>   >  サンジゲンのシステム構築と研究開発「3DCGアニメ制作会社を正常稼働させる事と、将来への布石」~あにつく 2018レポート(2)
サンジゲンのシステム構築と研究開発「3DCGアニメ制作会社を正常稼働させる事と、将来への布石」~あにつく 2018レポート(2)

サンジゲンのシステム構築と研究開発「3DCGアニメ制作会社を正常稼働させる事と、将来への布石」~あにつく 2018レポート(2)

2018年9月24日(月・祝)、秋葉原のUDX GALLERY NEXTにて、アニメ制作技術に関する総合イベント「あにつく 2018」が開催された。この講座では「3DCGアニメ制作会社を正常稼働させることと、将来への布石」と題し、サンジゲン・制作部部長の瓶子修一氏と、システム・開発部部長の金田剛久氏が登壇し、デジタルインフラ整備やシステム開発、そして新たな映像研究について語った。

関連記事
TVアニメ『重神機パンドーラ』にみる河森流メカデザイン術「サテライト×unknownCASE 河森メカアニメの作り方」~あにつく 2018レポート(1)

TEXT&PHOTO_日詰明嘉 / Akiyoshi Hizume
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

<1>事業規模の拡大に沿ったインフラの整備

サンジゲンは3D・2Dともフルデジタルの制作体制で、東京・名古屋・京都・福岡の4箇所にスタジオがあり、各スタジオをVPN接続(2重回線)で繋いでいる。サンジゲンでは東京以外のサテライトスタジオでも同一作品の制作に携わっているため、膨大なデータが回線を常に行き来する。


左から瓶子修一氏(サンジゲン・制作部部長)、金田剛久氏(システム・開発部部長)

東京スタジオのレンダーファームにはHP Z2x0シリーズのワークステーションを導入し、3DCG用に100台、コンポジット用に20台と分散して1枚ごとに画をつくっている。3DCGアーティスト用PCも同じくHP製Z2x0シリーズで、グラフィックスボードはQuadroのミドル・ローレンジモデルを使用しているとのこと。


サンジゲンは2006年に数名で起業し、2011年に現在の本社に移転、2018年には180名の規模に達した。事業規模の変遷と、拡大に合わせてインフラをどのように増強していったかについて、図を基に説明が行われた。


金田氏が入社した2010年当時は民生用のNAS(4TB)を使用していたため、大人数でアクセスすると重くなるという状況だった。そこでWindowsのストレージサーバ(8TB)を導入。現在はHP 3parのハイエンドストレージ(40TB)+コンポジット用55TB、LTOのバックアップを使っている。ここまでの間に、納品形態が720pixelから1,080pixelへ変更されたこと、サンジゲンがグロス請けからTVシリーズ元請けになったこと、劇場版『009 RE:CYBORG』(2012)を制作したことがあり、ストレージを増強している。

サンジゲンではフル3Dで制作しつつも、2D作画アニメのようなルックでみせるため、秒間24コマでレンダリングした後、After Effects上でタイムリマップによるコマ抜きをし、秒間8コマ~12コマで表示している。つまり、視聴者の目に触れずに捨てられるデータがストレージ上に残っているという。またアーカイブについては、これまではLTOから書き戻すシステムでいたが、過去のアセットを流用することが頻繁になり、効率的ではないという判断から、2018年春に富士フイルムのアーカイブサービス「dternity」の導入にいたったという。


次ページ:
<2>無駄な工程を省いた独自の業務管理システム

特集