MENU

ソニーPCL、常設のバーチャルプロダクションスタジオを含むクリエイティブ拠点「清澄白河BASE」を開設

ソニーピーシーエル株式会社は、先端技術による新たな表現手法や体験を生み出し発信する場として、「清澄白河BASE」(住所:東京都江東区石島2番14号)を2022年2月1日よりオープンする。
詳細はこちら

■「清澄白河BASE」について

「清澄白河BASE」は、ソニーのCrystal LED Bシリーズを使用した国内初(※)となる常設のバーチャルプロダクションスタジオをはじめ、先端技術を活用した制作機能を備えるソニーPCLの新たなクリエイティブ拠点。CM、映画、ドラマ、ミュージックビデオからオンラインイベントまで幅広いジャンルの映像コンテンツ制作をはじめ、高精細映像のニーズが高い企業のデザイン部門やマーケティング部門などのエンタープライズ領域向けのコンテンツ制作にも取り組むとともに、ソニーグループ株式会社やソニー株式会社、ソニーイノベーションスタジオ(米国)との連携を通じてバーチャルプロダクションによる制作ソリューションの拡充も進めていく。ソニーPCLがもつ様々な映像制作のノウハウや技術を活用した表現手法と制作ワークフローの提供および研究開発を通じて、映像制作者やクリエイターの思いを形にするためのクリエイティブワークを実現していく。
※2022年1月24日現在、ソニーのCrystal LEDを導入した国内のバーチャルプロダクションとして

「清澄白河BASE」概要
■ソニーが開発した高画質LEDディスプレイ、Crystal LED Bシリーズを導入
解像度9,600×3,456ピクセル(横15.2m×高さ5.4m)のCrystal LED Bシリーズ(LED画素ピッチ1.58ミリ)を曲面状に配置し、高精細な映像を高輝度・広色域・高コントラストでバーチャルプロダクションに最適な画像をリアルに描き出す。照明の反射を抑える低反射コーティングと広い視野角は、自由なカメラワークでの撮影を可能にする
■ソニーのCineAltaカメラ『VENICE』を装備
高解像・広色域に対応し、幅広い輝度条件下で豊かな階調表現が可能なデジタルシネマカメラ「VENICE」を設置している。Crystal LEDとの組み合わせは、色再現や階調表現における親和性が高く、編集作業の軽減とクオリティの高い映像制作を実現
■スタジオ天井に解像度1,008×1,008ピクセル(横7m×高さ7m)のLEDパネルを設置し、環境光として自然でリアルな被写体への映り込み表現を実現
■床面積約760㎡の車両撮影に対応したスタジオ環境
自走式駐車場からスタジオへの乗り入れが可能だ
■ソニーPCLの各制作拠点との連携による人材・制作環境の拡張や新しいワークフローの提案・提供が可能
■控室、シャワールーム、ミーティングルームなどのユーティリティスペースを設置

スペシャルコンテンツ

VIEW MORE
  • 週間ランキング
  • 月間ランキング

新着求人

VIEW MORE
VIEW MORE

関連サイト

  • CGWORLD ONLINE TUTORIALS
  • CGWORLD SHOP
  • SCULPTOPSLABO
  • Born Digital,Inc.
  • 3dtotal.jp
  • 週間ランキング
  • 月間ランキング

スペシャルコンテンツ

    VIEW MORE