MENU

PR

応援購入サイトMakuakeで9,000万円以上も集める期待のお手軽3Dスキャナー「Revopoint POP 2」 体験会をレポート!

欧米のクラウドファンディングで多額の資金をあつめ、2022年には日本でも「本格的な3Dスキャンを一台でいつでも手軽に」というキャッチコピーで展開、まもなく目標額の136倍の資金を集めた『Revopoint POP 2』。全世界からの期待を集める手軽な3Dスキャナーの実力はいかほどなのか。そのお披露目イベントを取材してきた。

記事の目次

    3Dスキャンという先進技術が手に届く価格に

    2022年3月、3Dスキャナー「Revopoint POP 2」のお披露目イベントが水道橋にて入場制限のもとに開かれた。従来の高価で操作が複雑、という高精度業務用3Dスキャナーの問題を解決するべく開発された本製品。中国のシリコンバレーとも称される深センに研究センターを構えるRevopoint社が開発したものだ。初代の「POP 3D Scanner」は欧米のクラウドファンディングKickstarterにおいて出資額HK$1776万以上、「Revopoint POP 2」は出資額HK$2211万以上、日本のクラウドファンディングMakuakeでは9,000万円以上(2022年3月現在)を集めるという驚異的な期待の高さが伺える。高性能で消費電力が低く、かつ低コストなら、クリエイティブな仕事をより効率化させられるのはもとより、趣味にも活かすことができる。もちろん貴重な文化財や美術品などをデジタル化してデータ保存しておけば、劣化など気にせず後世にデータを伝えていける。本イベントはインストラクターとして、Youtubeで3Dプリンターやスキャナを活用した作品を制作する、Efty氏とMAJIRI氏が参加した。

    Efty(えふてぃー)氏

    3Dプリンターを使った動画の総再生回数は2億回を超えるYouTuber
    Youtubeチャンネル

    Cityscape Studio シティスケープスタジオ MAJIRI氏

    都市モデラーとして活動し、都会の風景のリアルなジオラマを制作する
    Youtubeチャンネル

    【Nゲージ】東京地下鉄駅のジオラマ作り 3DスキャナーRevopoint POP 2を使用したミニチュアフィギュアの製作 Realistic Tokyo Subway Diorama
    efty氏が白・赤・黒の3色からなるオフジェクトをもって登場

    3Dプリンターを使った動画の総再生回数は2億回を超えるというYouTuberのEfty(えふてぃー)氏がゲストとして登壇した。Efty氏は「白や赤はスキャンしやすいのですが、黒は光を反射しづらいので、どうすればそこをクリアできるのか」とスキャンを実演した。

    精度:0.1mmプロ級の精度を実現
       2022年2月11日にハード/ソフトのアップデートを完了
       これによりスキャン精度は0.1mmから0.05mmにアップデートされた
    発色:高解像度グローバル露光センサーにより「物」本来の色彩をキャッチ
    流暢さ:10fpsのフレームレートと6軸ジャイロスコープを組み込むことにより、スキャンのスムーズさ向上
    ソフト:日本語対応の無料ソフト「Revoscan」あり。Win/Mac/Android/iOSに対応
    2-in-1:手持ちスキャン、回転テーブルスキャンどちらにも対応
    色の黒いものは光を反射しないため、ガイドとしてシールを貼ったもの

    回転台は1周を10秒ほどかけて回る。POP 2 が接続されたノートパソコンには付属の3Dスキャンソフトがインストールされており、その画面に取り込まれた3Dデータが部分表示され、周を重ねるごとに点群が重なり10分ほどでスキャンが完了となる。フィギュアのように下部にも複雑な凹凸がある物体は、手動で向きを変えて回転台上に置き、ふたたびスキャンすれば、ソフトが自動で接合点を判断し、前半にスキャンしたデータと合成してくれる。

    POP 2 を用いて3Dスキャンしたデータを3Dプリンターで出力させたもの。左はスキャンが難しい黒の部分をそのまま出力した例で、調整することで右のように正確にスキャンが可能となる

    参加者が実際にスキャンしてみる!

    参加者が「自分もやってみたい」とうずうずし始めたタイミングで、参加者が交代でPOP 2 にふれる時間となった。テーブルごと、3つのグループに分かれると、それぞれが持参したアイテムを回転台に乗せてていく。efty氏やMAJIRI氏をはじめ主催者がインストラクターとなって説明をしながらPOP 2 を動かしていく。素材も大きさもバラバラのアイテムを、はたしてどのくらいの精度でスキャンできるのだろう。筆者も興味津々でテーブルの様子を覗いていった。

    • フィギュア
    • 絵の具を乗せたキャンバス
    • キャンバスをスキャンしている最中のモニター画面
      色彩をスキャンするのは技術的に難しいのだが、それをクリアしているのがわかる

    絵画をスキャンしメタバース空間へ転用することで美術作品の保全や教育につなげられるかもしれない、という目的の参加者も積極的にスキャンを試していた。

    • ソフト側が取得したスキャンデータを合成していく
    • POP 2 は手で持ってスキャンすることも可能
    イベントの様子

    参加者がそれぞれの目的を持って参加した本イベント。高精度な3Dスキャナが個人でも購入できる時代となり、今までできなかった作品の制作や活動が可能になる本製品は、デザインや建築、アート、教育など、様々な分野で活用されるに違いない。

    ■問い合わせ


    社名:Revopoint International Limited


    本社所在地:Office 902, Tinno Building, Tongfa South Rd, Xili Street, Nanshan District, Shenzhen, 518000, P.R.China.

    ホームページURL:https://revopoint3d.jp


     

    TEXT_武田香織/Kaori Takeda
    Photo_竹下朋宏/Tomohiro Takeshita

    INFORMATION

    Revopoint 公式ストア

    『Revopoint 公式ストア』はこちらから


    新着求人

    VIEW MORE
    VIEW MORE

    関連サイト

    • CGWORLD ONLINE TUTORIALS
    • CGWORLD SHOP
    • SCULPTOPSLABO
    • Born Digital,Inc.
    • 3dtotal.jp
    • 週間ランキング
    • 月間ランキング