>   >  SIGGRAPH Asia 2015@神戸、絶賛応募受付中! 塩田周三(Computer Animation Festival)&安生健一(Courses)チェア対談
SIGGRAPH Asia 2015@神戸、絶賛応募受付中! 塩田周三(Computer Animation Festival)&安生健一(Courses)チェア対談

SIGGRAPH Asia 2015@神戸、絶賛応募受付中! 塩田周三(Computer Animation Festival)&安生健一(Courses)チェア対談

SIGGRAPH(シーグラフ)は、毎夏北米で開催される世界最大規模のコンピュータ・グラフィックスに関する国際学会である。アカデミックはもちろん、メディア&エンターテインメントをはじめとする各産業界にとっても有益な情報発信や収集、ネットワーキングの場となっている。その関連学会として2008年からスタートした「SIGGRAPH Asia」は、これまでにシンガポール、日本(横浜)、韓国(ソウル)、香港、中国(シンセン)といったアジアの各都市を巡ってきた。8回目となる今年は、神戸コンベンションセンターで11/2(月)から開催予定だ。2009年の横浜以来、2度目の日本での開催となるため、国内の教育機関やCGプロダクションが様々な準備を進めている。本記事では、「Computer Animation Festival」プログラムのChairを務める塩田周三氏と、「Courses」プログラムのCo-Chairを務める安生健一氏による対談を通して、各プログラムの審査模様について、さらにSIGGRAPH Asia 2015の見どころをお伝えする。

SIGGRAPH Asiaでは、手描きの映像作品の応募が多い

ーーお二人はSIGGRAPH本体でのJuror(審査員)のご経験もあるそうですね。

塩田周三氏(以下、塩田):SIGGRAPH 2004と2005、SIGGRAPH Asia 2012と2014で、「Computer Animation Festival」(以下、CAF)の審査員を務めてました。CAFと、その審査自体には慣れていますが、Chair(審査委員長)を務めるのは今回が初めてです。審査のやり方や結果には、Chairのリーダーシップやプロデュース力が大きく影響します。SIGGRAPH Asia の審査は、SIGGRAPH本体と比較すると和気あいあいとしていますが、それでも責任重大です(笑)。

安生健一氏(以下、安生):私の場合は、SIGGRAPH Asia 2009で「Sketches and Posters」のChairを務めました。SIGGRAPH 2014と2015では、CAFの審査員もやっています。他の審査員と仲良くなれたり、今の3DCG産業や技術研究の最新動向を確認できたり、楽しくて面白い経験ができる一方で、大変なことも多々ありますね。昨年のCAF審査会では、あまりにも多くの作品を見続けた結果、映像が頭のなかで渦巻いて、深夜にうなされたんですよ。こんなことってあるのかと、びっくりしました。

塩田:ある年のCAF審査会(Jury)の会場に行ってみたら、目薬と頭痛薬が置いてありました。初めて見た時には「目薬はともかく、何で頭痛薬が必要なんだ?」と思いました。でも審査の終盤になると、情報のオーバーロードで本当に頭が痛くなるんですよ。何日も缶詰になって、500本近い映像を見て、受賞作品を決定する......なかなかのハードワークです。特に「Animation Theater」に入れるのか、その上の「Electronic Theater」に入れるのか(※1)どうかで、喧々がくがくの議論になることが多いですね。
※1:CAFのプログラムは、比較的小規模の会場で上映される「Animation Theater」と、劇場上映用機材を用いた大規模な会場で上映される「Electronic Theater」に大別される

安生:最近は、「Pre Jury」(事前審査)の工程を設けていて、応募規約に則っているかどうかなどを担当者が2人1組になってチェックしています。そうやって、応募総数約500本(※本国かAsiaかを問わず、毎年同程度の作品が集まるとのこと)から絞り込まれた200本前後の作品が、本審査で上映されます。それでも、朝から晩まで見続けて2日半くらいかかりますね。その間、Chairと審査員たちは朝から晩まで、ずっと行動を共にします。実は、夕食をとる店選びなどもChairの役割なんですよ。その年のChairを誰が務めるかによって、審査方法や雰囲気はずいぶん変わりますね。

