>   >  店舗休業中に3Dデータを活用したバーチャルショールームを公開、ポスト・コロナの時代に、VRショッピングを提案(リグナ)
店舗休業中に3Dデータを活用したバーチャルショールームを公開、ポスト・コロナの時代に、VRショッピングを提案(リグナ)

店舗休業中に3Dデータを活用したバーチャルショールームを公開、ポスト・コロナの時代に、VRショッピングを提案(リグナ)

家具・インテリアショップの運営を手掛けるリグナ株式会社は、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の発令に伴い、ショールーム「リグナテラス東京」を2020年4月8日(水)から5月6日(水)まで臨時休業している。そんな中、2020年4月16日(木)にオンラインショップにてバーチャルショールームを公開した。
詳細はこちら

■概要

リグナが運営するショールームやオンラインショップでは、国内外から取り揃えたこだわりの家具・インテリアや自社のオリジナル商品を取り扱っている。また、こうした豊富な商品を活用し、ワンルームやマンション、一軒家、ホテル、ショップのインテリアコーディネート・空間デザイン・CG制作など、幅広い事業を展開している。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、現在ショールーム「リグナテラス東京」は臨時休業しているが、ポスト・コロナ時代の流れに沿った新しい買い物の仕方を提案したいという思いから、3Dデータを活用したバーチャルショールームが公開された。バーチャルショールーム上に表示された家具・インテリアはオンラインショップを通じ購入することが可能だ。

■VRショッピング体験について

そのままWeb上でも閲覧可能だが、市販のVRヘッドセット(Google Cardboard または Samsung Gear VR)の利用も可能。利用する携帯電話でこちらのリンクから閲覧できる。

新着のニュース一覧