>   >  さらにリアルなルックと動きへ! 日本特有のアニメCG表現の最新形『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』『劇場版Infini-T Force/ガッチャマン さらば友よ』の両作が目指したものとは?
さらにリアルなルックと動きへ! 日本特有のアニメCG表現の最新形『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』『劇場版Infini-T Force/ガッチャマン さらば友よ』の両作が目指したものとは?

さらにリアルなルックと動きへ! 日本特有のアニメCG表現の最新形『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』『劇場版Infini-T Force/ガッチャマン さらば友よ』の両作が目指したものとは?

2月10日(土)に公開された『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』(以下、『STR』)の荒牧伸志・松本 勝の両監督と、2月24日(土)ロードショーとなる『劇場版Infini-T Force/ガッチャマン さらば友よ』(以下、『ITF』)を手がけた松本 淳監督の対談が実現した。それぞれ歴史あるシリーズの作品という共通項はあるが、それぞれ異なるビジュアルの方向性で、CGベテランの荒牧・松本 勝監督と本作が初のCG監督作品となった松本 淳監督という対照的な2組。しかしながら、CGを扱う上での長短所と今後の発展性には共感するところがあったようだ。最先端作品の監督同士の対談という貴重な機会をお届けする。

INTERVIEW_日詰明嘉 / Akiyoshi Hizume
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)



映画『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』
2018年2月10日(土)から2週間限定で全国公開予定!(吹替版のみ)
監督:荒牧伸志/松本 勝
脚本:エド・ニューマイヤー
企画・製作:ソニー・ピクチャーズ・ワールドワイド・アクイジションズ、ルーセント・ピクチャーズエンタテインメント
制作:SOLA DIGITAL ARTS
配給:KADOKAWA
sst-mars.jp
© 2017 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.sst-mars.jp


『劇場版Infini-T Force/ガッチャマン さらば友よ』
2018年2月24日(水)全国公開
原作:タツノコプロ/監督:松本 淳/脚本:熊谷 純/3DCG制作:デジタル・フロンティア/制作:タツノコプロ/配給:松竹/製作著作:Infini-T Force製作委員会
www.infini-tforce.com/movie
© タツノコプロ/Infini-T Force 製作委員会


<1>ハリウッドスタイルを崩してきた? より明確になった『スターシップ・トゥルーパーズ』のテーマ性

ーー今回、両作品の監督による対談の機会というところで、まずはそれぞれの作品をご覧になった感想をお聞かせいただければと思います。

『STR』荒牧伸志監督(以下、荒牧):僕は『ITF』のTVシリーズから先に拝見していたのですが、最も興味を惹かれたのはルックでした。フォトリアルともトゥーンシェーダとも異なる、この作品独自のルックになっていて、それでいて表情を含めてきちんと成立している。これはどうやってつくっているんだろう、きっと僕と同じような"生みの苦しみ"を味わったにちがいないと思いました(笑)。

『ITF』松本 淳監督(以下、松本 淳):(笑)。あのルックは、まさにTVシリーズの中で確立されたものなんです。TVシリーズを担当した鈴木清崇監督や、CG制作のデジタル・フロンティアさんのスタッフたちが様々な試行錯誤を経て画づくりをしてくれました。トゥーンシェーダとリアルの中間ぐらいの落とし込みにしているので、これをきっかけにこうしたルックに興味をもっていただければと思っています。

『Infini-T Force』
原作:タツノコプロ/監督:鈴木清崇/シリーズ構成:大野敏哉/3DCG制作:デジタル・フロンティア/制作:タツノコプロ/製作著作:Infini-T Force製作委員会
www.infini-tforce.com/tv

松本 淳:僕自身はこの映画が3DCGとしての初監督作になりましたが、演出としていくつかの作品に関わってきていたので、自分自身でもかなり以前からCGを学ぶためにパソコンを購入していたほどでした。そうした立場から『STR』を拝見したのですが、観る上でのストレスがまったくなく、ここまで観客に対して訴求力の高い作品に仕上がっていることに驚きました。『スターシップ・トゥルーパーズ』シリーズは実写の1作目(ポール・バーホーベン監督作『スターシップ・トゥルーパーズ』、1997年公開)から同じモチーフを使いながらも各作品ごとにちがうアプローチの仕方をしていましたが、『レッドプラネット』は、残酷描写は抑えめにされているぶん、このシリーズ独特の風刺精神とかテーマ性がより伝わりやすい作品になっているなと思いました。

さらにリアルな造形&質感へ! 日本特有のアニメCG表現の最新形『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』『劇場版Infini-T Force/ガッチャマン さらば友よ』の両作が目指したものとは?

© 2017 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.sst-mars.jp

『STR』松本 勝監督(以下、松本 勝):一時期、裏切りだとか何重スパイだとか複雑なパターンが増えてきましたが、本作の尺から考えてもっとシンプルな方が面白いんじゃないかと。テーマをわかりやすくするというところも意識しましたね。

さらにリアルな造形&質感へ! 日本特有のアニメCG表現の最新形『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』『劇場版Infini-T Force/ガッチャマン さらば友よ』の両作が目指したものとは?

© 2017 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.sst-mars.jp

――『スターシップ・トゥルーパーズ』第1作の脚本家で、前作『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』(2012)では製作総指揮に回っていたエド・ニューマイヤー氏が、今回の『STR』で脚本に復帰されました。

荒牧:『インベイジョン』はアクション主体でガシガシ動く話だったのですが、先ほど松本 淳監督がおっしゃった社会風刺の部分などで最初に戻った感じを今風につくるとどうなるのか、本人としてもやりたかったんだと思います。『インベイジョン』とは変わりましたが、それを僕らも楽しみました。

松本 勝:キャラクターの個性を引き出すのが上手いんですよね。本筋とちがう会話を入れて、「そこで何でその会話を?」と思わせておいて、それがキャラクターの厚みになる。

さらにリアルな造形&質感へ! 日本特有のアニメCG表現の最新形『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』『劇場版Infini-T Force/ガッチャマン さらば友よ』の両作が目指したものとは?

© 2017 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.sst-mars.jp

松本 淳:脚本については、三幕構成といったいわゆるハリウッドスタイルに当てはめてつくられたのでしょうか?

荒牧:彼は『ロボコップ』(1987)からのキャリアを持つベテランですから、当然それは頭に入っているとは思いますが、そこにあまりこだわっていなかった感じでしたね。最初のプロットはこちら側でまとめて、向こうに赴いて説明して、あとは彼が料理したものを送ってもらってまた返すというながれでつくったのですが......。

松本 勝:これは勢いで書いたなと思える内容で(笑)。返ってきたシナリオには、ここがターニングポイントだとかそういったことはいっさい書かれていませんでした。

松本 淳:あえてハリウッドスタイルを崩しにいったのでしょうか?

松本 勝:そうかもしれません。三幕構成にも賛否があって、小綺麗につくれる一方で、ある種の予定調和にもなる。彼は若い頃からそのスタイルで揉まれてきたので、今回はそうしたかったのかもしれません。

さらにリアルな造形&質感へ! 日本特有のアニメCG表現の最新形『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』『劇場版Infini-T Force/ガッチャマン さらば友よ』の両作が目指したものとは?

© 2017 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.sst-mars.jp

▶次ページ:
<2>CGで現代に蘇るタツノコヒーローの姿

スペシャルインタビュー