>   >  IDOLiSH7『Mr.AFFECTiON』MVの舞台裏:第6回:王道の構成で異彩を引き立てる編集の妙技
第6回:王道の構成で異彩を引き立てる編集の妙技

第6回:王道の構成で異彩を引き立てる編集の妙技

本誌『CGWORLD vol.258』の特別企画から始まった大人気アイドルグループIDOLiSH7の新曲『Mr.AFFECTiON』MVの舞台裏に迫る本短期連載(全7回)。第6回のテーマは「編集」。普段あまり目にすることはないが、映像制作においてその仕上がりを大きく左右する重要な工程だ。MVにおける編集の役割とはどんなものなのか、そしてそこにどんなこだわりが詰め込まれているのか、詳しくお話を伺った。

※本記事の取材は6月5日(金)、Skypeによるオンライン上にて実施されました

TEXT_野澤 慧 / Satoshi Nozawa
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)

  • IDOLiSH7 ニューシングル『Mr.AFFECTiON』
    好評発売中
    価格:1,200円(税抜)
    www.lantis.jp

  • 『アイドリッシュセブン』
    ジャンル:音楽・AVG(アドベンチャーゲーム)
    発売:バンダイ ナムコオンライン
    価格:無料(一部アイテム課金あり)
    対応OS:iOS・Android
    idolish7.com

不思議な縁が結びつけた最高の座組

ついに6回目を迎えた本連載、今回は「編集」にスポットライトを当てる。そもそも編集とはどんな工程なのか曖昧な方もおられるかもしれないが、簡単に言ってしまえば、いくつかの映像を繋いで、ひとつの映像に組み上げていく工程だ。収録・加工された素材を取捨選択し、それらをつなぎ合わせることで映像作品として完成させていく。

素材を活かすも殺すも編集次第といっても過言ではない、その重要な役割を今作で担っているのがTMA1所属の映像編集者・梅脇かおり氏だ。TMA1は『シン・ゴジラ』(2016)の編集・VFXスーパーバイザーなど数多くの映像作品に携わってきた佐藤敦紀氏が起ち上げたVFXスタジオで、VFX制作を中心に、宣伝映像などの企画・制作を行なっている。梅脇氏も『シン・ゴジラ』の編集助手をはじめとして、映画やPV、アニメの予告編など数々の映像作品に携わってきた経歴をもつ。

  • 梅脇かおり氏(TMA1)
    ※写真提供:梅脇かおり氏

本作の制作にあたり、スタッフィングを担当したオレンジの制作プロデューサー半澤優樹氏は、編集に大きなウェイトを置いていたという。半澤氏は以前『シン・ゴジラ』の庵野秀明総監督が代表を務めるスタジオカラーに所属していたこともあり、「『シン・ゴジラ』の制作中、佐藤敦紀さんとお話をさせていただき、編集作業の重要度はよく理解していました。その上で、アニメーションだけでなく、実写MVの編集経験がある方を探していたところ、2018年の夏頃に知人の編集マンに梅脇さんを紹介していただいたのをきっかけに、TMA1さんに正式にオファーをしました」と語る。

  • 半澤優樹氏
    (制作プロデューサー/オレンジ)

「実際にお会いしてみたら、前述の佐藤敦紀さんのスタジオだったことにまず驚き、続いて梅脇さんが弊社の『宝石の国』や『BEASTARS』の予告編の編集も担当していただいていたことがわかって、さらに驚きました。予告編のお仕事は宣伝部が窓口になるので社内の制作スタッフと直接ご一緒する機会がないんですが、実はスタッフクレジットに一緒に載っていたという。何という偶然かと思いましたね」(半澤氏)。さらに偶然にも山本監督と梅脇氏も以前同じ職場で働いていたことがあったというから、何とも不思議な縁を感じる話だ。

▲梅脇氏が編集を手がけた『宝石の国』のPV。「オレンジにとって初の元請けとなる思い入れの強い作品です。オファーをした後にそのPVを梅脇さんが担当してくださっていたと知ったときは驚きでした」と半澤氏。運命的なものを感じざるをえないエピソードだ

全てのIDOLiSH7ファンに寄り添う、オーソドックスな構成

本来、編集スタッフは制作スケジュールの後半から作業に加わることが多いが、今回、梅脇氏は最初期の構想段階から参加している。「今回は、どこまでが"編集"の領域なんだろうって結構悩みました」と話す梅脇氏。今回はこれまで培ってきた編集経験を基に演出面でもアドバイスをしたという。

最初の構想会議が開かれたのは2018年秋ごろのこと。かねてよりIDOLiSH7の大ファンであるオレンジのCGディレクター池谷茉衣子氏からの意見を軸としてその場でどんどんとアイデアが生まれ、その日のうちに字コンテを作成。このときにはもう「IDOLiSH7の軌跡を時系列でなぞっていくような構成」や「前半はネガティブな雰囲気にしつつ後半で爆発的にポジティブに」、そして「最後は希望の道に向かっていく」といったMVの根幹となる部分は概ね決まっていた。

