>   >  東映デジタルセンター ツークン研究所 プリビズ& バーチャルカメラ体験デモ
東映デジタルセンター ツークン研究所 プリビズ& バーチャルカメラ体験デモ

東映デジタルセンター ツークン研究所 プリビズ& バーチャルカメラ体験デモ

[PR]

 ツークン研究所は、東映グループの映像ポストプロダクション(以下:ポスプロ)事業を集約する東映デジタルセンターの一部門として、2010 年に開設された。4月某日、同研究所が開発したプリビジュアライゼーション(以下:プリビズ)とバーチャルカメラシステムの体験デモが本誌向けに行われた。今回の体験デモは、今後も定期的に開催する予定となっている。参加を検討したい読者のために、その内容をご紹介する。

プリビズ未体験の人に、その有効性を体感して欲しい

スナップ1

 "Zukun(ツークン)" とは「未来」を意味するドイツ語" zukunft " から付けられた造語だ。同研究所は、これまでに仮面ライダーシリーズや、海賊戦隊ゴーカイジャー(ともに劇場用)などのモーションキャプチャや VFX を手がけてきた。 映画『はやぶさ 遥かなる帰還』( 2012 )では、ポスプロだけでなく、バーチャルカメラを駆使したプリビズも担当し、制作の効率化に大きく貢献してきた。
 今回の体験デモは、プリビズの予備知識がない人にも、その有効性が明確に伝わることを意識して企画したそうだ。「バーチャルカメラでの撮影や、プリビズ制作の一部を体験することで、その効果や導入方法を具体的に知っていただきたいと考えています」と、プロデューサーの村社幸司氏は語る。
 村社氏は、同研究所でのプリビズ導入事例や、ハリウッドの最新事例を紹介しながら、従来の絵コンテとプリビズの違いや、プリビズのメリット、制作フローなどを説明してくれた。プリビズとは、実写撮影や 3DCG 、VFX の実制作に入る前段階で、絵コンテをもとに仮素材を使って制作される映像だ。スタッフやスポンサー間の最終イメージの共有、制作コストの明確化、撮影前のシミュレーション、複雑な CG 合成の設計などに大きな効果を発揮する。
 ハリウッドでは『Star Wars Episode III 』( 2005 )の制作においてプリビズが本格的に導入され、クオリティアップと効率化に効果を発揮したことで注目を集めた。その後、多くのプロダクションがプリビズの費用対効果と重要性を認識し、次々と導入を決定した。現在では、映画はもちろん、ゲーム、CM、テレビドラマなど、多様な制作現場にプリビズが導入されている。
 「日本の映画やゲーム制作でも、徐々にプリビズが導入されています。『はやぶさ 遥かなる帰還』では、実写のカメラマンがバーチャルカメラを使うことで、監督のイメージ通りのプリビズを実現しました」と、CG ディレクターの興村暁人氏は語る。 スナップ1

 映画『はやぶさ 遥かなる帰還』におけるバーチャルカメラ活用シーン。実写の撮影監督やカメラマンが撮影することで、監督のイメージに近い絵作りが可能となった。リアルタイムに撮影結果を確認できるため、スタッフ全員が納得いくまで検証を繰り返し、完成度を高めることができる。(セミナームービーより抜粋。)

スナップ1

 映画『はやぶさ 遙かなる帰還』の制作では、同作の実写撮影を担当したカメラマンの坂本氏がバーチャルカメラを操作した。カメラワークとレンズワークを熟知した坂本氏によって撮影されたプリビズは、プロダクション工程の効率化やクオリティアップに大きく貢献したそうだ。

特集