>   >  最高峰の広告ビジュアル制作を目指すこびとのくつが飽くなき探求心をもつ3DCGアーティストを募集中
最高峰の広告ビジュアル制作を目指す<br/>こびとのくつが飽くなき探求心をもつ3DCGアーティストを募集中

最高峰の広告ビジュアル制作を目指す
こびとのくつが飽くなき探求心をもつ3DCGアーティストを募集中

[PR]

「技術・知識・感性を駆使し、想像を可視化表現することを追求する。それによって表現技術の進化と成長、研鑽に寄与する」。

"絵画的"とも言える緻密なレタッチ技術と高品位な3DCGを武器に、広告向けグラフィックからTVCMや映画向けマットペイント、さらにはコンセプトアートまで手がけるこびとのくつの企業理念のひとつだ。

同社の美的感性に貫かれた確かな技術力と、企画初期からクライアントと共に最適解を模索する"画像制作におけるコンシェルジュ"としての姿勢は、広告業界内でユニークなポジションを築いてきた。 そんな同社では新たな需要に対応するため、フォトリアル志向の3DCGアーティストを募集している。
「『企業理念が固すぎる』と、良くスタッフに突っ込まれてます。でも思い入れが強いからどうしても」と、朗らかに語るのは代表の工藤美樹氏。2DCGと3DCGのさらなる融合で国内最高峰のビジュアル制作チームを目指すという同社の戦略、さらには求める人材像などについて聞いた。

<1>単純な修正作業や指示を反映するだけでは未来は拓けない
圧倒的な質感と表現力を追求し、提案力を武器に独自のポジションを築く

時代の最先端を切り取り続けてきた広告グラフィックの世界。時間・予算といった制約条件の中でクライアントにとって最良の表現を生み出すために、デジタル技術が貪欲に取り入れられてきた分野のひとつだ。こびとのくつは、少数精鋭ながら技術トレンドの変化や競争の激しい広告業界にあって、NHKや国内外の大手化粧品・自動車・機械メーカーなど、ナショナルクライアント向けのマス広告を中心に着実に実績を積み上げてきた企業だ。

konami

「Donate 4 Birds」

Twitterを介した寄付を通して、鳥の環境保全を訴える「Donate 4 Bird」の宣伝画像。ビジュアルの重要性が非常に高く、B倍ポスター向けの高解像度での制作も求められた本案件。制作期間が限られている中、工藤氏がくだした決断は「社内のストックフォトと3DCGの組み合わせで制作する」ことだった。「社内でマットペイントも手がけているので、多種多様なライティングやシチュエーション下の素材を、1枚の絵にまとめるという方法をとることができました」と、ふり返った

工藤氏は、幼少より油絵・水彩・陶芸・書道を学び、学生時代には蒔絵の人間国宝として知られる田口善国氏に師事した経歴を有する、デジタルとアナログの双方の資質を兼ね備えたデジタルアーティスト。2005年の創業後、フォトレタッチからはじまり、広告業界の需要の変化とともに徐々に活動の場を広げてきた。

konami

「TORII」

京都で150年の歴史を誇る表装裂のTORII向け広告グラフィック。掛け軸などの表装に欠かせない裂(キレ)を使用したワインバックで、日本の伝統工芸を現代に美しく翻訳した商品の広告だ

CLIENT:鳥居株式会社 CD&C : 松本 厳氏 AD&D :齊藤智法氏 P :渡辺 貴臣氏 ART:Sui


特に1~2万ピクセルの超高解像度にも対応した「絵画的」ともいえる緻密な2Dレタッチ技術や海外映画のような独自の色味や陰翳をつくるグレーディング技術、さらには古典芸能や工芸から発想を得た表現手法は他に類を見ない。クライアントの商品やサービスの特性や市場における立ち位置まで含めて調べ、画像のプロフェッショナルとして何が最適な表現なのか提案するのが常だという。「一般的にはレタッチというのはマイナスをゼロに戻す仕事だと考えられています。でも、私としては指示いただいた修正をただこなすだけでは不十分で、お客様が本来実現したいことを深く考察し、絵を描くことによって視覚化したいと考えています」と語る。

konami

新聞30段広告「いすゞ自動車株式会社 南極 篇/極地も、職場」

第84回 毎日新聞広告賞 最高賞 を受賞した本作は、南極探査隊に参加していた、いすゞ社員撮影による762KBの低解像素材を元に制作された。ピクセル単位でのブロックノイズ除去や網点除去をしながらドキュメンタリーな印象に仕上げ、極限の地のもつ空気感が残るようにグレーディングした

CLIENT:いすゞ自動車株式会社 CD/C:矢谷 暁 氏 CD:中島 祥文 氏 AD:林 俊美 氏 D:相賀 翔太 氏

近年では上述の高品質な2Dグラフィック制作能力を背景として、TVCM向けにマットペイントやコンセプトアートを提供するなど映像関連の引き合いも増えてきているという。
「2Dは、素材を組み合わせて手早く監督やクライアントのイメージをくみ上げることができます。また、マットペイントについては一般的にフルHDサイズでの納品が基本かと思いますが、弊社の場合、1万~2万ピクセルでもマットが描けるので、CM連動のグラフィックなど別媒体での活用も可能です。絵としての統一感を保ちながら、グラフィック、3DCG、CM向けマットまで一括で請け負うこともできるのが一番の強みだと思います」と、その強みを語ってくれた。

konami

日清食品カップヌードル「Nissin CUP NOODLE 7 SAMURAI篇」

赤とサムライが鮮烈な印象のグラフィック広告。各分野のワールドチャンピオンが纏う鎧の質感や、重くてインパクトのあるカラートーンを最大限に引き出すため、撮影データをRAW現像で調整するところからこだわって制作している。背景は媒体サイズやコンセプトに合わせて、ストックフォトの中から数種類を提案し、それとマットペイントを組み合わせて製作。RAW現像・高解像度画像処理・マットペイントなど、すべてにおける技術と経験を持ったこびとのくつならではのビジュアルとなっている

