>   >  世界中のアーティストと共に働きたい方大歓迎!Toneplus Animation Studios
世界中のアーティストと共に働きたい方大歓迎!<br>Toneplus Animation Studios

世界中のアーティストと共に働きたい方大歓迎!
Toneplus Animation Studios

[PR]

Toneplus Animation Studiosは、新宿区 新大久保駅近くに位置しながら、20ヵ国以上の海外出身アーティストが所属するユニークなCGプロダクションだ。社長のバナード・エドリントン氏、モデラーの松本洋明氏、キャラクターアニメーターの森野万平氏たちに、同社設立の経緯や、入社の動機を語ってもらった。

多様な価値観に触れることで、視野が広がり成長できる

オーストラリア出身のバナード氏が日本のCGプロダクションで働き始めたのは、3DCG黎明期の1990年代初頭までさかのぼる。「当時の日本の3DCGは世界第2位のレベルで、ワクワクしながら来日しました」とバナード氏はふり返る。今以上に日本語に翻訳された資料、マニュアル等などが不足していた当時、英語圏から日本に来たバナード氏は、日本人スタッフの大歓迎を受けたとふり返る。「英語の資料、マニュアルなどを私が理解して、日本人スタッフに伝えていました。その代わりに、日本人スタッフは日本の文化や価値観を私に教えてくれました」。




多様な価値観に触れることで、視野が広がり成長できる。それを実感したバナード氏は、日本人と外国人が協力して働ける環境をつくるため、2002年に同社を起ち上げた。「当社では、私も、松本も、森野も、全員が"外国人"です(笑)。外国人の1人として、日本人だけの環境では生まれない多様な価値観に触れながら、様々な国の人たちと協力して仕事を進められる場所。それが当社なのです」。

  • 現在のスタッフは70名。カナダ・アメリカ・メキシコ・ペルー・アイルランド・フランス・タイ・インドネシア・台湾・オーストラリア......覚えきれないくらい様々な国の人たちがいるという。もちろん日本人も所属しており、さらに多くの日本人を迎え入れたいとバナード氏は語る。


同社が手がけた作品。この他にも、ゲーム・映画を中心に、様々なジャンルの映像を制作している


やる気のある人には、成長のチャンスをどんどん提供する

そんな同社で働く松本氏と森野氏は、どんな思いで入社を決めたのだろうか。"将来は、海外のスタジオで働きたいから"と2人は口を揃える。入社前から転職を前提にしていたわけだが、バナード氏はそんな2人のビジョンを応援しているという。「もちろん当社で長く働いてもらえれば嬉しいですが、同時に、2人がアーティストとして、人間として、成長することも大事にしたいのです」。


  • 松本氏は大学で3DCGを学んだ後、モデラーとして同社に入社した。「入社前は英語がほとんど話せませんでした。でも、同僚たちとの会話を通して、徐々に英語力があがっていきました」。もちろん上達したのは英語力だけではない。モデリングの腕前も飛躍的に伸びたとバナード氏は語る。「アーティストに仕事を頼むとき、当社では"今のスキルに合った仕事と、"難易度の高い仕事"のどちらをやりたいか、本人に尋ねます。松本は、入社間もない時期から後者の仕事をやりたがり、しっかりと成果をあげてきました」。仮に挑戦して成果を出せなくても、それで責められることはないとバナード氏は補足する。「何よりも挑戦したことを評価します。やってしまった失敗は、次回で挽回すれば良いのです」。


  • アニメーターの森野氏の場合、転職前は他社でアニメCGを制作していたという。「リミテッドアニメしかつくれない自分を変えたかったのです。当社のクライアントの大半は国内企業ですが、海外マーケットを対象とする案件が多いので、カートゥーンスタイル、リアルなスタイル、実写映画のVFXなど、多様なテイストを経験できます。英語圏のリップシンクやジェスチャーを学べる点も嬉しいですね」。同社ではアニメーションに力を入れており、スタッフの半数をアニメーターが占めている。現在も積極的にアニメーターを募集中だ。「レイアウトとアニメーションの工程が分かれているなど、ハリウッドスタイルに近いワークフローを構築している点も勉強になります」。

今後のスタッフ増員を見据えて、第2スタジオも設立!

同社では、前述のアニメーターに加え、モデラー・エフェクト・コーディネーター(制作進行)など、様々な職種でスタッフを募集中だ。「当社でやっていくうえで、最も大切なものは"やる気"です。やる気のある人には、成長のチャンスをどんどん提供します。自分の"やる気"を発揮する場所として、当社を選んでくださる日本人がもっと増えることを期待しています」(バナード氏)。

TEXT_尾形美幸(CGWORLD)

PHOTO_弘田 充




■求人情報
toneplus animation studiosでは現在下記職種を募集中です。
詳しくはこちらから


■募集職種
CGアニメーター
※上記の他にも様々な職種を通年ご応募を受け付けております。

■雇用形態・待遇
①契約社員  200,000 円 ~ 370,000 円以上
ショット単位換算のため、時間給ではありません。
②業務委託  240,000 円 ~ 400,000 円以上
③インターンシップ(給料有)
④アルバイト (時給制)

※出身国、人種、性別、年齢、性的指向は関係ありません。
※経験のあるスタッフには、スキル・経験や勤続年数に基づいた金額を支給します。

昇給:通常は満一年の勤務後に~5万円の昇給を実施しています。
交通費:支給なし
勤務時間:9:30~18:30(休憩1時間)

■福利厚生、その他
★勤務時間: 9:30から18:30(休憩1時間)
★勤務地:山手線新大久保駅 徒歩1分
★各種手当あり:住宅手当、家族手当、職務手当、残業手当
★社会保険完備
★交通費支給
★英語&日本語クラス:プロの講師から毎週土曜日にクラスを無料で受講可能です。
★デッサンクラス:全スタッフの腕を磨くために、ヌードデッサンクラスがあります。
★各アーティストで他のスキルを磨きたい人やアーティスト職でなくても、アーティストを目指したい人のために、週末会社の様々なソフトを使用して勉強が可能です。
★定期的に行われるビアーフライデー、いろいろなサプライズパーティ等

■休日休暇
原則 土日祝
※プロジェクト都合で出勤の場合は振り替え有
※クリスマスはお休み制度!


詳しくは 求人コーナー【JOBS】をご覧ください。

Profileプロフィール

Toneplus Animation Studios<br/>バナード・エドリントン/bernard jp edlington(代表)<br/>松本洋明/Hiroaki Matsumoto(モデラー)<br/>森野万平/Manpei Morino(キャラクターアニメーター)

Toneplus Animation Studios
バナード・エドリントン/bernard jp edlington(代表)
松本洋明/Hiroaki Matsumoto(モデラー)
森野万平/Manpei Morino(キャラクターアニメーター)

20ヵ国以上から集まった、個性豊か、経験豊富なアーティストやエンジニアが、映画・CM・ゲームなどのCGアニメーションを制作している。
日本人だけの環境では生まれない多様な価値観に触れながら、様々な国の人たちと協力して仕事を進められる、ユニークなCGプロダクションだ。

Toneplus Animation Studios 公式サイト

スペシャルインタビュー