>   >  SIGGRAPH 2015 プロダクション・セッション レポート<1>:映画『アントマン』VFXメイキング
SIGGRAPH 2015 プロダクション・セッション レポート<1>:映画『アントマン』VFXメイキング

SIGGRAPH 2015 プロダクション・セッション レポート<1>:映画『アントマン』VFXメイキング

SIGGRAPH 2015においても、Computer Animation Festivalプログラムの一環として「Production Sessions」が催された。これは、先端技術を駆使して制作されたVFX作品の数々の舞台裏を、それぞれの作品を担当したスーパーバイザー達が披露するという内容である。この記事では、9月19日(土)全国ロードショーとなる映画『アントマン』のVFX制作についての講演、「The Making of Marvel's "Ant-Man"」をレポートする。

映画『アントマン』予告編
監督:ペイトン・リード/脚本:エドガー・ライト、ジョー・コーニッシュ AND アダム・マッケイ & ポール・ラッド/原作:エドガー・ライト、ジョー・コーニッシュ/撮影監督:ラッセル・カーペンター(ASC)/プロダクション・デザイン:シェパード・フランケル/編集:ダン・レーベンタール(ACE)、コルビー・パーカー Jr.(ACE)/VFXスーパーバイザー:ジェイク・モリソン(Marvel Entertainment)/ヴィジュアル開発主任:チャーリー・ウェン、ライアン・メイナーディング
© Marvel 2015

<1>マクロの世界でフォトリアルに見せる小人ヒーローへの挑戦〜Marvel Entertainment〜

まず最初にMarvel EntertainmentのVictoria Alonso/ビクトリア・アロンソ エグゼクティブ・プロデューサーが、次のようにポイントを解説してくれた。

映画『アントマン』は、蟻サイズの小さなスーパーヒーロー「アントマン」が活躍する物語であると同時に、リアリティも要求される作品です。全1,500ショットに達したVFXを制作するにあたり、「どうやってリアルな小人ヒーローを見せるか?」ということが最大のチャレンジでした。
これについては、過去の小人を表現した様々な映画作品をリサーチして、「やってはいけないリスト」をつくりました。その結果、リストアップされたのが.;

・カメラを固定して見せるのはNG
・巨大なセットやプロップ(小道具)をつくって、俳優を小人っぽく見せる方法はNG
・マクロスケールでは物理的な出来事が全く違ったスピードで見えるので、それを配慮すべき


......ということでした。
続けて、Jake Morrison/ジェイク・モリソン VFXスーパーバイザー(Marvel Entertainment)が、プリプロダクションにおける取り組みを語ってくれた。

蟻サイズの主人公アントマン/スコット・ラング(ポール・ラッド)を、マクロの中で物理的に正しいスケールでフォトリアルに見せたい、"Photoreal Macro Physics"。つまり、マクロスケールでの世界観になるので、周りの物が大きく、巨大に見えるような画づくりにする必要がありました。
このテストのために、まずはまる2日を費やしてマイクロスコープ(顕微鏡)レンズを使ったカメラテストを実施しました。この段階で様々なテストを行い、どのように見せるかを事前に検討。このチームは「マクロ・ユニット」と呼ばれるようになり、劇中で小人目線の映像のルックやその撮影手法の立案を担当しました。

  • Production Sessions<1>:映画『アントマン』
  • Production Sessions<1>:映画『アントマン』

© Marvel 2015

マクロの世界でのフォトリアルにするためには、エンバイロンメント(環境)用の実写素材もマクロで撮影する必要があります。そのため、超小型のカチンコ、カラーチャート、ミラーボールをわざわざつくって撮影したりもしています。また、マクロサイズのアントマンの人形を置いて、ライティングの参考用に撮影しました。

この「マクロ・チーム」は、実物大のセットを撮影する際、25人のチームで40日間かけて、マイクロスコープ レンズで撮影を行いました。

アントマンが出てくるシーンは、コスチュームを身にまとった俳優ポール・ラッドと、モーション・キャプチャによるデジタルダブルの2構成で表現しています。目が露出するシーンでは、なるべくポール・ラッドの本物の目を使うことでリアリティを持たせるようにしました。

また、前述の"Photoreal Macro Physics"を実践すべく、マクロのシーンでは多くのショットを1,000コマ/秒のハイスピードで撮影しています。なぜ秒1,000コマなのか? というと、これはミニチュアの破壊ショットを24fpsで撮影したテスト映像をご覧いただければ一目瞭然かと思います。テスト映像を見ると、映像が一瞬で終わってしまい、ミニチュア感が強く出てしまっています。そこで秒1,000コマで撮ることで、本編でご覧いただいたような、迫力とリアリティが生まれるわけです。

1.5cmの"アントマン"バスタブで溺れる! (映画『アントマン』本編より)

映画の中には、様々な種類の蟻たちが数多く登場します。これら蟻の表現について、われわれマーベルが現場サイドにリクエストしたのは、「リアリティは必要。しかし、気持ち悪くしないで」ということでした。
そこでカートゥーン的な蟻とリアルな蟻のちょうど中間くらいをねらい、アップショットで多くの蟻が登場しても、グロテスクさを感じないように、かわいく親しみやすく見えるよう、心がけています。

また、劇中では「過去のシーン」として30年前のシーンが登場するため、ハンク・ピムを演じたマイケル・ダクラスを30才、若返らせる必要がありました。このVFXは、ビューティー・ワーク(デジタルによる化粧やシワ取り、若返り術&老けメイク術の総称)が得意なLola VFXが担当しています。

▶︎次ページ:<2>写真的にも正しい画に仕上げる〜Double Negative〜

特集