>   >  ゲームCG志望者必見! 無料&最短3ヶ月で未経験者を経験者にするクリーク・アンド・リバー社"クリエイティブアカデミー"の全容に迫る
ゲームCG志望者必見! 無料&最短3ヶ月で未経験者を経験者にするクリーク・アンド・リバー社

ゲームCG志望者必見! 無料&最短3ヶ月で未経験者を経験者にするクリーク・アンド・リバー社"クリエイティブアカデミー"の全容に迫る

[PR]

昨今、ゲーム業界は常に人材不足であり、優秀な人材や経験者に対してのニーズは高い。だが一方で、若手を育成する余裕がない企業も多い。ゲーム業界を志す未経験の人材は多いが、受入側の体制構築が難しく「人材は欲しいが、経験が浅い若手や未経験者を採用できない」という負のスパイラルに陥り、人材不足の問題を解決できないでいる。

この構造的な問題に対し、解決策を具体的に実行しているのがクリーク・アンド・リバー社が運営する無料の教育講座「クリエイティブアカデミー」だ。アカデミー責任者の佐藤浩平氏、VFXスタジオ運営責任者の堀越亮平氏に、実際のゲーム業界の状況等を詳しく伺った。

EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)

転職相談者の声をきっかけに生まれた無料のアカデミー

CGWORLD(以下、CGW):ゲーム専門のクリエイティブアカデミーを運営されているとのことですが、未経験の方がゲーム業界で働きたいという希望は実際に多いのですか?

佐藤浩平氏(以下、佐藤):クリーク・アンド・リバー社はクリエイターの生涯価値を高めることをミッションにしているクリエイター・エージェンシーです。私たちは仕事がら多くのクリエイターの卵に会う機会があります。そうすると、

「ゲーム業界で働きたいけど、経験がないから書類選考に進めない」
「作品がないので応募ができない」
「経験者でないと就職は難しいから、クリエイターになるのは諦めた方が良いのか」
「次のキャリアのために新しく専門的な知識を身に付けたいけど、専門学校に行く時間もお金もない」
「未経験だと門前払いされてしまう」

......など、若手ならではの悩みを相談されることが多いです。未経験者の場合、ゲーム業界に入るには専門学校や大学に通い一定のスキルを身に付けて志望企業の門を叩くというながれが一般的に考えられますが、実際には時間が取れなかったり、お金がなかったりという理由で通うのが難しいケースがあります。とは言え3Dのスキル習得はハードルが高いため、独学ではどうにもできない。それでも夢を捨てきれず、迷っている方が大勢いるのです。

写真左から 堀越亮平氏(VFXスタジオ運営責任者/クリエイティブアカデミーエフェクト担当)、佐藤浩平氏(クリエイティブアカデミー責任者) 以上 株式会社クリーク・アンド・リバー社

CGW:そういった夢を抱いている未経験者の声に耳を傾けたのですね。

佐藤:そんなに格好の良いものではないですが......。もちろん、本来専門学校や大学が未経験者を経験者にスキルアップする場所ではあるのですが、そういった教育機関の学費は決して安くはないですよね。私自身も大学進学後、学費や年齢といった条件から専門学校への入学を躊躇した経験がありました。なので、親身になるというか、未経験で迷っている方の気持ちが良く理解できているつもりです。

冒頭でお話ししたクリエイティブを目指す側と業界の間の構造もあり、このギャップを埋めるために無料で3Dを教える教育機関を何とか作れないか、そしてやる気ある若手を最短でプロに育て上げる実践的なカリキュラムがあれば、クライアントのニーズにも合致するのではないかと考えていました。そうして設立したのが「クリエイティブアカデミー」です。

CGW:ゲーム業界で不足しているのは、具体的な職種でいうとどの人材でしょうか?

堀越亮平氏(以下、堀越):私は社内でVFXスタジオというゲームエフェクトを中心にした開発スタジオを運営していますが、ここ最近スマートフォンアプリのグラフィックが急激にリッチ化、3D化しており、関連するクリエイティブとして3Dエフェクトを作れる人材がかなり不足しています。募集を出している企業は多いのですが、業界にエフェクトデザイナーはかなり少なく、応募はほとんどありません。ですので、私たちは、3Dクラスと同様に、エフェクトを基礎から教えるクラスを開設しました。エフェクトのエキスパートが基礎から、Unity、Shuriken、Maya、After Effects、Unreal Engineを使ったエフェクト制作を教えています。もちろん3Dのモデリング、モーション制作の仕事も引き続きニーズは高いです。

CGW:クリエイティブアカデミーは、具体的にどういったサービスなんでしょうか?

佐藤:まず、重要なポイントとして、クリーク・アンド・リバー社のクリエイティブアカデミーは完全無料であることです。もちろん無料であることには理由があります。私たちのアカデミーを卒業した方には派遣や人材紹介というかたちで仕事を紹介します。業界に精通したエージェントがご本人の希望とクライアントのニーズに合わせて就業支援を行いますので、本気で就業を目指す方、本気でジョブチェンジを考えている方に向いている講座です。ですので、趣味で3Dを学びたい方は本アカデミーには不向きですね。シビアな業界なので、本気でない方にはハードルが高いと思います。

授業は現実に即した実践的な課題とそのジャンルの基本的なツールの使い方などをセットにして一気に勉強します。3ヶ月間、みっちり講師に課題をもらってチェックバックをくり返します。座学は必要に応じてありますが、基本は課題をやりぬいてクライアントに評価されるポートフォリオの作成を目指します。

佐藤: 具体的なコースは本人の希望やスキルによって多様に選択が可能で、主に3クラスあります。「3DCGモデラ―クラス」はMayaでゲーム用のモデル制作を行います。3Dの簡単な形状のものを制作するところから徐々にステップアップしていき、最終的には人間のキャラクターを制作します。数キャラクターを完成させてポートフォリオを作成し、3Dモデラーとしてゲーム業界への就職を目指します。また、面接対策やビジネスマナーといった、社会人として必要なスキルもプロのエージェントがレクチャーしますので、就職に直結しています。

「3Dモーションデザイナークラス」は3Dアニメーション、モーションを学びます。まずはモーションを作る上で基本的な重力や摩擦などの物理法則を考慮した学習を始め、徐々に運動曲線や重心の取り方などを踏まえた人間の動作の制作へとステップアップしていきます。最後に好きな動作や人物の制作を行い、ポートフォリオを完成させます。

「VFXアーティストクラス」ではエフェクト演出の基礎に始まり、UnityのShurikenやUnreal EngineのCascade等の各種エフェクト制作ツールを駆使して、よりゲームが面白く見える方法を学びます。ポートフォリオに剣の軌跡や爆発、魔法やオーラ、風のエフェクト等実践的なものが並ぶようになります。

CGW:無料というのは画期的だと思うのですが、3ヶ月という期間は短くありませんか?

佐藤:3ヶ月を別の表現でご理解いただきたいのですが、1日6時間が3ヶ月で60日(ひと月あたり20日がアカデミーの日数)という計算です。つまり、マンツーマンの授業が合計360時間です。これ以外に自習の時間も加算されます。比較対象として他の教育機関の学習時間を考えると、毎日1時間の座学があっても1年で200時間程度です。本アカデミーは他教育機関の約2年分の教育を3ヶ月で徹底的に行いますので、短期間でも十分な習熟が可能です。ただし、私たちのアカデミーは他の教育機関のように幅広いデザイン知識を身に付けられる訳ではありません。希望の職種に特化して必要なスキルや知識を徹底的に教えるのが特徴です。

堀越 :私は特にニーズの高いエフェ