>   >  注目度高まる"フォトグラメトリー"。その可能性をAVATTA・桐島ローランド氏に聞く!
注目度高まる

注目度高まる"フォトグラメトリー"。その可能性をAVATTA・桐島ローランド氏に聞く!

国内でいち早くフォトグラメトリー専用スタジオとして設立されたAVATTA。本稿では、フォトグラメトリーとは何か、撮影ではどのような機材が必要なのか等を、同スタジオ設立者の桐島ローランド氏に聞いた。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 223(2017年3月号)からの転載となります

TEXT_野中阿斗(ラークスエンタテインメント
EDIT_斉藤美絵 / Mie Saito(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

フォトグラメトリーとは

近年、フォトグラメトリーという技術が注目を集めている。このフォトグラメトリーとは、被写体を複数のアングルから撮影した2次元画像(写真)の情報を専用ソフトで解析し、テクスチャを含む3次元データを作るという写真測量技術だ。カメラで撮った画像がそのままテクスチャとして反映されるので、実物に近いリアルな3Dデータを作ることができる。写真を基に3Dデータを起こすため、あくまで現実に存在するものしか再現できないが、この技術を利用すればゼロからリアルな3Dモデルを作るよりも早く、低コストでハイクオリティな3Dモデルを作成でき、最近では映画やCM、ゲーム、フィギュア、VRコンテンツなど様々な分野で使われはじめている。

  • 右から、桐島ローランド氏、中野江美氏、長嶋秀訓氏。以上、AVATTA
    avatta.net

今回紹介する桐島ローランド氏が起ち上げたAVATTAは、日本でもいち早くフォトグラメトリー技術を採り入れたスタジオだ。AVATTAの設立は、3年ほど前に桐島氏が参加したシリコンバレーの視察ツアーまでさかのぼる。そこで現地の最新鋭の技術に刺激を受けた桐島氏が、自身のもつプロのフォトグラ ファーとしてのノウハウとその技術を組み合わせて何か新しいことができないかと考えたことがきっかけになったという。「かつてハイテクノロジーだった写真は、今ではどちらかというと徐々に取り残されつつある技術となり、写真業界も様々な意味でフラットになってきています。そのような中で、現地のIT系ベンチャーがやっている技術が面白く、自分も新たなチャレンジをしてみたいと思いました」(桐島氏)。もともと桐島氏は4年くらい前から人を3Dスキャンして作成するフィギュアに興味があったことから、視察ツアーから帰国後にインターネットで調べているとフォトグラメトリーに出会い、自身で試してみたという。「今は多くの情報がネットに出ているとはいえ、まったくの素人の自分が40台以上のカメラで同時に撮影して3Dデータが作れるかどうか、まず試さなければいけませんでした。幸い自分はフォトグラファーなのでメーカーさんともお付き合いがあり、ニコンさんが2週間限定でカメラを貸してくれることになったので、その2週間で無事に3Dデータを起こせたら事業にし、ダメだったら止めようと決めて挑戦したのです」(桐島氏)。結果的に上手く3Dデータを起こすことができたため、そこから3ヶ月後には会社を設立し、半年後には現在の場所にスタジオを設けたそうだ。

一見トントン拍子にことが進んでいるかのようだが、事業を起こしてからここまでくるのは、やはり簡単ではなかったという。今では何の問題もなくできることでも、例えば初期の段階ではカメラの適正な台数はいくつか、何十台ものカメラデータをどのようにPCと繋ぐかなど、作業を進めるたびに細かな問題が次々に発生し、それをひとつひとつ解決していったそうだ。「当時の僕はCG関係に関しては素人で、フォトグラメトリーという技術を全部手作りでゼロからつくったので、常にリサーチして常に勉強して、試行錯誤しながらやってきてあっという間に3年が過ぎました」(桐島氏)。現在ではCMやゲーム、TVドラマなど映像作品の仕事で多くの実績を積み上げている。

