>   >  現場でトラブルになりがちな権利の問題を解決! 写真などの素材からトレースするのはOK? フリー素材は自由に使ってOK?
現場でトラブルになりがちな権利の問題を解決! 写真などの素材からトレースするのはOK? フリー素材は自由に使ってOK?

現場でトラブルになりがちな権利の問題を解決! 写真などの素材からトレースするのはOK? フリー素材は自由に使ってOK?

現場でトラブルになりがちな権利の問題について「クリエイターとしてやってはいけないこと」「権利を侵害されたときの具体的な対処法」をわかりやすくまとめたクリエイターのバイブル『クリエイターのための権利の本(ボーンデジタル)』から一部の記事を紹介。

  • クリエイターのための権利の本
    著者:大串肇、北村崇、染谷昌利、木村剛大、古賀海人、齋木弘樹、角田綾佳
    定価:本体2,400円 + 税
    発行・発売:株式会社 ボーンデジタル
    ISBN:978-4-86246-414-9
    総ページ数:224 ページ
    サイズ:A5判、2色
<本書の詳細・ご購入はこちら

写真などの素材から、人物や構図をトレースするのはOK?

Q:人物のポーズや服装、背景の建物や構図など、写真をトレースできれば楽ちん! 写真加工じゃなくて、トレースしてイラストにするのなら著作権は問題ないのでは?

写真は著作物! 盗作にならないよう注意しよう

写真(著作権法10 条1 項8 号)には、著作権が発生し、原則として撮影者が著作権者となります。「トレースはイラストを描き起こすので問題がないのでは?」と思いがちですが、他人の著作物である写真に依拠した上、それを複製している以上、複製権侵害に該当するおそれがあります。
もし、「誰でも撮影できて、同じ写真が撮れる」ものであるのなら、自分で撮影してしまったほうが早いかもしれません。それなら著作権を気にせず自由にトレースできます。
他人が撮影した写真を参考にしたいのなら、素材1 枚だけを探してトレースするのではなく、違う角度、違う撮影者の写真を探して見比べて、参考としてイラストに取り入れるようにしましょう。

トレースが写真の著作権侵害になるかの判断は難しい

写真からのトレースが著作権侵害になるかの判断に迷うようであれば、著作権をよく取り扱っている弁護士に相談するとよいでしょう。一つだけ実際に裁判になった事例を紹介します。

●トレースに関する裁判例(写真素材トレース事件)

[Memo]東京地判平成30 年3月29日(平成29 年(ワ)第672 号、同年(ワ)第14943 号)裁判所ウェブサイト〔写真素材トレース事件〕

(図01)は被告となった方が同人誌イベントに出品する小説同人誌の裏表紙に描いたイラストです。3 つのイラストスペースのうち、下部のスペースで左の男性が持つ雑誌の裏表紙となっているイラストは、右の「原告が写真素材集として販売していたCD に含まれていた写真(02) 」を被告がインターネットで見つけて、トレースして描いたものでした。
裁判所の判断は、被告のイラストは原告の写真の著作権侵害ではない、というものです。写真の表現上の特徴は、被写体の配置や構図、色彩の配合、被写体と背景とのコントラストなどの総合的な表現にあります。他方で、このイラストでは、写真にはない雑誌を開いた際の歪みによって生じる反射光を表現した薄い白い線がある上、白黒であることから写真の色彩の配合は表現されていません。また、写真における被写体と背景のコントラストもイラストでは表現されておらず、シャツの柄も違うことなどを裁判所は指摘しています。
2.6 センチメートル四方と小さく描かれている特殊性もありますが、この程度の類似性だと、たとえトレースであっても写真の著作権侵害とまではいえないという参考になるでしょう。

01:被告の同人誌裏表紙のイラスト[出典:写真素材トレース事件別紙]

02:原告の写真素材集に含まれていた写真

著作権的に問題のない写真を選ぼう

イラストや漫画に利用しやすい「ポーズ集、背景集」といった「トレース用素材」は書店やオンラインでたくさん販売、配布されています。トレースや加工を目的に作られたものなので、様々な角度で用意されており参考になります。これらから描きたいポーズや背景がないか探してみましょう。また、ロイヤリティフリーの写真素材を購入し、トレースする手もあります。

[Memo]トレースという行為そのものは、私的使用目的で行う限り複製権侵害にはなりません(著作権法30 条1 項)。ただし、それを作品として発表したり、配布・販売したりすると、私的使用の範囲を外れてしまい著作権侵害になります(著作権法49 条1 項1 号)。

しかし、どちらの場合も「著作権は放棄していない」ことがほとんどです。トレースしたイラストを自分の著作物として発表・販売する場合には「利用規約」でトレースした作品の商用利用が可能かどうかを必ず確認するようにしましょう。

[Memo]法律上は、トレースと模写に違いはありません。どちらも「類似性が高い」場合には、著作権侵害となります。

クライアントからの提供素材は必ず出典を確認しよう

クライアントから「こういうイラストを描いて」と、参考写真やイラストを渡されるケースもあるでしょう。その場合、まずは提供素材の出典を確認して著作権がどこにあるのかを把握しましょう。クライアント自身が指示用に撮影した写真であれば問題ありませんが、プロに依頼して撮影した写真やイラストの場合は注意が必要です。
イメージを伝えるためのイラストであれば、アレンジを加えて独自性を出すこともできます。ただ、医療や建築など、厳密な作図が求められる場合は、独自アレンジを加えることが難しく、結果として参考イラストをそのまま真似てしまうケースもあるかもしれません。その場合、著作権侵害になる可能性があるので注意してください。

[Memo]もし、デザイナー側が「著作権違反であることを承知で」その素材を使用した場合、たとえクライアントから指示された素材であっても、デザイナー側も法的な責任を問われるおそれがあるので注意してください。

クライアントからトレースや模写をすることを前提として素材を提供された場合、その写真やイラストが「トレースや模写をしていい素材なのか」をクライアントに確認しましょう。その上で、もし問題がある素材なら、人の体や建物のシルエットなど「そのものを伝えるために絶対に必要な形」と、髪型やシワや風になびく樹の形など「時間や場所や個体差などで変化する形」で分けて考え、オリジナリティを出すように工夫をしましょう。

まとめ

  • ・写真のトレースは著作権侵害になるおそれはあるが、その判断は難しい。侵害か迷った場合は専門家に相談する。
  • ・トレースが必要な場合は、著作権に問題がない素材を利用するか複数の資料を参考にして新しく描く。
  • ・クライアントから提出された写真素材は著作権を要確認。

次ページ:
フリー素材は自由に使ってOK?

特集