みという印象だが、GE Studioで画角を変え、【GE Studioの画面】のように特徴あるビルや東京タワーのシルエットを目立たせることで、より「東京に降る雨」という印象を際立たせている

▲GE Studioのキーフレーム。カメラの画角を微妙に変えながらアニメーションさせている

▲完成画。GE Studioで望遠レンズにして、カメラ手前と奥のビル群にサイズ差が出すぎないよう、また縦の画角をなるべく抑えるように組み立てられた

※Google Earth Studioはニュース配信、研究、教育、公益を目的とする場合、無料で利用可能

次ページ:
シェイプレイヤーの応用

特集