>   >  グリー、子会社WFSとPreferred Networksがデジタルエンターテイメント分野でAI技術を活用したアプリケーションを共同開発
グリー、子会社WFSとPreferred Networksがデジタルエンターテイメント分野でAI技術を活用したアプリケーションを共同開発

グリー、子会社WFSとPreferred Networksがデジタルエンターテイメント分野でAI技術を活用したアプリケーションを共同開発

グリー株式会社株式会社Preferred Networks(以下、PFN)は、グリーのゲーム事業ブランドであるWFSとPFNが深層学習(ディープラーニング)をはじめとするAI技術を活用したアプリケーションを共同開発することに合意したことを発表した。
詳細はこちら

■概要

今回の協業は、WFSがこれまで培ってきたモバイルゲームの企画・開発・運営力、海外への展開力とPFNのAI技術、特に深層学習に関する知見や技術を組み合わせることにより、デジタルエンターテイメント分野において魅力的なアプリケーションを共同開発し、より多くのお客さまへ届けることを目的としている。

WFSについて
テクノロジーをベースとしたクリエイティブカンパニー。 "夢とテクノロジーと挑戦を結晶化させ、新しい驚きを世界中の人へ届ける"というミッションに向け、アプリ開発で培ったノウハウを生かしたソリューション事業の展開や、 AIの活用を積極的に進めており、コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス2019(CEDEC 2019)などでもその成果を発表している

PFNについて
深層学習やロボティクスなどの先端技術の実用化を目的に、2014年3月に創業。キャラクター生成プラットフォームCrypkoピクシブ株式会社と共同運営する線画自動着色サービスPetalica Paintなど、エンターテインメント分野の技術提供やサービス開発も行なっている。

新着のニュース一覧