>   >  「福岡から海外へ」映像コンテンツの海外展開を目的として設立された映像コンテンツ産業研究会の取り組みとは?
「福岡から海外へ」映像コンテンツの海外展開を目的として設立された映像コンテンツ産業研究会の取り組みとは?

「福岡から海外へ」映像コンテンツの海外展開を目的として設立された映像コンテンツ産業研究会の取り組みとは?

映像コンテンツの海外展開によるビジネス化を支援することを目的として昨年設立されたNPO法人映像コンテンツ産業研究会。
今回は、その取り組みについて映像コンテンツ産業研究会の松下由香氏(モンブラン・ピクチャーズ)と福岡市経済観光文化局コンテンツ振興課の楠本賢司氏に話を伺った。

CGWORLD(以下、CGW):映像コンテンツ産業研究会の設立経緯を教えてください。

松下由香氏(以下、松下):「福岡を拠点に映画、アニメーションなどの映像コンテンツの海外展開によるビジネス化」というのがそもそものコンセプトです。通常、作品を制作した場合、いったん東京に持っていき東京で成功したら海外へ展開するのが一般的なのですが、髙島市長も「福岡はアジアが近い」と言う通り「であれば、直接持っていったらどうだろうか?」ということで、取り組みをはじめました。

2014年に初めて、モンブラン・ピクチャーズとして香港フィルマートに行った際に、日本から来ているのは販売代理店や大手企業の国際部の方がほとんどで、制作スタジオから直接参加している方がいなかったんですよね。そんな中「放課後ミッドナイターズどうですか?」と話を聞くと「こういうのはできないけど、もう少しこうならその企画は欲しい」という具体的な話しを聞けるんです。

それを社内に持ち帰るとすぐに別の企画に反映できるのが制作スタジオのメリットだと感じました。そして、海外に行けば行くほどクリエイティブ寄りポジションの方々がほとんどいないということが分かりました。これはチャンスだなと思い、NPO法人として映像コンテンツ産業研究会を設立しました。また、福岡市もクリエイターの海外進出を支援したいという意向があり、昨年から福岡市の事業委託も受けて進めています。

CGW:福岡市との映像コンテンツを海外展開する取り組みでは、どのような活動をしていますか?

松下:まず、福岡の制作スタジオ、学校、クリエイターなどを全て訪問し「これから海外に作品を売り込みに行くので皆さんの作品を預からせてください」といった作品の整備から始めました。昨年は既に完成している作品の放映権を売れる作品だけを集めました。

▲昨年イベントで配布したセールス資料

それらの作品を昨年12月にシンガポールで行われた「アニメフェスティバルアジア(AFA)」と3月に香港で行われた映画祭「香港フィルマート」に持っていきました。

アニメフェスティバルアジア(AFA)でブースを出展し、さらにその翌週のアジアテレビジョンフォーラムというマーケットでは、ディズニーチャンネル、カートゥーンネットワーク、ニコロデオンなどのバイヤーの方々と商談してきました。

  • ▲アニメフェスティバルアジア(AFA)で出展したブース

  • ▲香港フィルマートでの商談の様子

今年度は完成作品だけでなく、企画段階のものもセールスする予定にしています。海外のバイヤーやプロデューサーと話してわかったのですが「完成してる作品ではなくて、むしろ制作費は出すから一緒に作るアイデアや企画が欲しい」と言われることが多いんです。企画であれば、様々な制作スタジオでストックがたくさんあるので、今年は昨年以上に話が広がるのではと期待しています。

▶︎次ページ:海外のバイヤーから見た日本の印象とは?

Profileプロフィール

松下 由香/Yuka Matsushita<br>楠本 賢司/Kenji Kusumoto

松下 由香/Yuka Matsushita
楠本 賢司/Kenji Kusumoto

(写真・左)松下 由香氏(映像コンテンツ産業研究会/モンブラン・ピクチャーズ)
長崎生まれ、アメリカ育ち、高校より福岡在住。 営業、事務・経理、マーケティング職を経て、2012年モンブラン・ピクチャーズ設立と同時に、事務・経理として入社。 過去のキャリアと英語が話せるという理由だけで、2013年から海外ビジネス展開を兼任、2014年より福岡市からの委託事業により、自社コンテンツに加え、福岡のアニメスタジオ制作のコンテンツを預かり、海外のテレビや映画のマーケットへ参加しセールス活動を行う。 主にASEAN・ヨーロッパを中心に海外を飛び回り、アニメコンテンツの市場開拓と海外でコンテンツをマネタイズする仕組みを構築中。

(写真・右)楠本 賢司氏(福岡市経済観光文化局コンテンツ振興課)
長崎生まれの福岡育ち。 大学卒業後,民間企業・国家公務員を経て,福岡市役所へ入庁。 福祉分野を経た後に,念願が叶って昨年度から現在の部署に。 仕事と称し,公私ともにゲームと映像にハマる日々を過ごす。

スペシャルインタビュー