>   >  劇場アニメーション長編『ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵』
劇場アニメーション長編『ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵』

劇場アニメーション長編『ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵』

今なお連載が続く本格ダークファンタジー『ベルセルク』が満を持してスクリーンに登場する。まずは、2012 年2月4日(土)に全国ロードショーとなる第1部『覇王の卵』を皮切りに、黄金時代篇が3部作として順次公開される予定だ。アニメーション制作は、数多の傑作を生み出してきた STUDIO4℃。卓越した作画で海外でも名高い STUDIO4℃ だが、本作では満を持して 3DCG をフル活用した新境地に挑んでいる。

3DCG を武器に日本アニメの次元を超える

原作ファンならお分かりだと思うが、『ベルセルク』のアニメ化は「当初から『ロード・オブ・ザ・リング』を作るようなものだと確信していた」と、窪岡俊之監督は振り返る。「大量の兵士や馬、モンスターを描くためには 3DCG が不可欠。剣術のような特殊な動きも作画には不向きのため、モーションキャプチャを利用することで説得力のある画づくりが行えるのではと考えました」

鎧のような規則性のあるデザインを大量に描く上でも 3DCG の方が有利であったと言えよう。

そこで本プロジェクトでは、キャラクターの顔を作画で描き、3DCG キャラクターと合成する"ハイブリッド"と呼ばれる技法が生み出された。プリプロでは、作画のキャラに対して CG の鎧を部分的に貼り付けるなど、作画と CG のあらゆる組み合わせを模索したという。

「顔だけでなく髪の毛やマントの靡きも作画のように動かすのは難しいため、作画との連携が欠かせません。遠景カットなどでは髪の毛やマントも CG で完成させることもありますが、そうした場合はシミュレーションではなく、基本的な動きをジョイントで作成しデフォーマで揺らぎを表現しています」と草木孝幸 CGI ディレクターは語る。

『ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵』 『ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵』

© 三浦建太郎( スタジオ我画)・白泉社/BERSERK FILM PARTNERS

来年中に3部作で公開予定の『黄金時代篇』は総尺5時間近くに及ぶ超大作、1作目の『覇王の卵』は約 80 分だが、総カット数は 1,114 カットに達し、約5割に何らかの形で 3DCG が介在しているという。この物量を限られた条件の下でハイクオリティに仕上げる上では、STUDIO4℃ の CGI 班が培ってきた画づくりのノウハウがフル活用された。

「首や腕を斬られる兵士は、数種のプリセットモデルを使い回しています。必要以上にモデルを作成せずにカメラのアングルや動き、血飛沫の飛び方などに変化を加えることで、バリエーションを増やしました」(草木氏)。

作画の血飛沫も試したそうだが、3DCG に対して極端に誇張されてしまうため別の表現を模索。3D のパーティクルを用いたカットもあるが高負荷のため、主には実写素材を使い制作コストを下げている。同様にキャラクター・アニメーションについても、コストパフォーマンスの高さで知られる OptiTrack を導入し、事前にキャプチャの検証をすることで効率化に繋げたそうだ。

それでも STUDIO4℃ にとって、ここまでヘビーな作品は初めてであり、制作工程については今なお試行錯誤を続けているという。

「作画の場合はレイアウトの段階で演技プランを原画マンに伝え、上がってきた原画に作監が修正を入れ、動画に渡すといった作業フローが確立されています。しかし CG では、最初から動画でチェックを行うので、どこが原画なのか分かりづらく、修正指示も出しづらいんですよね。そこで"3D 原画"を作ろうということになりました」(窪岡監督)。

これは"ブロッキングアニメーション"というピクサー等で用いられている動画を作成する前にキーポーズだけで動きやタイミングを確認する手法。アニメーションの流れが把握しやすいため、修正も効率的と言われているが、
「『覇王の卵』では本格採用には至りませんでした。作画も関わるためチェック工程が増えてしまう等、まだまだ改善の余地があるのです。"ハイブリッド"に適した作業フローをさらに模索していきたいですね」(草木氏)。

独自の技法の下、観客を魅了し続けてきた STUDIO4℃、本作も要注目だ。

『ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵』 『ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵』

© 三浦建太郎( スタジオ我画)・白泉社/BERSERK FILM PARTNERS


窪岡俊之監督、草木孝幸 CGI ディレクター(STUDIO4℃)

Staff

左から、窪岡俊之監督、草木孝幸 CGI ディレクター(STUDIO4℃)

Information

映画『ベルセルク 黄金時代篇Ⅰ 覇王の卵』
2012 年2月4日(土)新宿バルト9他全国ロードショー
監督:窪岡俊之
CGI 監督:草木孝幸、廣田裕介
CGI 監修:斉藤亜規子
アニメーション制作:STUDIO4℃
配給:ワーナー・ブラザース映画
www.berserkfilm.com
© 三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/BERSERK FILM PARTNERS

特集