MENU

HDRに対応した27型制作用モニターを2機種発売(EIZO株式会社)

EIZO株式会社は、HDR映像の制作に適した27型のカラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge CG2700X」、「ColorEdge CG2700S」を、2022年春以降に発売する。価格はオープン価格。

■製品概要

ColorEdge CG2700Xは、4K UHD(3840×2160)解像度、ColorEdge CG2700Sは、WQHD(2560×1440)解像度をもつ。両機種はColorEdge CG279XおよびColorEdge CG2730-Zの後継機種で、プロフォトやデザイン、印刷から3DCG、映像制作まで、あらゆるクリエイティブワークに適している。現行機種からの進化ポイントとして、ノートPCとUSB Type-Cで接続することで、画面表示、USB信号の伝送のみならず、PCへの90W以上の給電、有線LAN接続を実現。MacBook ProなどのハイエンドノートPCでの制作時も、モニターをドッキングステーション代わりに利用でき、クリエイターの利便性を大幅に向上させた。また、映像制作向けの機能を強化しており、現行機種を超える高輝度・高コントラスト比を実現。制作用のHDR表示に対応し、映画や放送の国際規格に準じる専用カラーモードも標準搭載することで、幅広いコンテンツの編集・プレビューを可能にした。

その他、筐体や遮光フードのデザインを一新。筐体の背面にはパンチングメタルを採用し、意匠で放熱の効率化を実現している。クリエイターに求められる正確な色表示を実現する各種性能は、現行機種を踏襲している。キャリブレーションセンサーを筐体に内蔵することで色管理を自動化。広色域表示や滑らかな階調表現を実現し、画面の表示ムラ補正機能などを搭載している。

■進化のポイント

・ケーブル1本の接続で、モニターをドッキングステーションのように活用
・映像制作における4Kプレビューのニーズに対応(CG2700Xのみ)
・Hybrid Log Gamma方式とPQ方式、両方のHDR特有のガンマ(EOTF)に対応
・広色域表示かつDCI-P3、BT.2020を含む映像制作専用カラーモードを搭載
・映像制作専用機能:カラー設定が自動で切替わる「Sync Signal機能」を搭載
・映像制作専用機能:「ニアレストネイバー方式」の補間方式に対応(CG2700Xのみ)
・映像制作専用機能:「DCI 4K クロッピング機能」(CG2700Xのみ)
・新デザイン採用:筐体の背面にパンチングメタルを採用し、ファンレス設計を実現

スペシャルコンテンツ

VIEW MORE
  • 週間ランキング
  • 月間ランキング

新着求人

VIEW MORE
VIEW MORE

関連サイト

  • CGWORLD ONLINE TUTORIALS
  • CGWORLD SHOP
  • SCULPTOPSLABO
  • Born Digital,Inc.
  • 3dtotal.jp
  • 週間ランキング
  • 月間ランキング

スペシャルコンテンツ

    VIEW MORE