MENU

アドビ、角川ドワンゴ学園が開発したデジタルクリエイティブツール学習教材を一般公開

アドビ株式会社は、学校法人 角川ドワンゴ学園とのパートナーシップにより、同学園が開発したAdobe Creative Cloudについて学び、活用するためのデジタルクリエイティブ教材を一般公開した。本教材は主に学校での活用を意図したもので、誰でも利用できる。
詳細はこちら

■実施の経緯

GIGAスクール構想による一人一台端末環境の実現、プログラミング教育の必修化、探究学習科目の設置など、新しい多様な学びと教育におけるデジタル活用の推進が教育現場において重要な課題となっており、その学びをサポートする学習教材が求められている。角川ドワンゴ学園N/S高、N中等部では、グラフィックデザインや動画編集、ウェブデザインなどのクリエイティブツール群であるAdobe Creative Cloudを活用した授業がすでに取り入れられている。同学園に在学中の生徒は、学校が割り当てるユーザー指定ライセンスを活用してアドビのアプリケーションを無料で利用することができ、 授業における提出物の制作や、個人の創作活動などで幅広く活用している。そして、学校教育におけるデジタルクリエイティブリテラシー向上にさらに貢献することを目指し、アドビは戦略的パートナーとして角川ドワンゴ学園の教材・カリキュラム研究開発を支援している。アドビは、中学・高校段階の生徒のデジタルリテラシー向上に資する良質な教育コンテンツの普及を目的に、同学園と協力し、生徒が自らアドビのアプリケーションの使い方を学べる教材、およびアドビのアプリケーションを使ったプロジェクト型学習の教材を公開することになった。
公開する教材は以下4点(タイトルや内容の詳細は変更になる場合がある)
1)Google WS+Illustratorで、生徒が自学自習できる授業 -イラストレーター入門編- (2月21日公開)
2) Google WS+Photoshopで、生徒が自学自習できる授業 -フォトショップ入門編- (2月21日公開)
3)推しメシプロジェクト -Photoshopで「食べたくなる」をデザインする- (3月公開予定)
4)プロモ動画制作プロジェクト -Premiere Rushで15秒動画を制作する- (3月公開予定)

このうち、1および2は、各アプリケーションを初めて触る生徒向けの学習教材で、角川ドワンゴ学園ではN中等部において1年生から学習に利用されている 。教職員はオンライン学習システムのGoogle Classroomを使用して生徒に教材を配布し、課題を出すことが可能。いずれも、2月21日に公開している。3および4は、アドビのアプリケーションを利用したプロジェクト型学習(PBL)の授業向け教材。教材はいずれも、Adobe Education Exchange(https://edex.adobe.com/jp/)にて公開される。ダウンロードにはAdobe IDが必要だが、Adobe IDはアドビ製品を使っていない人でもWeb上で無料で取得できる(ただし13歳以上)。教材を使用する場合に、アドビや角川ドワンゴ学園への連絡は不要。ただし教材の改変・再配布はNGとのこと。
ダウンロードURL
1) Google WS+Illustratorで、生徒が自学自習できる授業 -イラストレーター入門編-
https://edex.adobe.com/jp/teaching-resources/sv4iWl6ES
2)Google WS+Photoshopで、生徒が自学自習できる授業 -フォトショップ入門編-
https://edex.adobe.com/jp/teaching-resources/PG8e4p5S0

スペシャルコンテンツ

VIEW MORE
  • 週間ランキング
  • 月間ランキング

新着求人

VIEW MORE
VIEW MORE

関連サイト

  • CGWORLD ONLINE TUTORIALS
  • CGWORLD SHOP
  • SCULPTOPSLABO
  • Born Digital,Inc.
  • 3dtotal.jp
  • 週間ランキング
  • 月間ランキング

スペシャルコンテンツ

    VIEW MORE