>   >  本業からアマチュまで2661人にWeb調査を実施「イラストレータ白書 2019」(MUGENUP)
本業からアマチュまで2661人にWeb調査を実施「イラストレータ白書 2019」(MUGENUP)

本業からアマチュまで2661人にWeb調査を実施「イラストレータ白書 2019」(MUGENUP)

株式会社MUGENUPは、自社が運営する2D/3Dクリエイターのための仕事紹介サイト「MUGENUP STATION」において登録クリエイターが全世界4万人を突破したことを記念し、日本のエンタテインメントカルチャーを支えるクリエイターの働き方や働く環境に貢献すべく、イラストを描く18歳以上のイラストレーターを対象に、2018年12月から2019年1月にかけてWeb調査を実施した。同調査は、今回が初の調査となり、2661人のイラストレーターから回答が寄せられた。
詳細はこちら

■主なトピックス

・イラストレーターの多くは女性。約7割を女性が占める
・本業イラストレーターから、副業・兼業、アマチュアまで、全イラストレーターのうち約4割がイラストで収入をゲット
・イラストのお仕事は、大多数がキャラクターイラスト
・メカやクリーチャーのイラストは、本業イラストレーターと副業・兼業イラストレーターとで差があり、お仕事を請けるうえで個性になりえる
・副業・兼業イラストレーターのお仕事は「その他」が14.3%、個人間の取引が活発
・同人活動で「利益がある」という回答は約1割
・同人で生活しているという回答は約200人に1人
・使用ツールはCLIP STUDIO PAINTが最多で、Photoshopと双璧。SAIも根強い人気
・仕事の依頼やデビューのきっかけはSNSが中心

そのほか、詳しい調査結果はこちら

新着のニュース一覧