>   >  「世界一のエンターテインメントブランド」を目指すレベルファイブとは?『妖怪ウォッチ』シリーズのプログラムディレクターの森雄二氏に話を聞いた。
「世界一のエンターテインメントブランド」を目指すレベルファイブとは?『妖怪ウォッチ』シリーズのプログラムディレクターの森雄二氏に話を聞いた。

「世界一のエンターテインメントブランド」を目指すレベルファイブとは?『妖怪ウォッチ』シリーズのプログラムディレクターの森雄二氏に話を聞いた。

[PR]

『ドラゴンクエストⅧ 空と海と大地と呪われし姫君』の成功から、『レイトン教授と不思議な町』、『妖怪ウォッチ』などユーザーに"楽しさ"を提供し続けているレベルファイブ。今回は『妖怪ウォッチ』シリーズの第一弾から開発に携わるプログラムディレクターの森雄二氏に話を伺った。

CGWORLD(以下、CGW):まずはレベルファイブがどのような会社かご紹介いただけますか?

森雄二氏(以下、森):資本や規模ではなく、ソフトの楽しさで「世界一」と言われる会社を目指しゲームの開発を行っています。現在は『妖怪ウォッチ』などのようにゲームだけに留まらずアニメ、マンガ、玩具など、クロスメディア展開にも力を入れています。『妖怪ウォッチ』に続くクロスメディアプロジェクトとして『スナックワールド』というタイトルを現在開発中です。

また、「福岡をゲームのハリウッドに」を合言葉に福岡のゲーム開発会社と連携しGFF(GAME FACTORY'S FRIENDSHIP)を2004年に設立し福岡を世界に誇るゲーム都市にすることも目指して活動をしています。

CGW:森さんの仕事内容について教えていただけますか?

:職種としてはプログラマーになります。時期によってプロジェクトは異なりますが、『妖怪ウォッチ』シリーズは2013年に発売されたシリーズ第一弾からプログラムディレクターとして携わっています。現在は2016年の夏に発売予定の『妖怪ウォッチ3』の開発を行っていますが、最近では、スタッフの管理やサポート、タスクの割り出し、仕様やスケジュールの調整などの管理業務が多くなってきています。

▲森氏が現在プログラムディレクターとして携わる「妖怪ウォッチ3」のイメージイラスト
「妖怪ウォッチ3」
©LEVEL-5 Inc.

CGW:仕事をしていてやりがいや楽しさを感じるのはどのような時ですか?

:遊んで頂くユーザーがどうやったら喜んでもらえるのか?を考えて、こだわりながら作ってる時が一番楽しですね。みんなで意見を出し合いゲームがどんどん面白くなっていく。その結果として得られるユーザーからの反響で、良い意見があるとやりがいを感じます。

また、『妖怪ウォッチ』は直接ゲームの進行に関わらない細かいところまでこだわって作っています。例えば家に入る時は靴を脱ぐとか、何でもない神社の立て札を調べるとストーリーと関係ないことが書いてあるとか。そういうところにユーザーが気づいてくれて評価をしてもらうと嬉しいですね。QAからは「これいるの?」と嫌がられるのですが(笑)

▲(左)玄関のケータ (右)くつを脱いでいるケータ
「妖怪ウォッチ2 元祖/本家/真打」
©2014 LEVEL-5 Inc.

▶︎次ページ:レベルファイブの社内の雰囲気は?

INFORMATION

  • 福岡クリエイティブキャンプ 2015

    主に首都圏で活躍しているIT・デジタルコンテンツ等の開発経験者(クリエイティブ人材)の福岡市内企業へのU/Iターン転職を応援するために,福岡市が実施するプロジェクトです。

    ●詳細はこちら●
    fcc.city.fukuoka.lg.jp/

EVENT INFORMATION


JOB INFORMATION

レベルファイブでは『福岡クリエイティブキャンプ』を通じて以下の職種を現在募集しています。

【募集職種】
1.Web担当者
2.プログラマー
3.システム開発技術者
4.プランナー/シナリオライター
5.モバイルアプリケーション ネットワークエンジニア プログラマー
6.モバイルアプリケーション ネットワークエンジニア ネットワークエンジニア
7.モバイルアプリケーション ネットワークエンジニア UIデザイナー
8.モバイルアプリケーション ネットワークエンジニア Webデザイナー
9.CGデザイナー
10.CGムービーデザイナー
11.メニューデザイナー
12.エフェクトデザイナー
13.モーションキャプチャースタッフ

【求人内容/応募はこちら】
http://fcc.city.fukuoka.lg.jp/work/150/

Profileプロフィール

森 雄二/Yuji Mori

森 雄二/Yuji Mori

佐賀県出身。東京のゲーム会社等を経て、2009年レベルファイブへ入社。 最近では『妖怪ウォッチ』シリーズのプログラムディレクターとして プロジェクトに携わるプログラマーの管理業務を行っている。

福岡クリエイティブキャンプ 2015

福岡クリエイティブキャンプ 2015

主に首都圏で活躍しているIT・デジタルコンテンツ等の開発経験者(クリエイティブ人材)の福岡市内企業へのU/Iターン転職を応援するために,福岡市が実施するプロジェクトです。

URL:fcc.city.fukuoka.lg.jp/

スペシャルインタビュー