>   >  3DCGを活かしてアニメを「放映」するのでなく「運営」する。日中を軸にアジアに展開するHappy Elements Asia Pacificが新世代クリエイターを募集
3DCGを活かしてアニメを「放映」するのでなく「運営」する。日中を軸にアジアに展開するHappy Elements Asia Pacificが新世代クリエイターを募集

3DCGを活かしてアニメを「放映」するのでなく「運営」する。日中を軸にアジアに展開するHappy Elements Asia Pacificが新世代クリエイターを募集

[PR]

国内だけでなく、世界で戦えるコンテンツを制作することが課題となっている日本のエンタメ産業。そんな中、業界や国籍の眼鏡を外してみれば、改めて見えてくる風景がある......。Happy Elements Asia Pacificは、まさにそうした存在だ。リアルタイム育成型バーチャルアイドル企画『ReVdol! -VIRTUAL IDOLS NEXT TO YOU-』、中国タイトル『战斗吧歌姬!』(以下、リブドル!)を柱に、まったく新しいスタイルでアニメ等のコンテンツビジネスを展開中の同社に、求められる人材像について聞いた。

TEXT_小野憲史 / Kenji Ono
EDIT_藤井紀明 / Noriaki Fujii(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada 
PHOTO_島田健次 / Kenji Shimada

©2018 Happy Elements Asia Pacific co,. ltd.

現在、Happy Elements Asia Pacificでは下記職種を募集中です。

①Unityエンジニア
②エフェクトアーティスト (リード/メンバー同時募集)
③ライティング・コンポジットアーティスト(リード/メンバー同時募集)
④モデラー/リガー(リード/メンバー同時募集)
⑤モーションキャプチャ撮影リーダー

>>応募はこちらから!

開発から提供まで、全てを自社で担うエンターテインメントカンパニー

CGWORLD(以下、CGW):はじめにHappy Elements(以下、HE)とHappy Elements Asia Pacific(以下、HEAP)の関係について教えてください。

頼 嘉満氏:(以下、頼):HEは「Make the World Happy!」を理念に2009年に設立された中国系モバイルインターネット企業です。北京に本社があるほか、上海・東京・京都に拠点をかまえており、モバイルゲームの開発・運営や、ゲーム発のキャラクターIP、オリジナルアニメのアジア展開などを行なっています。HEAPはHEグループにおける日本の本社機能と新規事業開拓のため2014年に設立されました。日本のコンテンツパワーを世界に届けるため、日中・アジア向けオリジナルIPの企画・制作・運営を行なっています。

CGW:いわゆる「CGプロダクション」とは趣がちがいますね。

:そうですね。最大のポイントはデベロッパーであり、自社IPで勝負するパブリッシャーでもあるということです。その上でCGだけ、ゲームだけではなく、「アニメ・コミック」、「声優」、「バーチャルアイドル」にまたがって、複合的な事業を進めています。過去にTVアニメ『アイドルメモリーズ』『Phantom in the Twilight』の2作を放映しましたが、どちらも製作委員会方式をとらずに、自社で企画・原作・1社提供を行なったのも、そうした背景があってのことです。『Phantom in the Twilight』は中国のみならず、欧米、東南アジアなど世界同時に展開もしています。最新の自社IPによるプロジェクトが『リブドル!』になります(詳しくは後述)。

CGW:それには頼さんの経歴も大きく関わっていそうですね。

:台湾出身で中学生の頃、両親の仕事の関係で日本に移住しました。大学卒業後は戦略コンサル、ベンチャーキャピタルを経て、HEのCEOに、HEグループに参画しないかと誘われました。それまで日本と海外をつなぐビジネスにかかわるなかで、「日本は良いアイデアや商品を生み出しているにもかかわらず、世界標準になれずに、非常にもったいない」という想いを抱いていました。コンサルや投資家としてではなく、自分の手でアジア全域を視野に入れたイノベーティブな事業に携わりたいという想いと合致し、HEAPを起ち上げました。

  • 頼 嘉満(ライ チャーミン)
    台湾生まれ。国際基督教大学卒。IEビジネススクールMBA及びMIT-Zaragozaサプライチェーンマネジメント修士を取得。Lawson Softwareで日本と欧州間の国際プロジェクトをリードし、戦略コンサルティングファーム モニターグループで海外進出戦略立案プロジェクトの責任者を務めた後、ベンチャーキャピタルDCM Venturesのヴァイス・プレジデントに就任。多数のスタートアップの戦略アドバイザーとして従事。2014年にHappy Elementsに参画。Happy Elements Asia Pacificを設立し現職

CGW:そこでアニメに着目されたのはなぜですか?

