>   >  体験者、そして空間自体も巻き込む"パフォーマンス"を目指す~インタラクティブアート『I am ☆ Star with Drum ☆ Star』
体験者、そして空間自体も巻き込む"パフォーマンス"を目指す~インタラクティブアート『I am ☆ Star with Drum ☆ Star』

体験者、そして空間自体も巻き込む"パフォーマンス"を目指す~インタラクティブアート『I am ☆ Star with Drum ☆ Star』

アートと聞くと、敷居が高いと感じてしまう読者もいるのではないだろうか? 学生時代に誰もが経験したであろう「ホウキギター」という普遍的な遊びに、プロのデジタルアーティストが本気で取り組んだ作品が今、多くのイベントで共感をあつめている。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 242(2018年10月号)からの転載となります。

TEXT_神山大輝(NINE GATES STUDIO
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

インタラクティブアート『 I am ☆ Star with Drum ☆ Star』
© TETSUJIN - AUDIO VISUAL

「いくつになっても夢を見ていいんだ!」どストレートな想いが多くの人を魅了した

髙橋哲人氏とモシ村マイコ氏によるオーディオビジュアル アートユニット「TETSUJIN - AUDIO VISUAL」(以下、TETSUJIN)が制作した誰もがロックスターになれる音と光のホウキギター『I am ☆ Star』(アイ・アム・ア・スター)。本作は電子回路が組み込まれたホウキ型のコントローラを操作することで、映像照明と共に実際のギターサウンドが鳴り響くという作品。初出は福岡で行われた「遊べる!デジタルアート展 2017」で、誰もが経験のあるホウキギターというアイデアと、そのパフォーマンスが評価され、「2017 アジアデジタルアート大賞展 FUKUOKA」インタラクティブアート部門優秀賞をはじめ複数の賞を獲得してきた。

  • 右から、
    髙橋哲人
    映像制作会社勤務後、独立しTETSUJIN - AUDIO VISUALを始める。自分の生き様や社会への問題提起を自身の共感覚を使い、音楽・映像・プログラミングによってオーディオビジュアル作品を制作する。その他コンサートやショーの映像・照明・キネティック演出を行う。
    モシ村マイコ
    大学卒後、TETSUJIN - AUDIO VISUALに参加。愛と毒を漫画・イラストで表現。 制作では人の存在、姿の意味を研究。

髙橋氏は多摩美術大学を卒業後に映像制作会社でキャリアを積んだ後、2006年に独立。プリレンダーによる映像制作業務はコンサートの演出など音楽に関連した作品も多く、映像と音楽の結びつきを一貫して追求し続けてきたという。「もともと、プリレンダー主体のフォトリアルなCG表現よりも、音と映像を一緒に演奏するライブパフォーマンスへの関心が強いのですが、プロとしてキャリアを重ねていく中で自分が本当にやりたかったこととの乖離を感じるようになって精神的に病んでいた時期もありました。あるとき、"どうせ一度しかない人生なんだから、好きなことをやらなければ"という想いが芽生え、やがて『I am ☆ Star』にたどりつきました」(髙橋氏)。追い込まれた男が開き直ることで新たな道を見出した。その過程では、8年来のパートナーであるモシ村氏のサポートも大きかったはずだ。

  • TETSUJIN - AUDIO VISUAL
    高橋哲人とモシ村マイコによるオーディオビジュアルアートユニット。音楽と映像と身体性を軸に、社会の中で人と人の関係が変化する作品を制作。作品ごとに作られた楽器のようなインターフェイスを設計し、観客がそれを使って作品に参加すると音と映像によって空間に変化が生まれる。生きることや人と人とのつながりを考え、社会をアップデートしていけるような作品を目指している。
    tetsujin-audiovisual.com

ホウキギターたちが目指す未来とは

髙橋氏が思い悩んでいたとき、ふと脳裏をよぎったのは中学生の頃に抱いていたロックスターへの憧れと、ホウキギターをした記憶。大学時代、DJやVJとして精力的に活動し、美大生ながらプログラミングも行なっていた髙橋氏は、師弟関係にあったモシ村氏と2013年よりユニット活動を開始し、かつての夢をインタラクティブアートというかたちで表現し始めた。「これまでの作品は、ああしよう、こうしようとコンセプトを熟慮したものが多かったんです。それに対して『Iam ☆ Star』シリーズは、自分の欲求から生まれたもので、まさに"自分をさらけ出した"アートパフォーマンスです」(髙橋氏)。また、モシ村氏との作業スタイルにも変化があったという。「これまでは、どちらか一方が主導するのが基本でしたが、この作品からは一緒に考えながら本当の意味での共同制作を実践できていると思います」(モシ村氏)。

現在は、10月31日から11月4日まで開催される「スマートイルミネーション横浜2018」に向け、バンド形態となる新作『Star ☆ Jam Street ~ 清掃楽器音楽夢想 ~』のために"清掃楽器"を増やしている段階であり、8月4日・5日に東京ビッグサイトで開催された「Maker Faire Tokyo 2018」で披露したモップを振って演奏する『Drum ☆ Star』はその布石だという。「大学の頃にジャズ研でトランペットを吹いていて、誰かと一緒に演奏するのが好きでした。この作品がセッションのようなかたちで広がりをみせているのは、すごく自然なことですね」(モシ村氏)。『I am ☆ Star』が個人の夢、自分と向き合う作品だとすれば、『Star ☆ Jam Street』は"知らない人同士が演奏を通して繋がり、広がっていく"――掃除用具が転がっている街角の一角がステージに変わっていくというコンセプトに基づいて制作が進められている。

「人間はひとりで生きているのではない。他者へのリスペクトがあることで社会が成立する。それは音楽やバンドも同じ。誰かをリスペクトすることの大切さを、自分たちの作品を通じて伝えられたら嬉しいです」(髙橋氏)。ホウキギターは、「個」から「仲間」に。これからも進化を続けていく。

次ページ:
リアリティと機能性を両立させる

特集