>   >  個人アニメ作者のインタビューを通して明らかに、『激変!アニメーション環境 平成30年史+1』発行(インプレスR&D)
個人アニメ作者のインタビューを通して明らかに、『激変!アニメーション環境 平成30年史+1』発行(インプレスR&D)

個人アニメ作者のインタビューを通して明らかに、『激変!アニメーション環境 平成30年史+1』発行(インプレスR&D)

インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&Dは、『激変!アニメーション環境 平成30年史+1』を発行する。
詳細はこちら

■概要

個人の制作するアニメーションの平成30年史。IT技術やインターネットの発展などによる環境の変化で、個人のアニメはどう変わっていったかをインタビューを交えて明らかにする。アニメは長編やテレビシリーズの話題がメインなので、その外側で起こっている出来事の様子がなかなか伝わりにくいが、同書はそれら以外なので痒いところに手が届く。また、もともとアニメ業界では意味がカブっている用語が多かったところに、デジタル化によってIT、CG、ゲーム業界などの用語が流入し「翻訳作業」が発生した。アニメ業界以外で「アニメーション」という言葉が使われている業界と照らし合わせることで課題点を浮かび上がらせる機会になるだろう(同書は、次世代出版メソッド「NextPublishing」を使用し、出版されている)。

『激変!アニメーション環境 平成30年史+1』
著者:真狩祐志
小売希望価格:電子書籍版 1400円(税別)/印刷書籍版 1800円(税別)
電子書籍版フォーマット:EPUB3/Kindle Format8
印刷書籍版仕様:A5判/モノクロ/本文166ページ
ISBN:978-4-8443-7897-6
発行:インプレスR&D

新着のニュース一覧