>   >  映画『天気の子』特集記念! メインスタッフインタビュー~VFX篇~
映画『天気の子』特集記念! メインスタッフインタビュー~VFX篇~

映画『天気の子』特集記念! メインスタッフインタビュー~VFX篇~

映画『君の名は。』(2016)から3年。新海 誠監督待望の最新作『天気の子』が公開された。美しい色彩で描き出される「新海ワールド」の秘密を暴くべく敢行した、メインスタッフへのインタビュー第2回のテーマは「VFX」。劇中で重要な役割を担う「天気」の表現だが、中でも雨のシーンは数多く登場し、様々な表現で描かれている。そこで本作では、雨をはじめとする新しいエフェクト表現を作成するためのVFXチームが編成されることになった。そのチーム結成の経緯やVFXが担当した作業などについて、李 周美氏に語っていただいた。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 254(2019年10月号)からの転載となります。

TEXT_佐藤平夥 / Hyoka Sato
EDIT_斉藤美絵 / Mie Saito(CGWORLD)、野澤 慧 / Satoshi Nozawa
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

■映画『天気の子』の関連記事はこちら
映画『天気の子』特集記念! メインスタッフインタビュー ~色彩設計篇~

映画『天気の子』
全国東宝系にて公開中
原作・脚本・監督:新海 誠
音楽:RADWIMPS
声の出演:醍醐虎汰朗/森 七菜/本田 翼/吉柳咲良/平泉 成/梶 裕貴/倍賞千恵子/小栗 旬
キャラクターデザイン:田中将賀
作画監督:田村 篤
美術監督:滝口比呂志
tenkinoko.com
©2019「天気の子」製作委員会

新海監督作品初編成、VFXチームが支えた精緻な表現

ビデオコンテを観た時点で、この作品に、自分のもてる力の全てを注ごうと決めました」と語るのは、本作のVFXを担当した李氏だ。韓国出身の李氏は、絵を描くことが好きで日本の専門学校へ進学し、最終的な素材が集結する撮影の仕事に魅力を感じて、キャリアをスタートしたという。新海監督作品との関わりも、撮影の業務がきっかけだ。『星を追う子ども』の撮影チーフを務めた後、結婚・出産を機に現場を離れたものの、自宅作業で新海監督作品に携わり続け、本作で現場復帰を果たしている。現在は、子育てと仕事を両立する、実力派ママさんクリエイターだ。


撮影畑出身の李氏だが、本作ではVFXとクレジットされている。もともとは撮影として参加していたが、本作は雨などのエフェクト素材がたくさん必要だったため、李氏が専属で担当し、さらに作業者が増員されて、雨をはじめとした新しいエフェクト表現を作成する「VFXチーム」を構成することになったという。新海監督作品でVFXチームが組まれたのは初めてだが、それほどまでに、本作では雨にまつわる素材が必要とされたのだ。


雨素材の作成について、李氏は「本作は天気の話なので、雨を省略せず、しっかり魅せたいという思いがありました。まして、背景の描写は細かく、記号的な雨だと成り立たないので、雨もひとつひとつの要素をできるだけつくっています」と話す。汎用素材やカット専用素材など、数えられないほどの雨素材が用意され、降雨だけでも数十種類、パースごとに大きさを変えた跳ね返りも数十種類、さらに水面の波紋や雨飛沫、ガラスの雨だれなど、圧倒的な数の雨素材が準備された。作業手順は、テストカットを用意した上で、ある程度のパターンを出し、汎用素材を作成してムービーを書き出して、撮影入れ後、汎用で使えるものを割り出して納品するというかたちだ。どのような素材があれば良いのかの判断は、撮影の経験が活かされ、効率化につながったという。雨素材のほかにも、空の魚や花火、舞い上がる葉、海面など、画面を構成する様々な要素でVFXが用いられている。


実際の場面カットを通して制作の過程を見てみよう。▲美術背景


▲VFXで作成された雨の跳ね素材の一部


▲完成画。地面が濡れた処理なども施され、ひとつひとつがしっかりとつくり込まれた雨素材がシーンに臨場感を与えている

制作者サイドからみて「新海監督らしさ」とはどこにあるのかを聞いた。「一番は色遣いだと思います。ほかにも、音と映像との融合がありました。セリフに合わせて波紋を入れたり、レンズゴーストを足したりと、画に芝居させている感覚が強かったです。通常はこれで大丈夫だろうというラインを、新海監督は普通に越えてきます。こうすればもっと良くなるはずだと提案してくれて、とても刺激にも勉強にもなりますし、負けたくないなという気持ちにもなりました」(李氏)。


本作のみどころについて李氏は「やはり"天気"でしょうか。物語も、青春というか、純粋というか、無謀にも見えるけど、あの年頃でしかできない行動が描かれています。そういうところを観てほしいですね」と話してくれた。

本誌(『vol.254』)では、そんな制作の裏側を、実際の制作カットを例に解説している。こちらもぜひご覧いただきたい。

  • 月刊CGWORLD + digital video vol.254(2019年10月号)
    第1特集:映画『天気の子』
    第2特集:デザインビジュアライゼーションの今
    定価:1,512 円(税込)
    判型:A4ワイド
    総ページ数:144
    発売日:2019年9月10日

■映画『天気の子』の関連記事はこちら
映画『天気の子』特集記念! メインスタッフインタビュー~色彩設計篇~

Profileプロフィール

李 周美/Lee Jumi

李 周美/Lee Jumi

新海誠監督作品『星を追う子ども』に撮影チーフとして参加。その後『言の葉の庭』『クロスロード』、『君の名は。』で撮影、『詩季織々』では撮影監督を務める。そのほかには『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の特技開発なども担当。本作では主にVFXを任された。

映画『天気の子』

映画『天気の子』

全国東宝系にて公開中
原作・脚本・監督:新海 誠
音楽:RADWIMPS
声の出演:醍醐虎汰朗/森 七菜/本田 翼/吉柳咲良/平泉 成/梶 裕貴/倍賞千恵子/小栗 旬
キャラクターデザイン:田中将賀
作画監督:田村 篤
美術監督:滝口比呂志
tenkinoko.com
©2019「天気の子」製作委員会

スペシャルインタビュー