>   >  Autodesk 3ds Max 対応GPU レンダラ一挙レビュー
Autodesk 3ds Max 対応<br />GPU レンダラ一挙レビュー

Autodesk 3ds Max 対応
GPU レンダラ一挙レビュー

[PR]

3ds Max 用のGPUレンダラを徹底検証。QuicksilverirayV-Ray RT 2.0 の3種を、デジタル・アーティストの視点から、実践に基づき検証を行なった

検証1:Quicksilver ハードウェアレンダラ

Quicksilver3ds Max 2011 から搭載された、ハードウェアレンダラだ。 3ds Max 2012 からは Nitrous ビューポート の設定にあるノンフォトリアリスティックと動揺の設定が可能になり、表現の幅が広がっている。
実際に使ってみると、シェーダのコンパイルに少々時間がかかるものの、一度レンダリングしてしまえば、2枚目以降は非常に高速。レンダリング結果に関しては、Nitrous ビューポートの再現性が高く、ビューポートに表示されたものに、そのままアンチエイリアスが掛かって出力されるような印象だ。
ただし後述の2製品に比べると、表現可能なマテリアルやマップの制限が大きそうなので、基本的には 拡散反射+バンプ+環境反射マップ 程度の使用にしておいた方がシェーダのコンパイルも短時間で済むだろう。

ビューポートとレンダリング結果の比較

Nitrousビューポート と QuickSilver の組み合わせ。ビューポートとレンダリング結果がほぼ同じルックで作業できる

QuickSilver の設定画面

QuickSilver の設定画面。Nitrous ビューポートと同じようにビジュアルスタイルが選択可能。ライト、シャドウ、反射などの設定項目は任意にON/OFFの切り替えができるが、細かいコントロールは難しい

検証2:iray レンダラ

3ds MAX 2012 より標準搭載された mental images社 の新しいレンダラが、この iray 。光学的に正確なレイトレースを高速で行えるのが強みだ。
従来の mental ray と完全に同じ機能を持っているわけではないのだが、この iray は設定が非常に簡単。デフォルトで設定できる項目が [レンダリング時間]、[反復数(パス数)]、[制限なし(反復制限なし)] のみというシンプルさだ。
レイの反復制限なしを選択した場合は、適当にレンダリングしておいて、必要な画質になった時点で止めることもできる。ただし、mental ray の設定項目を全て利用できるわけでなく、特にマテリアルでは一部表現不可能なものがあるので、注意が必要だ。

iray と mental ray の画質比較

mental ray 用にセッティングされていたシーン(右)をそのまま iray でレンダリングしてみた(左)。ハイライトやシャドウの出方が異なるが、レンダラの設定は何も行なっていない

irayの設定項目

iray の設定項目。デフォルトでは赤で囲んだ部分しか表示されていない。拡張パラメータについても特に変更しなければならない部分はなく、レンダラを iray にするだけと、いたってシンプル

マテリアルの設定

使用可能なマテリアルは、マテリアルエディタで確認できる。スロットに表示されれば使用可能と考えてよい。使用不可能なマテリアルはレンダリング出来ないので、黒く表示されるはずだ

特集