>   >  福岡から世界へ!世界的ヒットタイトルを輩出するフロム・ソフトウェアの福岡スタジオが求める人材像とは
福岡から世界へ!世界的ヒットタイトルを輩出するフロム・ソフトウェアの福岡スタジオが求める人材像とは

福岡から世界へ!世界的ヒットタイトルを輩出するフロム・ソフトウェアの福岡スタジオが求める人材像とは

[PR]

『DARK SOULS』シリーズを筆頭に、ワールドワイドでヒットするアクションゲーム開発で定評のあるフロム・ソフトウェア。その同社が福岡スタジオの開設に向けて、新規スタッフを募集中だ。開発全般を統括し、福岡スタジオでスタジオマネージャもつとめる竹内将典氏(専務取締役)に、スタジオの方向性や求める人材像などを聞いた。

CGWORLD(以下、CGW):フロム・ソフトウェアの概要と福岡スタジオの立ち上げについて教えてください。

竹内将典氏(以下、竹内):弊社は1986年に創業し、当初はビジネスアプリケーションを開発していました。ゲーム業界には1994年に参入し、これまで『キングスフィールド』『アーマードコア』『DARK SOULS』などのゲームをリリースしてきました。私もその頃に入社し、20年近くゲーム作りに携わっています。本社は東京ですが、開発規模の大型化に伴い、2016年春にCG制作を専門に行う福岡スタジオを開設することになりました。

DARK SOULS Ⅲ(ダークソウル3)
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc. / ©2011-2015 FromSoftware, Inc.

CGW:福岡にスタジオを構えることになった理由は何でしたか?

竹内:国内外のさまざまな都市をリサーチしましたが、人口分布で若い人の割合が多い点が決め手となりました。大学や専門学校が豊富で、優秀な新人を雇用しやすい点も大きいですね。スタジオを開設するというのは、企業にとっても大きな決断になります。数十年かけて現地に根を張り、人材を育成していく上で、これらは重要な要素の一つでした。

▲博多と天神の中間に位置する、中洲川端のエリアに2016年春からオープンする

CGW:採用計画について教えてください。

竹内:新卒を中心に3年間で2ー30人くらいの規模を予定しています。育成面での限界もあるので、毎年10人ずつといった具合ではなく、優秀な学生がいれば時期を問わずにコンスタントに採用していきます。また、新卒だけでなくもちろん中途採用も行っており、20代なら現場のリーダー格、30代以上であればマネジメント的な業務をお願いしたいと考えています。

CGW:新卒採用を重視されているのは、どのような理由でしょうか?

竹内:私たちが作っているゲームは、国産ゲームの中でもかなりユニークなポジションにあると思っています。据え置き型ゲーム機向けであること、ダークファンタジー的な世界観であること、海外市場も前提のコアユーザー向けタイトルであること、などです。『DARK SOULS』シリーズが顕著ですが、「固い・怖い・痛そう」イメージの他社ではあまりやっていないゲームなんですよ(笑)。そのためには、まだ知識やセンスが固まりきっていない若手を採用して、ゼロから社内で育成した方が早いという結論に至りました。

CGW:東京と福岡で採用規準などは変わりますか?

竹内:そこはまったく同じです。福岡を中心に現地採用を重視する予定ですが、応募自体は全国から歓迎です。福岡で採用されても、将来的に東京スタジオで勤務するといったキャリアパスも考えられます。個々の希望に応じて柔軟に対応していきます。

▶次ページ:採用で重視する点とポートフォリオで必要なこととは?


INFORMATION

  • 福岡クリエイティブキャンプ 2015

    主に首都圏で活躍しているIT・デジタルコンテンツ等の開発経験者(クリエイティブ人材)の福岡市内企業へのU/Iターン転職を応援するために,福岡市が実施するプロジェクトです。

    ●詳細はこちら●
    fcc.city.fukuoka.lg.jp/

JOB INFORMATION

フロム・ソフトウェアでは『福岡クリエイティブキャンプ』を通じて以下の職種を現在募集しています。

【募集職種】
1.3Dグラフィックデザイナー(背景)
2.3Dグラフィックデザイナー(キャラクター)

【求人内容/応募はこちら】
http://fcc.city.fukuoka.lg.jp/work/787/

Profileプロフィール

竹内将典/Masanori Takeuchi

竹内将典/Masanori Takeuchi

武蔵野美術大学卒業後、TBSを経てフロム・ソフトウェアに入社。 肩書はプランナーであったが、実態は企画立案、ゲームデザイン、アートワーク、プログラム、絵コンテ、PV作成、マーケティングなどゲーム制作とその周辺にあるもの何でもやることに。主にほぼすべてのXboxタイトルにディレクター、プロデューサーなどとして関わり、天誅シリーズのプロデューサーも努めた。現在、専務取締役、福岡スタジオの責任者。

福岡クリエイティブキャンプ 2015

福岡クリエイティブキャンプ 2015

主に首都圏で活躍しているIT・デジタルコンテンツ等の開発経験者(クリエイティブ人材)の福岡市内企業へのU/Iターン転職を応援するために,福岡市が実施するプロジェクトです。

URL:fcc.city.fukuoka.lg.jp/

スペシャルインタビュー