MENU

『U30 3DCG Vision Contest 2022』結果発表!クロス新宿ビジョン放映作品が決定!

グランプリ作品が決定!クロス新宿ビジョンの放映権をかけたU30 3DCG Vision Contest 2022に幕。
次世代を担う若手CGクリエイターの発掘を目的として、2ヶ月にわたり開催されたU30 3DCG Vision Contest 2022。

“独自の世界観と工夫でWOWな驚きを与える“を審査基準に、多くの応募の中から厳正な審査の結果、グランプリ1組・準グランプリ2組・審査員特別賞5組が決定した。

コンテスト結果特設ページ:https://3dcg-contest.com/results
以下、受賞者の作品を紹介をします。(敬称略)

■グランプリ『Catch Up!!』(秋山 智哉)

《作品URL》

https://youtu.be/gX267aK9B2s
●審査員よりコメント
岸本 浩一(CafeGroup founder/ Aww inc. Co-founder/投資家)
クロス新宿ビジョンの仕様を最大限活かした立体表現や、複数の異なるシーンを組み合わせた演出など、表現力の高さが光る作品でした。
放映が楽しみです!
田崎 陽太(3D Artist/Environment Artist khaki.inc Blender Cinema4D)
この作品はコロナなどで鬱屈とした雰囲気を「わくわくしよーぜ」というストレートなメッセージによって吹き飛ばしてくれます!ストーリー性のある展開を気持ちの良いアニメーションで最後まで飽きることなく見せてくれます。欲を言えば最後に少しテンションが落ち気味なので、派手なクライマックスになるとより完成度が上がったかもしれません。
YP(映画監督)
EMOJIコミュニケーション全盛期 思いを伝えるためのメッセージはより簡略化されていく
もし今この文章を書きながら怒っていても顔文字ひとつで割とわからなくなる
文章に表情が見えるってかなり発明
そんなモチーフ選びもステキで、展開も早く、どのタイミングから見ても楽しい、映像が流れてる様子を企画段階で明快に描いてたのが素晴らしいと思いました
Kazuya Ohyanagi(CGアーティスト)
音と映像のシンクロ感が爽快でした。クロスビジョンに投影する際に登場する絵文字のようなキャラクターも親しみやすく、工夫されているなと感じました。またクロスビジョンの空有感を最大限に活かせるような工夫がいたる所に見受けられ、素晴らしい作品だと思います。
imma(バーチャルヒューマン)
Emojiのカルチャーや夏を感じられるような工夫があって、これが新宿に流れたら日本人だけでなく、日本にきた外国人が見てもとても楽しそうだと感じました!
映像のテンポもいいので見ているひとが元気になる作品だと思いました!

スペシャルコンテンツ

VIEW MORE
  • 週間ランキング
  • 月間ランキング

新着求人

VIEW MORE
VIEW MORE

関連サイト

  • CGWORLD ONLINE TUTORIALS
  • CGWORLD SHOP
  • SCULPTOPSLABO
  • Born Digital,Inc.
  • 3dtotal.jp
  • 週間ランキング
  • 月間ランキング

スペシャルコンテンツ

    VIEW MORE