AD:小柳祐介氏 D:中沢俊氏 P:刑部信人氏

先行公開されている動画はこちら
https://www.nissin.com/jp/products/cm/145

<2>より作りこんだ絵づくりに挑戦したい。飽くなき探求心をもった3DCGアーティストを募集中

そんな同社では広告業界における需要増加に対応するためフォトリアル志向の3DCGデジタルアーティストを募集している。
「グラフィックで要求される、写真や絵画としてクオリティの高い見え方にこだわりつつ、商品説明用3DCGや大判ポスターなどの印刷媒体はじめ、様々な媒体に対応可能なヴィジュアル制作のご依頼をいただくケースが多くなっています。

また製作期間や予算の関係で美術(背景美術・美術小物)のCGへの置き換え需要も増加傾向にあるので、当社が得意とするマットペイントと3DCGの組み合わせによる"仮想美術背景制作"の提案も可能になるのではと考えています。今後の事業の中核を担っていきたい、ハイディテールな画づくりに挑戦したい方にはぜひ応募していただきたいです」(工藤氏)。

具体的なスキルとしては、主にMayaとZBrushを併用しながら、有機物や自然物などの造形や質感設定が得意で画づくりが得意なタイプか、自動車や製造業に強く、CADデータの解析や3DCGデータへの変換が得意なタイプの方が求められているとのことだ。性格的な特徴としては、技術の研鑽に励み、謙虚に学び続けることのできる人材を採用しているとのこと。クライアントとの打ち合わせにスタッフが直接当たることも多いため、誠実さと責任感・コミュニケーション能力が求められるようだ。

konami

「Asics TARTHERZEAL 5」

本案件においては工藤氏が撮影ディレクション及びレタッチをおこない、背景の3DCGグラフィックをドイツのデジタルアーティストが担当した。同社の3DCGスタッフには2Dスタッフと協働しながら、絵としての完成度を高めていくような技量も求められている

AD : TAKEHITO YABUKI CG : MARCUS MARTINEZ 


今後の目標としては各分野のプロフェッショナルで構成されるドリームチームを作り、日本最高峰の広告制作会社としてクライアントや働くひとたちに貢献していきたいという工藤氏。
「女性経営者でかつ職人、デジタルとアナログの両面の経験があるという自分にしか実現できない企業文化・ブランディングにしたいと考えています。スタッフの能力を最大限引き出せる舞台を用意し、会社も人も成長できる環境を作ることが今後の自分の役割だと思っていますし、一生を捧げるに値する目標だと信じています」と語った。

また、何よりもチームワークを重要視する同社では"困ったときはお互い様"という文化を大事にしている。「自分自身が出産・育児を経験したことでライフステージに応じて、労働時間・環境が調整できるような職場をつくりたいと思うようになりました。出産や介護などによる生活の変化や労働環境の改善を希望して転職希望する人もいます。もちろんそれを周囲が認めるくらいの誠実さと責任感、実力がなければなりませんが、家庭人と職業人の両立をめざしたい方はぜひ一度ご相談ください」と締めくくった。自分が絵を描いてきたこともあり、絵画的な表現を提案できる企業、クオリティが求められるときに頼りにされる企業でありたいと語る、工藤氏。同社をさらに飛躍させられる人物が求められている。

TEXT_小野憲史

■求人情報
こびとのくつ株式会社では、企業の中核を担う正社員の方、もしくは外部ブレーンとして協力してくださる在宅スタッフの方を中心に募集しています。

■募集職種
3DCGデザイナー
3DCGデザイナーとしての知識と技術を有した上での、ビジュアルディレクションおよび制作業務。美大卒・デッサン経験者・同業他社経験者優遇。CADデータ変換、ライティングとマテリアル等、質感設定のスキルが高い方を希望しています。使用ソフトはMaya/3ds Maxを希望。作品および豊富な経験/経歴があること・コミュニケーション能力が高く誠実であること。


■雇用形態・待遇
給与および待遇:500万~800万円
(ただし経験・能力・人柄を考慮のうえ相談させていただきます。年齢・国籍・性別は考慮いたしません。)
基本週休2日制・交通費支給・年末年始休暇・長期有給休暇・社会保険有り・深夜休日出勤手当有り・慶弔祝い金有り出産育児介護等、家庭状況に合わせての在宅勤務・時短勤務も可能です。お子様をお持ちで在宅勤務希望の方、海外・地方在住の方、すぐには転職できないが時期も含めて相談したい方も積極的にご応募ください。

詳しくは 求人コーナー【JOBS】をご覧ください。

Profileプロフィール

こびとのくつ/The Elves and the Shoemaker.Co.,Ltd.

こびとのくつ/The Elves and the Shoemaker.Co.,Ltd.

2005年に創業し、広告グラフィックスを中心に、2DCG・3DCG・コンセプトアートなど、幅広い分野を手がけるブティックスタジオ。代表の工藤美樹氏を中心に、さまざまな専門分野のプロフェッショナルが集まった、少数精鋭の職能集団でもある。
「いすゞ自動車株式会社 南極 篇 / 極地も、職場」で第84回毎日新聞広告賞最高賞を受賞。

所在地:東京都中央区築地6丁目19番21 ニチレイ東銀座レジデンス 2105号
TEL:03-6277-5115
URL:http://www.kobito.co.jp/

スペシャルインタビュー