>   >  「SIGGRAPH 2017」が米ロサンゼルスで開催。VRからファインアートまで、より幅広い層をターゲットにすえる。
「SIGGRAPH 2017」が米ロサンゼルスで開催。VRからファインアートまで、より幅広い層をターゲットにすえる。

「SIGGRAPH 2017」が米ロサンゼルスで開催。VRからファインアートまで、より幅広い層をターゲットにすえる。

2017年7月31日(日)から8月3日(木)までの5日間にわたり、米ロサンゼルスで「SIGGRAPH 2017」が開催された。CGWORLD.jpでは、今年も数回に分けてレポート予定だが、まずは全体的なトピックをふり返る。

TEXT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)



SIGGRAPH 2017 - Conference Overview

<1>最新の英知をキャッチーに伝えるための取り組み

今年で第44回目をむかえた世界最大のコンピュータ・グラフィックならびにインタラクティブ関連技術のカンファレンス「SIGGRAPH」。ロサンゼルスでの開催は2015年以来の2年ぶりとなるが、昨年のアナハイムよりも様々なかたちで盛り上がりを感じることができた。近年、規模的には縮小傾向にあるSIGGRAPHであったが、そうした逆風の下、今年は学会/技術カンファレンスという核は堅持しつつ、コンテンツ制作の基礎となるファインアートを題材としたプログラムも用意することで、従来以上に幅広い層への参加を促していたようだ。
その代表と言えるのが、Production Galleryである。Computer Animation Festival(CAF)にならぶメインプログラムProduction Seesionsの一環として設けられたものであり、Production Seesionsの各講演で紹介される作品をはじめとする商業作品のアートや美術の展示が行われたのだ。

SIGGRAPH 2017ダイジェスト

image courtesy of ACM SIGGRAPH

「Production Gallery」におけるSony Pictures Imageworks展示の様子。日本勢からは『FINAL FANTASY XV』のアートやマケットが展示された


基調講演にはディズニー初の黒人アニメーターとして知られるフロイド・ノーマン/Floyd Norman氏が登壇。そのほかにも実物の子供キリンを被写体にするドローイングのワークショップが目玉企画としてメディアに紹介された。
こうした一連の取り組みは、来場者数16,500名以上(8月3日(木)の速報値)という確かな成果につながったと言えよう(過去3年は1万4,000台にとどまっていた)。

SIGGRAPH 2017ダイジェスト

image courtesy of ACM SIGGRAPH

SIGGRAPH 2017カンファレンス・チェアを務めた、ジェローム・ソロモン/Jerome Solomon氏(コグウェル大学学長)。ILM(Industorial Light and Magic)、DreamWorks Animation、Electronic ArtsそしてRhythm & Huesにおける20年近くのキャリアをもち、7月30日(日)の夜に催されたThe Foundryのユーザーミーティングにも登壇するなど、北米CG・VFX業界と強いコネクションを有していることが窺えた


各種プログラムでは、今年もVR/AR関連が目についた。VR Villageチェアを務めたデニス・ケネル/Denise Quesnel氏によると、応募総数149のうち114が一次選考を通過、最終的に18が選出。それにキュレーションによる5つを加えた23の展示が設けられた。審査の際は、多様性とアプリケーションのバランスを重視したそうだ。

その中で特に目を引いたのが、キュレーション展示の"MEET MIKE"だ。これはfxguide共同創設者であり、The University of Sydney Business Schoolの準講師も務めるマイク・シーモア/Mike Seymour氏が、Unreal Engine(UE)を開発するEpic Gamesと共同で研究開発したプロジェクトである。

Meet_Mike_PressPromo_WithGFX_073117_24_SUPER from fxguide on Vimeo.

Lightstageでシーモア氏の顔をスキャニング(Wikihuman Projectの一環として)。眼球のスキャニングとそのリアルタイムレンダリングはDisney Zurich Researchが協力。グラフィック描画とリアルタイム処理にはカスタマイズされたUEを利用。そしてフェイシャルトラッキングとその解析は、Cubic Motion、フェイシャルリグは、3Lateralという、昨年のREAL-TIME LIVE!で優勝した『Hellblade』チームの面々が名を連ねる。さらに、スキンシェーダには中国のTencentとのパートナーシップで開発された最新のものを用いるといった具合に、最先端のデジタルヒューマン技術が駆使されている。

MEET MIKEリアルタイムVRデモの様子。会期中は、マーク・サガー/Mark Sagar氏をはじめとする大物ゲストがLoom.aiが作成したアバターとなり、シーモア氏とのVR空間でのインタビューを連日披露するという力の入れようだった

SIGGRAPH 2017ダイジェスト

MEETMIKEブース全景。機材としては、カスタマイズを施したHTC ViveとRAM32GB、NVIDIA GTX 1080Tiグラフィックスボードを搭載したPC 9台から成るシステムで運用したという

SIGGRAPH 2017ダイジェスト

CAFプログラムとして今年新たに設けられた「VR Theater」。前回は「VR STORYLAB」という名でストーリー性のあるVR作品をOculus Riftで体験できるコーナーを、動線と視聴環境をシアターという名にふさわしく整備したものと言える。AとB、2種類のプログラムが用意され、今年のトライベッカ映画祭でも上映された『Under a Cracked Sky』(The New York Times)などを観ることができた

次ページ:
<2>GPUとAIがデジタルコンテンツを進化させる

特集