>   >  Blenderによるマッチムーブのススメ
Blenderによるマッチムーブのススメ

Blenderによるマッチムーブのススメ

無料で使えるオープンソースの3DCGソフトで、ライト層から第一線のアーティストまで幅広いユーザーに愛されているBlender。本誌vol.239でのBlender特集に続き、本記事ではメインのトラッキングソフトとしてBlenderを愛用する是松尚貴(@kurono73)氏が、その生産性の高さを紹介する。

※本記事は月刊『CGWORLD + digital video』vol. 242(2018年10月号)掲載の「Blenderによるマッチムーブのススメ」を再編集したものです。

TEXT_是松尚貴 / Naoki Korematsu(@kurono73
EDIT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)

映像や作業内容に合わせ、適切なソフトを選択する

筆者はコンポジターとしても活動していますが、2017年はマッチムーブに専業し、映画8案件を含む30以上の案件でBlenderをメインのトラッキングソフトとして使用しました。中には約100カットを担当した案件もありましたが、Blenderの生産性の高さに助けられ、良い結果を出せたと感じています。本記事ではマッチムーブとBlenderについて、様々な切り口から解説していきます。

  • 是松尚貴(@kurono73)
    フリーランスのコンポジター・マッチムーバー。筆者が運営するブログCGcompoでは、3D、コンポジット、マッチムーブ、カメラ、撮影について、いろいろ書いております。


まずは筆者の使用ソフト遍歴をお話しましょう。筆者は専門学校に入る以前、バージョン2.43あたりからBlenderを使っていました。マッチムーブの勉強を始めたのは専門学校入学後の2009年頃で、最初は無料のVoodoo Camera Trackerを使い、その後、SynthEyesを学校に導入してもらいました。卒業後はフリーランスとして東映アニメーションの実写作品を主に担当し、boujouとSynthEyesを併用しました。Blenderには2011年リリースの2.61で初めてトラッキング機能が搭載されましたが、まだまだ業務に使える性能ではありませんでした。その後2013年リリースの2.68あたりで必要な機能が揃ってきたため、少しずつ検証を重ね、業務でも使い始めました。

現在の自宅におけるマッチムーブ関連の使用ソフトはBlender、SynthEyes、Mocha Proで、Blenderは3D作業にも使っています。素材の確認や変換には、Natron、After Effects(CS5)なども使います。難易度の高いカットでは経験に基づくテクニックが重要になりますが、映像や作業内容に合わせた適切なソフトを選択することも重要です。マッチムーブは前後の工程から切り離しやすいため、ソフトを柔軟に使い分けることで、最良の結果に近付けることができます。なお、最近は友人と共にテクスチャスキャン、3Dスキャンの研究・サービスも始めています。フォトグラメトリーと3Dトラッキングは同様の技術に由来するため、マッチムーブの経験が役立っています。

地味な作業ではあるものの、自然なCG合成に不可欠

実写映像とCGを合成する場合には、実写映像のカメラの動きや、実写映像内の被写体の動きをCG上で再現する必要があります。そこで必要になる作業が、映像のトラッキングによるマッチムーブです。地味で、基本的にテクニカル寄りの作業ではありますが、マッチムーブをしなければ自然な合成ができません。そのため、多くの実写映像作品で必要とされる重要な作業のひとつです。国外では前後工程から分業される場合が多いですが、国内では3Dアーティストが兼務することが多いと思います。最近では、AR技術などを取り入れ、リアルタイムにマッチムーブを行う撮影システムもでてきました。ひとくちにトラッキングと言っても様々な種類があるため、2Dと3Dに分けて、代表的なものをご紹介します。

2Dトラッキング

2Dポイントトラッキングは、2Dトラッカー1点で移動、2点で移動・回転・スケール、4点でコーナーピン情報を取得できます。実写素材同士の合成や、視差ズレの気にならない背景合成などでは、2Dポイントトラッキングが多用されます。後述する3Dトラッキングの場合は、複数の2Dトラッカーを基にカメラやオブジェクト情報が計算されます。平面(プラナー)トラッキングも2Dトラッキングの一種で、平面を使ってトラッキングを行います。この方法だと移動・回転・スケール・パース変形などの情報を取得でき、TVやパソコンの画面合成、看板の差し替えなど、4点での2Dポイントトラッキングよりも柔軟性の高いトラッキングができます。平面トラッキングに特化した有名ソフトにMochaがあります。

3Dトラッキング

カメラトラッキングは、カメラが動くショットに3D素材を合成する場合や、カメラの動きが大きく2Dトラッキングでは対応できない場合に用いられます。カメラの動きは計算方法のちがいにより、カメラ位置が移動するものと、三脚に固定されたカメラが視差のない回転(パンやティルト)をするものに大別できます。オブジェクトトラッキングは、クルマや人物の頭部などの動くオブジェクトを差し替えたり合成したりする場合に用いられます。多くの場合、マーカーなどを付けたガイドオブジェクトを撮影しておき、そのマーカーをトラッキングします。アニメーターが担当することの多いロトアニメーションもマッチムーブのひとつです。映像内の被写体の動きに合わせて、3Dモデルに手付けでアニメーションを付けていきます。

トラッキングソフト選択ガイド

▲CGcompo掲載記事「どれがいい?トラッキング・ロトソフト比較」で紹介しているソフトの中から国内で主流となっている6本を選出し、その特徴を新規導入者目線で簡潔にまとめました。そのため、国外では有名ですが国内需要には向かない3DEqualizerや、現役で使用しているスタジオも多いものの開発休止中のboujouは外しました。また、誌面に入りきらなかったためCinema 4Dは割愛しました


▲Mochaによる平面トラッキングの様子。Mochaは平面トラッキングに特化したソフトです。BlenderにはMochaBlendという有料のAddonがあり、これを使うことで、Mochaでトラッキングしたポイントを2Dトラッカーとしてインポートできます。このやり方は、特徴点の少ない映像のトラッキングポイントを補完したい場合に有効です

次ページ:
マッチムーブのながれと、
各工程での注意点

特集