>   >  乃村工藝社と共同で提供するMRサービス「oto rea(オトリア)」、デジタル空間のプロデュース事業を本格展開(GATARI)
乃村工藝社と共同で提供するMRサービス「oto rea(オトリア)」、デジタル空間のプロデュース事業を本格展開(GATARI)

乃村工藝社と共同で提供するMRサービス「oto rea(オトリア)」、デジタル空間のプロデュース事業を本格展開(GATARI)

株式会社 GATARIは、株式会社乃村工藝社のイノベーション・ラボラトリーであるNOMLAB(ノムラボ)とともに、2020年9月から共同でサービス開発を続けてきた音声MRサービス「oto rea(オトリア)」について、今夏より事業者向けに本格展開を開始することを発表した。
詳細はこちら

■概要

「oto rea」は、GATARIの開発するMixed Realityプラットフォーム「Auris(オーリス)」を活用した空間体験提案によって、様々な施設に物理的な施工を加えることなく空間の付加価値を向上するサービス。デジタルとリアルがシームレスに融け合う鑑賞体験や体験提供によって施設や観光地における顧客のアップセルや体験満足度の向上に寄与する。特に非接触でありながらパーソナルな情報にカスタマイズできる点において、withコロナの文化観光やafterコロナの観光資源開発に資する技術だと考えている。

今回の共同研究で、空間プロデュースのプロフェッショナルである乃村工藝社の空間設計から演出・体験企画の知見と、Mixed RealityスタートアップであるGATARIの音響やデジタルツイン・ARcloudを用いた体験設計の知見を組み合わせることで、文化観光施設の付加価値の向上に寄与する。将来的には照明やディスプレイといった施設側の既存設備とも連携した体験の設計を見据え、Mixed Reality社会の空間プロデュース事業の実現に向けて、さらなる協業に取り組む。乃村工藝社の担当、津本祐一氏はこの連携について「両社の知見を組み合わせ、空間演出に特化した音響体験サービスを目指してできたのが『oto rea』です。多くのみなさまに、本サービスを用いた新しい空間体験を提供していきたいと考えています」とコメントを寄せている。

また、実際に本サービスを体験した上で「oto rea」の導入を検討できるよう、自治体・観光協会・施設運営者のほか、エンタメ事業・教育事業の関係者向けに、乃村工藝社とGATARI秋葉原スタジオでの完全予約制の体験会を受け付け中だ。両社に加えて、実際に導入する事業者ともコンテンツの考案やシステム運営上に関する意見を交換しながら、それぞれの場所のニーズに応じた提案を行なっていくという。

新着のニュース一覧