>   >  映画『キャプテンハーロック』を手がけたMARZAが、米国ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントと新作映画を共同製作『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』映画化決定(マーザ・アニメーションプラネット)
映画『キャプテンハーロック』を手がけたMARZAが、米国ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントと新作映画を共同製作『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』映画化決定(マーザ・アニメーションプラネット)

映画『キャプテンハーロック』を手がけたMARZAが、米国ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントと新作映画を共同製作『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』映画化決定(マーザ・アニメーションプラネット)

マーザ・アニメーションプラネットは、米国ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(以下SPE)と共同して、人気ゲームシリーズ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ 』の映画化を決定した。この作品は、実写+3DCGアニメーション映画として制作される予定だ。
詳しくは こちら



■ 『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』映画化にについて

映画『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』は、Evan SusserとVan Robichauxの脚本のもと、プロデューサーには『ワイルド・スピード』シリーズや多くのヒット作で知られるNeal H. Moritz氏を筆頭に、MARZAの伊藤武志氏、大西美枝氏、またエグゼクティブプロデューサーとしてToby Ascher氏が参加し、SPEの制作統括はHannah Minghella氏とAndrea Giannetti氏がつとめる。同作では、セガが生み出した世界的人気キャラクター「ソニック」を主人公に、ライバルのDr.エッグマンをはじめ、ソニックシリーズでおなじみの人気キャラクターたちが、初めてスクリーンに勢揃いする予定だ。陽気でやんちゃなだけでなく、超音速スピードで駆け抜け仲間を敵から守るソニックは、ゲームやアニメを通じて世界中の子供たちから愛されている。同作では、世界中のソニックファンはもちろん、より多くの人々にソニックの魅力を発信していきたいという。
MARZAは、日本でトップクラスの3DCGアニメーション制作技術を有するだけではなく、グローバル市場をターゲットに置いた日本で唯一の3DCGアニメーション会社。日本のスタジオに加えて、ロサンゼルスにMARZA USAというストーリー開発拠点を設置することにより、日本のクリエイティビティとグローバルなストーリーテリングの融合を目指し、今後とも日本から世界へ向けて3DCGアニメーションを制作していく。



■ 関連 URL

・『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』映画化について
 http://www.marza.com/news/article/23
・マーザ・アニメーションプラネット株式会社
 http://www.marza.com

新着のニュース一覧