その後、梅脇氏がアイデアを持ち帰り、すぐさまVコンテ作成まで進んでいったというから驚きのスピード感だ。そちらのVコンテは第5回の連載記事内でも紹介しているものだが、ここで意識したというのが"王道"で"オーソドックス"な編集にするということ。

▲梅脇氏が制作した初期のVコンテ。こちらは前回も紹介した字だけのバージョンのものだ。初回の打ち合わせで決められた方向性を基に作られたVコンテだが、既にしっかりと大筋が出来上がっている。本編と見比べれば、完成に至る流れと試行錯誤を感じていただけるだろう

「今までにないMVにしたい」というオーダーと、字コンテのイメージから、今作はいわゆる"ザ・アイドルMV"にはならないと感じた梅脇氏は、あえて「サビで盛り上げる」「メロの切り替わりでシーンを切り替える」といった定番の手法をいくつも採り入れていった。今回のMVはいわゆる"アイドルらしさ"からは外したテイストだけに、さらにカット割りでも奇をてらった構成にしてしまうと、特殊なものになってしまうからだ。「やっぱりいつものIDOLiSH7が好きというファンの方からも乖離しないようにしたいなと思っていました。あとは単純に音楽に乗って気持ち良い映像を目指しました」(梅脇氏)と語るように、全てのファンに寄り添ったものにしたいと考えていたようだ。

確かにしっかりとダンスを魅せる大サビの構成は、何度見ても思わず鳥肌が立ってしまうほど気持ち良い。この爽快感は前半部分をしっかりと抑えた構成にしていたからこそ生まれたものだろう。まさに監督・制作陣のねらい通りといったところだが、そんな前半部分にはかなりの試行錯誤があったようだ。

中でも最後まで難航したというのが、やはり前半のコンテンポラリーダンスのシーンだ。本誌やこれまでの連載でも何かと挙げられることの多かったシーンだが、編集サイドからはその試行錯誤の様子がはっきりと見えていたと梅脇氏は話す。山本監督も「他のところとは違うことをさせたいけど、ダンスという枠から外れたくない。演技でもただの演技ではなくて、あくまでも音に乗ったものにしたい、といったような微妙なラインをずっと探っていた感じでしたからね。その揺れ動いた様を全部梅脇さんに見られていたと思いますね(笑)」と笑う。制作陣のなかにいながらも、現場チームとは少し離れたポジションだからこそ、かえって現場の葛藤がよく見えるということもあるようだ。

  • 山本健介監督(オレンジ)

そんな梅脇氏が個人的に気に入っているカットのひとつが「七瀬 陸さんが吹雪に飲み込まれてシャツ姿に変わり、目線を上げる」シーン。「コンテを見たときから音楽に乗ってバーッと観てほしいカットだなと思っていたので、顔を上げるところまで一連で観られて、その後のコンテンポラリーダンスに切り替わっていくという良いながれにできたなと思っています」。山本監督は「MVの中でも異質なシーンで心配な部分もあった」と語るが、気持ちの良いシーンにまとめることができた自信のカットのようだ。

▲梅脇氏お気に入りのカット①。上手くシャツのカットへと繋げられた、編集マンとして手応えを感じたシーンでもある。梅脇氏は「撮影済みカットが上がってきたときすごい! キター! と思いました! 私はポジション的には一緒に作る仲間でありながら、最初の観客でもあると思っています」と話す

編集ツールには主にPremiere Proを使用。DaVinci Resolveを使う編集マンも多いようだが、梅脇氏はAfter EffectsとのやりとりがしやすいようにとPremiere Proを選択している。編集作業の過程でエフェクトを自作して追加することもあるが、同じAdobe製のツールにしておけばやりとりもスムーズだ。また、制作会社内で作業を行う場合、自分の編集室や編集マシン以外を使わなければならないことも。その際に、Premiere Proが用意されていることが比較的多いのだそうだ。

今作でも最終の編集作業はオレンジ社内で行われた。完成に向かうにつれて確信を強めていく梅脇氏の一方で、オレンジ制作陣は「もう良いのか悪いのかわからなくなっちゃいましたよ......」とぐったりした様子だったそうだ。梅脇氏は「私はもうオレンジさんファンの状態だったので、新しいテイクが上がって来るたびに喜んでいたのですが、皆さんはぐったりされていて。早くファンの方々に観てもらって、オレンジさんを褒めてほしいなあって、公開までウズウズしていましたね(笑)」とふり返る。そうして待ちに待った街頭公開日には梅脇氏も山本監督や半澤氏らとともに現場にくり出したという。

今作について「全部がオススメカットです!! 4分弱と短い映像なのですが、全篇にわたって細かく音楽に合わせてタイミングをいじったり、フレームを切ったり、コマを抜いたりとやっているので全部観てください!」と語ってくれた梅脇氏。最高のアイドルと最高のスタッフが作り上げた最高の素材を、見事、最高のMVへと昇華させてみせた。

次ページ:
「繋いでみないとわからないことがある」から、常に更新をくり返す

その他の連載