3Dスキャンの種類には、レーザースキャナやデプスセンサーなどもあるが、フォトグラメトリーはカメラで撮影した写真がそのままテクスチャに反映されるため、自動的にハイクオリティなテクスチャが作れるというメリットがある。つまり、撮った写真の良し悪しがスキャン(撮影)やテクスチャ、3Dデータのクオリティに直結するため、いかに良い写真が撮れるかが重要なのだという。

Topic AVATTA・全身スキャンスタジオ

2017年1月に改装されたばかりの全身撮影用のスタジオ。100台を超えるカメラで高精細なフォトグラメトリー撮影が行える。


内側から見たスタジオの様子。多数のカメラが取り付けられている


被写体が立った状態のスタジオ。360度全体をカメラが取り囲み、撮影を行う。カメラのほかに、ストロボも設置されている。ライティングは桐島氏のフォトグラファーとしてのノウハウのたまものだ

フォトグラメトリー撮影で押さえておきたいポイント

フォトグラメトリーを前提とした写真撮影の場合、撮影時に気をつけることとしてまずピントがある。「当たり前のことですが、ちゃんと1枚ずつピントも露出も合っていて、綺麗でシャープな写真が撮れることが重要です」と桐島氏。同じ一眼レフカメラでもエントリークラスとハイエンドクラスとでは、当然精度もちがってくる。また写真のクオリティ面では、レンズが特に影響するという。AVATTAでは高精細なフェイシャル撮影ではハイエンドな一眼レフカメラと単焦点レンズを使用している。もしキットレンズで撮影する場合は、ワイドにすればするほどクオリティが落ち、逆に望遠の方が綺麗に撮れるが広い撮影スペースが必要になるそうだ。あまりスペースのない室内でのフォトグラメトリー撮影の場合、FXレンズで言うところの50mm、DXレンズで言うところの35mmがちょうど良いレンズとのこと。画像サイズは設定できる中で最も大きなサイズで撮影しているという。なお、データ形式についてはクライアントの要望次第だが、AVATTAでは基本的にJPEGが採用されているそうだ。

ライティングに関しては、部屋を真っ白にしたり、バウンス光にしたり、とにかくフラットなライティングにすることが大事だ。ただし光を均等に当てると、どの角度から撮影しても逆光になり、ハレーションが起きてしまう。そのあたりのライティングのバランスは非常にコツがいるという。このように、露出やピントの細かな調整やレンズの選択、ライティングなど、写真のノウハウをクオリティアップに活かせるのは、プロのフォトグラファーである桐島氏ならではの強みだろう。

3Dデータ化するにあたっては、被写体自体に得意なものと不得意なものがあるという。フォトグラメトリーは複数の角度から撮影された写真をソフトが解析して対象物の特徴となるポイントを識別し、そのポイントを結んで形や大きさを導き出して3Dデータを作成していく。ゆえに、ある程度コントラストのあるものやランダムなパターンがたくさんあるもの、なるべく艶のないマット調のものと非常に相性が良い。例えばシワの多い顔やジーンズなどは、拾えるポイントが多くなるので比較的上手く再現できる。一方エナメル素材やボーダーの服、レースやチュールなど苦手とする素材もある。フォトグラメトリー撮影をするにあたって撮りやすい被写体かどうかも、上手く仕上げるためには重要になってくるのだ。

Topic 撮影機材

ここでは撮影に用いられた機材について少しみてみよう。



  • 縦のポールに取り付けられたカメラは、被写体に合わせて1台1台設定が施される。同じ被写体の撮影でも、レンズも最適なものが選定されるのだ



  • 100台以上のカメラが用いられるということで、下からのアングルもしっかり押さえている



  • 解像度は最も高い値を設定。保存されたデータはメモリカードではなくUSB接続でPCに送られる



  • カメラと同様に被写体を取り囲むようにストロボも設置された。通常の撮影と異なり、フォトグラメトリーの場合は硬いライティングだとテクスチャに固定の陰影が入ってしまうため、柔らかい光の方が良い



  • ほかにも、天井に向けたライトも設置され、スタジオ全体のライティングが調整されている



  • 縦に並べられたストロボ

次ページ:
フォトグラメトリースタジオというビジネス

特集