>   >  ドスパラ Prime Raytrek シリーズが支えた映画『ベルセルク 黄金時代篇』の3DCG 制作
ドスパラ Prime Raytrek シリーズが支えた<br />映画『ベルセルク 黄金時代篇』の<br />3DCG 制作

ドスパラ Prime Raytrek シリーズが支えた
映画『ベルセルク 黄金時代篇』の
3DCG 制作

[PR]

ダークファンタジーの傑作コミック『ベルセルク』が、劇場アニメーション長編『ベルセルク 黄金時代篇』3部作として、2012 年に順次公開される。アニメーション制作は、STUDIO4℃。3DCG と作画を融合させ、クオリティを徹底追求する"ハイブリッド"と名付けられた新手法を導入し、同社史上最大と言えるほどヘビーな CG 制作になった本プロジェクト。そんな制作現場を支えているのが、インテル ® Core ™ i7 プロセッサー※を搭載したドスパラPrime Raytrek シリーズだ。

インテル Core i7 プロセッサー ※このプロセッサーは、HD、3D、マルチタスク、マルチメディアなど、あらゆる用途に余裕で対応します。このプロセッサーは、シリーズ最高の処理速度を誇り、さらに必要に応じてプロセッサーの動作周波数を引き上げるインテル ® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0 を搭載しています。スマートなパフォーマンスをフル活用するなら、インテルで最も豊富な機能セットを備えた第2世代インテル ® Core ™ i7 プロセッサーが理想的な選択肢です

超絶クオリティの"ハイブリッド"
その技法を支える制作環境とは?

ダークファンタジーの傑作『ベルセルク』の映画化に当たって新たに採り入れられたのが、"ハイブリッド"と呼ばれる制作技法である。原作マンガのダイナミックさ、迫力をそのままに、さらに躍動感と立体的カメラワークを加えたような表現を可能とする"ハイブリッド"は、いわゆる 3DCG と作画の"良いトコ取り"をしたもの。複雑なディテールの甲冑やドレスの動き、そしてモブ(群集)など、作画では手数が掛かってしまう上にクオリティの追求も難しい部分に 3DCG を多用しつつ、表情やアニメ的なパースが必要な部位を後から作画に置き換える、といった形で徹底的にクオリティを追求する。これにより、緻密かつダイナミックなアニメーション表現になるわけだ。

「約2年の試行錯誤を経て、ようやく本制作に導入した"ハイブリッド"ですが、3DCG カットの割合が圧倒的に増えたので、覚悟はしていましたが想像以上にヘビーですね(苦笑)」
と語るのは、本プロジェクトで CGI ディレクターを務めている草木孝幸氏だ。

映画『ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵』

© 三浦建太郎( スタジオ我画)・白泉社/BERSERK FILM PARTNERS

「2012 年2月4日(土)から全国ロードショーとなる『ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵』(以下、『覇王の卵』)を皮切りに来年中に3部作が順次公開されていく予定ですが、全体で 3DCG を要するカットは半分以上を占めます。そうした CG ヘビーな制作を効率良く進められるマシンが必須だったので、まさに絶妙なタイミングで新しい『Prime Raytrek』が導入されて命拾いしたなと(笑)」

STUDIO4 ℃ は、映画『Genius Party』(2007)制作時から、ドスパラ製 PC ワークステーションを採用し、3DCG 制作環境を構築してきた。その良好なパートナーシップから、『ベルセルク』プロジェクトでも、最新の PC ワークステーション「Prime Raytrek LC 4000」を導入した。4コア8スレッド、最大 3.8GHz までブースト動作するインテル ® Core ™ i7-2600 プロセッサーを搭載し、メモリは 16GB、グラフィックスボードも NVIDIA ® Quadro ® 4000 を搭載する非常にハイスペックなマシンだ。

「よくスタッフから『ソフトが落ちた!』など嘆きの声が聞こえていたのですが、このマシンの導入後はパタリと聞こえなくなりました(笑)。『覇王の卵』冒頭の攻城戦シーンのように、多数の敵味方が入り乱れる戦闘描写では、何十体ものキャラクターモデルを読み込むケースがザラです。3DCG ならではのダイナミックなカメラワークの長回しカットにも積極的に挑戦していたりもするので、背景用テクスチャも1万ピクセルを超えることもある。最新の第2世代インテル ® Core ™ i7 プロセッサーを搭載したマシンがなければ実現できなかったかもしれません」

映画『ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵』 映画『ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵』 映画『ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵』

© 三浦建太郎( スタジオ我画)・白泉社/BERSERK FILM PARTNERS

"ハイブリッド"技法を大胆に駆使したキャラクターが自在に動き回る、本プロジェクトの作業負荷が非常に高かったことは、想像に難くない。それに耐えうる十分な性能をインテル ® Core ™ i7プロセッサーを搭載した「Prime Raytrek LC 4000」は発揮したわけだ。

「しかも、ドスパラさんのマシンはコストパフォーマンスが圧倒的に良いですね。僕たちも安心して使っています」

"世界で戦える日本のアニメーション表現"というコンセプトの下、STUDIO4℃ 史上最大の物量とクオリティを追求する《ベルセルクサーガ・プロジェクト》。3DCG の制作現場でも、まさに作業負荷との戦いが日夜繰り広げられているわけだ。そこで活躍する「Prime Raytrek」シリーズは、確かな信頼性と性能を誇るマシンだと言えよう。

映画『ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵』

© 三浦建太郎( スタジオ我画)・白泉社/BERSERK FILM PARTNERS

Profileプロフィール

草木孝幸氏/CGI ディレクター(STUDIO4℃)

草木孝幸氏/CGI ディレクター(STUDIO4℃)

スペシャルインタビュー