ーーCAFの審査員の方々は世界各地に散らばっていると思いますが、一堂に会して審査するのですね。

塩田:そうです。SIGGRAPH Asia 2015の場合、Chairの私に加え審査員が6名います。アメリカ、オーストラリア、韓国、日本など、居住国はバラバラですが、できる限り神戸に集まって審査したいと思っています。SIGGRAPHはアカデミックな要素の多い集まりですが、昨今のCAFの応募作品は、ストーリーやプロダクション・パイプライン(制作工程&編成)のすごさを競う傾向が強いですね。映像表現に直結する技術の新規性よりは、表現のしかた、デザイン、効率的に多くの物量を処理するパイプラインなどを評価材料とする場合が多いので、メディア&エンターテインメント業界をはじめとする制作の現場に身を置く審査員が多いという傾向があります。

安生:Asiaだけでなく、北米で開催される本家SIGGRAPHの審査会にも同じ傾向が見られます。ただしビジュアライゼーションのベスト作品を選ぶ際には、メディア&エンターテインメント畑の審査員だと判断が難しい場合がありますね。医療や建築など、色々な分野の作品が送られてきますから。そのほかの傾向として、最近は学生作品のレベルが上がっています。審査員をやっているプロたちですら驚くような、すごい情報量をもった作品が送られてきます。

塩田:フランスのシュパンフォコム/Supinfocom(現MOPA)ゴブラン/Gobelins、ドイツのフィルムアカデミー・バーデン=ヴュルテンベルク/Filmakademie Baden-Wuerttembergなどの常連校は、学生ながらプロ顔負けのパイプラインを構築して、大人数で制作していますからね。しかも先生や先輩の作品を見てノウハウを蓄積しているから、映像を見ればどこの学校からの応募か想像がつく。シュパンフォコムにはシュパンフォコムの、ゴブランにはゴブランのスタイルやデザイン、色合いがあります。フィルムアカデミーの場合は、テクニカル・ディレクター(TD)コースの学生が牽引して、TDの技で攻めてくる。

安生:彼らは2年くらいかけて、大人数のチームによる作品制作を実践し、そのなかで鍛えられています。正しい教育のあり方かどうか意見は分かれると思いますが、プロダクションに就職するなら、パイプラインのなかで制作することを意識しておいた方が良いとは思いますね。

塩田:その意識は大事だと思います。一方でSIGGRAPH Asiaの場合は手描き(2Dアニメーション)による作品の応募が多く、これは独自の傾向だなと感じています。SIGGRAPHはCGの学会ですから、デジタルツールの使用は必須ですが、手描きと3DCGを上手く組み合わせた作品であれば普通に審査されています。日本の作品は手描きが主体で、しかも良いものが多い。それらを完全にシャットアウトしているわけではないので、デジタルのプラットフォームでつくっているものであれば、ぜひご応募いただきたいです。Electronic Theaterの約2時間のショウケースを組み立てる際には、なるべく多彩なバリエーションの映像があった方が良いとも思うので。全ての上映作品が重厚な映像だとつらいし、全部がコメディでもつらい。VFXとフル3DCGの間に手描きを入れたり、ビデオゲームのカットシーンやリアルタイムCG、コマーシャル、ビジュアライゼーションなどを挟み込んだりした方が面白いですからね。

Profileプロフィール

塩田周三/Shuzo Shiota<br />安生健一/Ken Anjyo

塩田周三/Shuzo Shiota
安生健一/Ken Anjyo

塩田周三(写真・左):兵庫県出身。幼少期の9年間をアメリカで過ごし、上智大学法学部国際関係法学科を卒業。新日本製鐵を経た後、ビジネス・コンサルタントとして株式会社ポリゴン・ピクチュアズのコンテンツ企画を担当。1999年よりポリゴン・ピクチュアズに所属し、2003年に同社代表取締役に就任。SIGGRAPH Asia 2015の「Computer Animation Festival」ではChair(審査委員長)を担当。

ポリゴン・ピクチュアズ 公式サイト

安生健一(写真・右):株式会社オー・エル・エム・デジタル 取締役/研究開発部門 R&D スーパーバイザー。国内外の研究者・技術者との「使える」技術開発のコラボレーションに加え、SIGGRAPHを始めとするCGの国際会議での研究発表などの対外活動も活発に行なっている。SIGGRAPH Asia 2015の「Courses」ではCo-Chair(共同審査委員長)を担当。

オー・エル・エム・デジタル 公式サイト

スペシャルインタビュー