>   >  ハリウッドに拠点を置くMuse VFX「Fusion 7 Studio」を導入(Blackmagic Design)
ハリウッドに拠点を置くMuse VFX「Fusion 7 Studio」を導入(Blackmagic Design)

ハリウッドに拠点を置くMuse VFX「Fusion 7 Studio」を導入(Blackmagic Design)

「Fusion 7」インターフェイス


Blackmagic Designは、Muse VFXが同社のFusionワークフローを「Fusion 7 Studio」に拡張したことを発表した。「Fusion 7 Studio」は、CBSの『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』や『NCIS ニューオリンズ支局 』、そしてMTVのヒット番組『ティーン・ウルフ』など、Muse VFXが請け負うすべてのプロジェクトのVFXに使用される予定だ。



■ 「Fusion 7 Studio」の導入ついて

Muse VFXは、世界を牽引するVFXスタジオのひとつであり、今日のハリウッドにおいて最も効率的かつ優れたVFXスタジオを構築してきた。同スタジオに所属するアーティスト達は、コロンビア映画の『ドラゴン・タトゥーの女』、ライオンズゲートの『SAFE/セイフ』、ドリームワークスの『フライトナイト/恐怖の夜』といった近年の大作を数本、Fusionを使用して手がけている。
「私たちは数年間に渡りFusionを愛用してきました。優れたノードベースの構造と驚異的な機能を併せ持つFusionは、私たちにとってなくてはならない存在です。Fusionのおかげで、クライアントからのあらゆるニーズに応じることが可能なのです。Fusionはこれまでも高速で作業が可能でしたが、Fusion7ではさらに性能が著しく向上しています」と語るのは、Muse VFXの創設者であり、VFX監督でもあるフレッド・ピエンコス(Fred Pienkos)氏。
Muse VFXチームのトップクラスのVFX技術は、様々な分野のプロジェクトで用いられている。最近では、フロリダ州のケープ・カナベラルにあるケネディ宇宙センターのビジター・コンプレックスで催されたスペースシャトル「アトランティス」の展示において、その優れたビジュアルエフェクトにより、名誉ある視覚効果協会賞(ビジュアルエフェクト・ソサエティ・アワード)を受賞している。
「私たちは日常的に映画やテレビのワークフローでFusionを使用しているので、特殊な会場でのプロジェクトでも、最高レベルの作業に自信を持って臨むことができます。Fusionは大規模なプロジェクトでも簡単かつスピーディに作業できます。マルチカメラの映写や展示など、あまり一般的ではないワークフローに関しても、簡単にカスタマイズ可能なのです。これはケネディ宇宙センターでのプロジェクトにおいて非常に重要でした。」ピエンコス氏は語る。
「Fusionの4KツールとGenerationの再生性能のおかげで、何度も何度も、時間内かつ予算内で効率よく納品することができたのです。1つのアプリケーションでプレビズからポスプロまでこなせるので、他の製品では不可能な効率性を実現できるんです」。
今回「Fusion 7 Stusio」がリリースされたことで、世界中のスタジオが新しいFusionに移行を始めた。「Fusion 7 Stusioが今後どのように私たちのVXFワークフローに組み込まれて行くのか、非常に楽しみですね。Blackmagic Designは、開発した製品を次々とアップグレードすることで定評があるので、今後のFusionに大きな期待を寄せています」ピエンコス氏は最後にこう締めくくった。



■ 関連 URL

・「Fusion 7」
 https://www.blackmagicdesign.com/jp/products/fusion
・Muse VFX
 http://www.musevfx.com
・Blackmagic Design
 http://www.blackmagicdesign.com/jp

新着のニュース一覧