>   >  「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014」レポート<2> 京楽ピクチャーズ.PRESENTS 映画『魔女の宅急便』メイキング&WOWトークセッション&VFX-JAPANアワード
「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014」レポート<2> 京楽ピクチャーズ.PRESENTS 映画『魔女の宅急便』メイキング&WOWトークセッション&VFX-JAPANアワード

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014」レポート<2> 京楽ピクチャーズ.PRESENTS 映画『魔女の宅急便』メイキング&WOWトークセッション&VFX-JAPANアワード

前回に引き続き、北海道夕張市で開催されていた「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014」から、VFXに関するイベントを紹介。第2回目となる本稿では、最新映画のVFX技術を紹介した「実写版『魔女の宅急便』メイキングセミナー」と、世界を股にかけて活動するビジュアルデザインスタジオWOWの意欲的な取り組みが紹介された「WOW株式会社の未来ビジュアルデザイン戦略」、そして「VFX-JAPANアワード2014」表彰式の様子をレポートしていく。

様々なアプローチで映像化された、主人公キキの飛行シーン

映画『魔女の宅急便』の公開前日に行われた「実写版『魔女の宅急便』メイキングセミナー」では、VFXスーパーバイザーを務めた秋山貴彦氏(4Dブレイン 代表取締役 /VFX-JAPAN代表理事)が、本作で使われたVFX技術について解説。様々な場面で使われたというVFXの中から、主人公・キキの飛行シーンと黒猫・ジジのキャラクターメイキングが紹介された。


秋山貴彦氏(VFXスーパーバイザー)

2013年8月初旬に撮影が終了してから、同年12月半ばまで行われたという本作のポスプロ。中でもキキの飛行シーンやジジはボリュームが多い上に、清水 崇監督から「『ハリー・ポッター』のクオリティを超えたい」、「『ライフ・オブ・パイ』を目指せるか」などと無茶振りなというオファーがあり、制作には時間も予算も圧倒的に不足していたという。その問題を解決するため、本作の飛行シーンでは様々なVFXの手法が用いられた。
まず主人公・キキの撮影方法を見ても、①実際に現場で役者を吊るして撮影、②グリーンバッグを背景に役者を吊るして撮影、③グリーンバックの中で箒にまたがった役者を特殊な装置に乗せ、この装置を人力で動かし撮影、④4D Viewsの使用、という4種類ものアプローチがとられている。この中でも"新しい試みだった"と秋山氏が言うのが、③の人力ライドである。これはキキが箒を自由に操って飛ぶ感覚を作り出すために、役者の演技が先行して重心移動などの動きができるよう、モーションライドとよばれる機械仕掛けの装置をあえて使わず、人力で箒の動きを役者の演技に合わせて作り出せるシステム。またさらなる新兵器として4D Viewsで撮影されたキキのデータが、作中で使用されている。これは、四方をすべてグリーンバックで囲み、その中にいる役者をグリーンバックに空けた小さな穴から複数台のカメラで撮影。この撮影した被写体の画像を3Dポリゴン化するという技術だ。ポリゴン化された被写体のデータは、後から様々な角度で撮影された背景にマッチさせることができる。しかし4D Viewsは、技術的にまだ高い解像度で撮影できるわけではないためアップでの使用が難しく、解像度的に問題のないシーンでのみ、使用されているのだとか。
一方、背景プレートについても、①ヘリコプター/ラジコンヘリコプターによる空撮、②船上からの撮影、③スチル写真、④フル3DCG(嵐の海)など様々な方法で撮影・制作されており、その種類の多さから現場が混乱しないよう、あらかじめ撮影監督とともにバーチャルカメラを使ったプリビズで検証を行い、コンセンサスをとっておいたそうだ。


リアルな黒猫を効率的に制作

飛行シーンと共に、本作のVFXの見どころとなっているのが黒猫・ジジのキャラクターだ。このジジは3DCGで制作されているのだが、その"動き"の解析をするために、飛行シーンでも使われた4D Viewsが使用されている。これは、マーカーをつける必要があるモーションキャプチャでは、本物の猫の動きを自然にキャプチャすることが難しく、代わりに4D Viewsを利用したためだ。3DCGキャラクターのジジに、こ4D Viewsでデータ化した本物の猫の動きを手付けのアニメーションのリファレンスとして使ったことで、よりリアルなアニメーションが実現できたという。こうして制作されたジジのキャラクターアニメーションと、実際に撮影された背景とをマッチさせるために、本作ではFAROという3Dレーザースキャナも活用している。このFAROで撮影現場をスキャニングすることで、地面の複雑な起伏をデータ化し、ジジのキャラクターモデルと接地部分のマッチングの精度を上げていったのだとか。
また、このジジのキャラクターに短期間でリアルなライティングを行うために、新しい手法としてライトリグというプログラムも導入されている。これは、現場で撮影されたHDRイメージから、3DCGのライトを自動生成するというもの。ジジのような"毛の生えた黒い猫"を3DCGで制作する場合、撮影用と同じライティングの中にキャラクターモデルを配置しても真っ黒に潰れてしまうため、ライティングの調整に時間がかかるのだが、ベースとしてこのライトリグを使ったことで、作業時間が圧倒的に効率化できたという。
このように、限られたリソースの中でクオリティを上げるために、制作方法を使い分け、さらに新しい技術を導入するなど、作り手の苦労が感じられた本作のVFXメイキング。現在、映画が公開中なので、劇場で確かめてみてはいかがだろうか。

特集