>   >  VRで上空3万メートルの宇宙遊泳! NUKE+CARA VRによる360度動画『SPACE DRIFTER -宇宙遊泳-』メイキング
VRで上空3万メートルの宇宙遊泳! NUKE+CARA VRによる360度動画『SPACE DRIFTER -宇宙遊泳-』メイキング

VRで上空3万メートルの宇宙遊泳! NUKE+CARA VRによる360度動画『SPACE DRIFTER -宇宙遊泳-』メイキング

上空約3万メートルにおよぶ宇宙空間で360度の遊泳体験が楽しめる本作。過酷な条件下での360度映像制作を、NUKEのVR用プラグイン「CARA VR」「mocha VR」を活用することにより、短期間で実現させた作品である。技術面を担った360Channelにその制作上の工夫について解説してもらった。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 231(2017年11月号)からの転載となります

TEXT_360Channel
EDIT_藤井紀明 / Noriaki Fujii(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

information
「SPACE DRIFTER -VRバルーン、宇宙へ-」
PC、スマホ、HMDなどマルチプラットフォームに対応し、無料で楽しめる360度VR動画専用配信サービス「360Channel(サンロクマルチャンネル)」にて好評配信中!
www.360ch.tv/videoview/363

CARA VRとmocha VRを活用した360度VR動画コンテンツ

2017年1月27日、NASAが出資する「New Mexico Space Grant Consortium」でマーケティングを担った近藤 憲氏のクラウドファンディングが起ち上がり、わずか5日間で目標額を超える約126万円を集めた。そして、技術面や映像面のサポートとして「360Channel(サンロクマルチャンネル)」が関わり、本プロジェクトはスタートした。見どころは、ニューメキシコ州の広大な大地から上空約3万メートルでの宇宙遊泳だ。本作は360度VR動画のコンテンツ配信サービスを提供する「360Channel」で配信されている4Kの360度VR動画で、Gear VROculus RiftPlayStation VRなどのハイエンド向けHMDから、カードボードなどの簡易HMDまで幅広く対応し、PCでもスマートフォンでも視聴できる。

  • 左から、本件企画者・近藤 憲氏、(以下、株式会社360Channel)技術統括 兼 プロデューサー・松山聡志氏、CGデザイナー・古川久美子氏、CGデザイナー・K.A氏

本動画は全編実写パートのみで構成されており、NUKEを活用し制作されている。オートデスクの藤村祐爾氏が自作リグを設計し、ストラタシス・ジャパンがデザインを形にした。撮影、エディット、コンポジットを360Channelが担当している。VR酔いも起こりにくく、高品質なVRコンテンツとして仕上がっている本作だが、企画開始から機体設計、実験、撮影まで3週間、帰国から納品まで3週間というタイトなスケジュールであった。過酷な温度環境に耐え、長時間撮影ができる機材選定を経て撮影は成功を収めたものの、映像自体は風や乱気流により揺れ続け、それに加えて急激な温度変化によるレンズの曇りが発生していた。そのため、従来のスティッチだとVR酔いが起こり、部分的にスティッチエラーが起こってしまう。その酔いを軽減し、レンズ曇りがあれど、綺麗にスティッチングをすることを可能にしたのが、VRコンテンツ制作に特化したNUKEのプラグイン「CARA VR」とトラッキング技術を搭載する「mocha VR」だ。CARA VRは他のツールとの親和性が高く、スティッチからコンポジットまで一連でできるソフトとして強みがある。それでは機材選定からCARA VRが実際どのように活用されたのかまで、詳しくみていこう。

