>   >  ワークフローの自動化でコストと人為的ミスを削減―デジタル・メディア・ラボによるSHOTGUN活用事例 ~GTMF 2018レポート(2)~
ワークフローの自動化でコストと人為的ミスを削減―デジタル・メディア・ラボによるSHOTGUN活用事例 ~GTMF 2018レポート(2)~

ワークフローの自動化でコストと人為的ミスを削減―デジタル・メディア・ラボによるSHOTGUN活用事例 ~GTMF 2018レポート(2)~

7月13日(金)、アプリケーションやゲームの開発・運営に関わるソリューションが一堂に会するイベント「GTMF(Game Tools & Middleware Forum) 2018 TOKYO」が秋葉原UDXギャラリーで行われた。本記事では、「DMLにおけるShotgunの活用法」と題して、株式会社デジタル・メディア・ラボ(以下DML)の3名によるSHOTGUNの使用方法が解説されたセッションをレポートする。

TEXT&PHOTO_神山大輝 / Daiki Kamiyama(NINE GATES STUDIO
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)

<1>DMLにおけるSHOTGUNレビューフロー

まずは東京映像制作部・プロデューサーの吉田 学氏が登壇し、DMLの会社概要が紹介された。吉田氏はCGデザイナーを経てプロダクションコーディネーターとして同社に入社し、現在はクリエイティブプロデューサーとして数多くの案件のプロデュースに携わっている。DMLが年間にこなす案件の数は400件にもおよび、それらはプリレンダリングシネマティック、リアルタイムカットシーン、アセット制作、遊技機向け映像、VRコンテンツ、プラネタリウムなど多岐にわたっているため、必然的にワークフローの整備は必須事項となる。

吉田 学氏(東京映像制作部・プロデューサー)

SHOTGUNはAutodeskが開発するコミュニケーション・プロジェクト進捗管理ツールで、同社でもともと使用していたExcelやGoogleスプレッドシートに近いUIのため、スムーズに移行できたという。「SHOTGUNの導入でセクション同士の受け渡しの自動化・効率化が図られ、モデルデータやモーションデータの受け渡しが楽になりました。DMLは映像制作会社ですが、他業種の皆さまも各々の業務に置き換えてイメージしてほしい」(吉田氏)。

山田賢一氏(SPS映像制作部・テクニカルアーティスト)

続いて同社テクニカルアーティスト 山田賢一氏が登壇し、レビューのワークフローが解説された。DMLではSHOTGUNを基にアーティストへ業務を振り分け、その後チェックが行われている。チェックのフローにおいてSHOTGUNのレビュー機能は優秀で、ディレクターが動画に直接赤ペンを入れてフィードバックを返すことも可能な他、併せてPlaylistとReview Notesを活用したところ「アーティストはやりとりの円滑化、ディレクターはチェックすべきタスクの明確化、プロダクションコーディネーターは進捗状況の把握、クライアントへの提出漏れの防止などのメリットがありました」(山田氏)と説明する。

レビューの全体のながれは上画像の通りで、黄色がアーティスト、緑がディレクター、赤が制作進行のフェーズとなっている。アーティスト→ディレクター→制作進行→クライアント、およびその逆順で行われるフィードバックのサイクルを、PlaylistとReview Notesを用いてくり返している。また、遊技機などの大型案件の場合は、1人のディレクターが複数のラインやアーティストを担当したり、各ラインに統括するディレクターやプロジェクトリーダーが配置されるなど、フローや各々のタスクが煩雑になる。さらに情報を集約する必要がある場合、フロー内に別のPlaylistを追加して対応することで、ディレクターはINBOX通知の内容を確認するだけでチェックが可能となる。

現在DMLでは、クライアント側からPlaylistにアクセスしてレビューを行えるSHOTGUNの機能「Client Review Site」を積極的に導入しているとのこと。「クライアント側はライセンス不要(無料)なので、協議のもとで活用できると思います。いろいろなExcelや表を見なくても、SHOTGUNだけで全て一括管理できるのが良いところかなと」(山田氏)。

また、「SHOTGUNのトップページを通常のOverviewからProject Detailsに変更する」という活用事例では、様々なアイテムをカスタムで配置し、それらの情報を1ページで俯瞰的に確認することができるポータルサイト的な使い方が提案された。必要な情報のみが絞り込まれたディレクター向けのカスタムページも設けており、こちらでは自分が関わるアーティストのチェック動画など、特定のプレイリストに登録されているものだけを確認しているとのこと。

レビューのワークフローの総括では、メリットとして、PlaylistとReview Notesを合わせることで、従来のチェック方法に比べ前段階の状況の確認や比較が容易なことが挙げられた。「ディレクターのコストは半分くらいに減っているのではないか」(山田氏)。また、ディレクターとクライアントそれぞれにPlaylistを用意し、チェックの進行具合を一覧で確認するというフローでは「クライアント提出用のPlaylistとしてまとめているため、データは一括でダウンロード可能です。Client Review Siteが導入されていない場合は、APIを使って自動でFTPにアップするかたちになっています。アップロードコストは90%ほど削減できています」と説明した。

次ページ:
<2>SHOTGUN APIによる機能拡張

特集