:現状を俯瞰してみて、日本が海外と勝負できるジャンルだと思ったからです。その一方で自分自身が10代の頃、『鋼の錬金術師』をはじめとして、日本のアニメに勇気づけられたこともありました。人生の岐路に立たされた時、作品テーマである「等価交換の法則」について、実感したこともありました。

CGW:日本のアニメーション業界こそ、内向き志向かもしれませんね。

:インターネットが発達して、これだけ世界がフラットになっているにもかかわらず、日本のアニメーション業界では、いまだに地上波テレビ放送が大きな影響力を持っています。その一方でDVDなどの売上は減少しており、今後も少子化の影響は避けられません。誰もが新しいビジネスモデルの必要性を理解しているにもかかわらず、次の一歩が踏み出せていません。海外展開も同様で、なかなか進まないのが現状です。だからこそ、起業のチャンスがあるとも考えました。HEAPの強みは中国市場へのアクセスが容易な点ですから。

CGW:次の一歩が踏み出せないのは、どこにボトルネックがあると感じられますか?

:結局のところ、トップに海外展開を行う上での強い意思があるか否かです。多くの企業で海外展開が進まないのは、それによって日本市場での売上が低下することを恐れるからです。しかし、仮に短期的に両者が食い合っても、中長期的に見て売上が増加するなら、やるべきです。私はコンテンツ業界出身の人間ではありませんし、台湾出身でもあるので、余計にそう思います。

CGW:一方でハリウッドの映画は世界中でヒットしています。

:アメリカが他民族・多文化社会なので、万人に理解されるコンテンツをつくる必要があるからだと思います。その上でアメリカはコカ・コーラやマクドナルドなどを筆頭に、アメリカ文化を世界中に輸出しています。既に理解されているアメリカ価値観の中でつくられているコンテンツであるため、世界中で受けいれられるのではないでしょうか。実際、映画産業全体を見渡しても、世界中でコンテンツがヒットしているのはハリウッドだけです。

CGW:コンテンツと文化や価値観をセットで提供する必要があるわけですね。

:そうですね。そこで、日本、中国、そしてアジア全域で共有できる価値観もしくは今後着目されるニーズとして「女性の活躍」です。実際、アジア全域で女性の社会的地位が高まってきています。『Phantom in the Twilight』の企画も、「女性の活躍」をテーマにしたオリジナルアニメです。もっとも周囲からは「挑戦的すぎる」と言われました。女性向けコンテンツなら、もっとイケメンキャラクターを押し出した方が良いと......。

『Phantom in the Twiligt』のキービジュアル。高校卒業後、ロンドンに留学してきた18歳の少女で、影の力を操る能力を持つバイルー・トン(中央)が主人公だ。ヴァンパイア・人狼・キョンシーの属性を持つイケメンが働く深夜喫茶「カフェ・フォービドゥン」を中心に物語が展開していく

CGW:たしかに、いわゆる「萌え系アニメ」とは一線を画していますね。

:実際、映画『ワンダーウーマン』も日本以外では大ヒットしました。アジアの女性にとって、ワンダーウーマンは憧れの対象として見られたんです。でも、日本は状況がちがうようでした。しかし、ほかと同じことをやっているのでは、起業した意味がありません。固定概念にとらわれないで、どんどん新しいことをやっていきたいと思っています。

次ページ:
アニメ業界に一石を投じる『リブドル!』プロジェクト

Profileプロフィール

ハッピーエレメンツアジアパシフィック/Happy Elements Asia Pacific

ハッピーエレメンツアジアパシフィック/Happy Elements Asia Pacific

Happy Elements Asia Pacificは固定概念にとらわれずに、「技術×デジタルコンテンツ・エンターテイメント」を積極的に取り入れ、世の中により多くの喜びと感動を創出することをミッションにしている。
Happy Elementsグループが持つ日本・中国における市場への知見、及びコンテンツホルダーの企画開発力を活かしたアニメや漫画などの高品質な自社オリジナルIPを創出・運営し、世界で戦えるコンテンツ展開を推進している。

www.happyelements-ap.co.jp

スペシャルインタビュー