Topic 1 撮影機材と編集ソフトの選定

厳しい条件での撮影に耐えうる機材の選定

今回の撮影と技術統括を担当したのは松山聡志氏だ。使用した機材は、GoPro HERO4 ブラックエディションの6台リグ、GoProハウジング、GoPro バッテリーバックパック 3rd ABPAK-401、独自リグ、GPS。機材選定として、高度3万メートルまで機体を飛ばすにあたり必要な条件として、「重量制限」、「マイナス50℃に耐えられる機材」、「2時間撮影できる」、「4K以上の映像」(360Channel内でVR視聴での最低限必要と考えている解像度)という項目があった。そのため、対応できるカメラとして、GoPro6台で設計するリグを選定し、水や衝撃に対応できるようハウジングを使用。通常、ハウジングを利用したGoPro 6台リグでの撮影の場合、熱暴走などにより最大で20分から40分しかバッテリーがもたない(自社実験より)。まずは、1台で2時間撮影できることを目指し、背面バッテリーを採用した。次に熱暴走をクリアするため、360Channelは薬用の冷却シートを採用。薬用の冷却シートを使用することにより、2時間以上継続して撮影することが可能となった(自社実験より)。そして、耐久性と重量を考慮した、ABS製の素材を使用した機体で-50℃の環境で実験すると、薬用の冷却シートの水分がハウジングに付着し、寒さによって電力消費量が多くなり2時間を超える撮影はできなかった。この問題をクリアするため、機体内の熱伝導の効率化と重量を考え、機体に用いるネジをステンレススティールのネジとアルミに交換し、薬用の冷却シートを取り除くことで-50℃の環境下の実験でも2時間撮影することが可能となった。これらの機材を使用しニューメキシコで本撮影を実施。GPSが起動しないというトラブルや、乱気流による映像の揺れ、レンズの曇りはありながらも、結果として機体は回収でき、6台とも映像を記録することができた。

それらを短期間かつ効率的に編集するためNUKEプラグインの「CARA VR」「mocha VR」を使用した。選定理由としては素材の対応に紐づくもので、撮影素材はスティッチ部分が多く、画が激しく動いて回転したり、気候の大きな変化によりレンズが曇ったり、360度撮影なのでフレアが入ったりなど、スティッチのための情報が欠如してしまうため、360度映像を作成するには非常に難しいものであった。そのため、細かい部分まで調整ができ、他のソフトウェアやプラグインとの連携が高く、スティッチからコンポジットまで一貫してできるソフトとして、NUKEとCARA VRを使用することに決定した。また、風の影響により、機体が激しく動き、360度映像的に酔いが激しい映像にもなっていたため、トラッキングやスタビライズ機能が高いmocha VRを使用することにした。

自作リグの設計



  • 近藤氏が設計したリグのイメージ図



  • オートデスクでエヴァンジェリストを務める藤村祐爾氏が再度設計したイメージ図



  • プラスチックよりも耐久性があり、軽量化を計れるという理由でABS素材、ネジなどは、熱伝導率を考え、材質はステンレススティールとアルミ素材を使用した。3Dプリンティングは、ストラタシス・ジャパンの3Dプリントで制作したリグである



  • 機体を包んだ断熱材に、発見した人に向けたメッセージを英語とスペイン語で書いた。GPSが途中で追跡が不可能になったものの、着地した民家の住民からの連絡によって奇跡的に機体を回収することができた

撮影機材とセッティング


左上から360HEROS 360H6、完成した自作リグ、GPS、二段目左から、水と耐久性向上対策としてハウジングを使用し、カメラはGoPro HERO4 ブラックエディション、SDカードはEXCERIA PRO microSDHC/microSDXCメモリカード64GB、追加バッテリーとして、GoProバッテリーバックパック 3rd ABPAK-401、電池はGoProの純正バッテリーを使用



  • 現地ホテルで、本番に備えてハウジングに収める6台のカメラをマウント中



  • 高度約30,000mの上空で、気圧差により膨れ上がり破裂するよう計算してヘリウムガスを注入し、それに耐えうるバルーンを選択した。破裂後に降下すると、パラシュートが開く設計となっている

次ページ:
Topic 2 NUKE+CARA VR

特集