>   >  浅野いにおの創作スタイルを支える、マウスコンピューター「DAIV」
浅野いにおの創作スタイルを支える、マウスコンピューター「DAIV」

浅野いにおの創作スタイルを支える、マウスコンピューター「DAIV」

[PR]

2020年2月発行開始したCGWORLDのフリーペーパーCGWORLD Entry24号表紙グラフィックの背景の駄菓子屋は、漫画家の浅野いにお氏がUnreal Engine 4(以下、UE4)を用いて制作したもの。外観と内観含め数百点に及ぶアセットを用いて構築されている。
マウスコンピューター「DAIV」を愛機とする浅野いにお氏に、デジタルクリエーションの道具としてのPC選びについて語ってもらった。

PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

  • CGWORLD Entry vol.24
    特集:はじめよう、3DCG!
    価格:無料(フリーペーパー)
    判型:A4ワイド
    発行日:2020年2月28日(電子版)、3月4日(ペーパー版)
    URL:https://cgworld.jp/news/book/Entry24.html

  • 浅野いにお×マウスコンピューター オリジナルTシャツが当たるチャンス! 
    浅野いにお氏とCGWORLDがタイアップしたオリジナルTシャツ企画の第1弾。浅野いにお氏がCGWORLD Entry24号に寄稿した漫画エッセイ『僕とCGと諸事情』の一コマを用いたオリジナルTシャツです。
    ※応募期間は終了しました

3DCGをフル活用し、自由な制作スタイルを実現

CGWORLD(以下、C):CGWORLD Entry24号向けの表紙グラフィックの描き下ろしありがとうございました。背景の駄菓子屋の3DCGは外観だけでなく、内観までしっかりつくり込まれていますね!今回どのような経緯でこの技法を選ばれたのでしょうか?

浅野いにお氏(以下、浅野):今回、CGWORLDさんから発注された表紙ということで、3DCGを使ったものという条件は前提としてあったんですが、そもそも去年くらいから、人物はアナログだけど背景はCGにして、Photoshopの処理だけでイラストとして完成させるということをやっていたんですね。それで今回もそういった手法で、かつ自前で作った3DCGの背景を主役にしたイラストでやってみようと。うちの事務所のCGスタッフに去年から少しずつつくってもらってたんです。「駄菓子屋っていいよね」ってくらいのざっくりした注文でしたけど(笑)。駄菓子屋のモデルはのべ日数でいうと6日くらいで完成しました。

  • 浅野いにお氏

C:噂の彼がつくってくれたんですね(笑)。では、漫画やイラストの背景に3DCGを使用することのメリットについてお聞かせいただけますか。

浅野:3DCGを使い始める前は、実際の場所までロケハンに行って、使えそうな構図で写真に撮ってストックしておいて、それを背景に使うということをしてたんです。ただ、実際の景色だと邪魔な建物を動かしたり、人間の目線以上の位置にカメラを置くことはできないですけど、CGだとそういうことも調整できますから。それに連載漫画って完成までの日程がタイトなので、資料や素材に関しては諦めるしかないこともあるんです。そこを3DCGにすると、もう少し自由度が上がるというところがメリットですね。

C:確かに、ロケハンして写真を撮るという資料集めには時間的にも内容的にも限界がありそうです。3DCGを使うことでそのデメリットがなくなるというわけですね。しかし、PCはペンや紙といった一般的な漫画の道具に比べるとやはり高価です。特に3DCGを扱えるくらいのスペックのものとなると、ある程度の投資が必要となりますが、それだけのメリットはあるとお考えですか?

浅野:漫画家って、仕事にかかる経費といえば、画材費とアシスタントの人件費がほとんどなんです。ただ、漫画という表現は漫画家本人が判断しなきゃならないことが多いので、20~30人の大所帯にはならないんですよ。作家ひとりに対して一定数以上にアシスタントを増やしても、上がる生産性には上限があるので、作品の質や表現の幅の向上を考えるのであれば、人件費よりもツールに投資するという考え方のほうが良いと思います。特にうちはアシスタントが少ないので、そのリソースをPCに回して、人が少ない分をPCが補ってくれるというかたちですね。

C:なるほど、投資に見合うメリットは十分あるというわけですね。それでは、そんな作画ツールとしてのPCのスペックはどれくらいのものが必要なのでしょうか。現在、先生が使用されているPCのスペックをお聞かせください。

浅野:現在使っているPCの構成は、CPUはインテル Core i9シリーズのプロセッサ、GPUはNVIDIA GeForce RTX 2080、メモリは64GBです。単純なモデリング用途だけでいえばここまで高スペックな構成である必要はありません。ただ、自分の場合、カメラに映るかどうかわからないものも含めて、シーンに必要なアセットをとにかくどんどんつくった後で、UE4上でロケハンを行うようなイメージでスクリーンキャプチャを取りながらアングルハントをしています。点数を増やしていけばいくほど、露骨にビューが重くなるので、GPUは高スペックなものを選ぶようにしています。

DAIV Z9 series

Maya×UE4 3DCGアセット制作にも!

▲駄菓子屋は壁や屋根がモジュラー状に分解できるようになっている。建物外観部、屋外アセットは約40点程度。一方、屋内のアセット数は数百アセットにも及ぶ。こちらは商品は表示/非表示を簡単に切り替えられるようにレベル分けされている。

浅野:また、漫画で使う画像サイズというのは4K画質よりも大きく、横6,000、縦8,000ピクセルくらいのデータになります。カラーだとまだいいんですが、白黒だと縮小したときにエッジのギザギザが目立ってしまうので、できるだけ解像度は維持したい。そうなると1枚あたりのデータサイズがかなり大きくなるので、本体のメモリも64GBは欲しいです。それから、今はシステム用もデータ保存用も両方のストレージにSSDを使っています。アンリアルのシーンを開くときなど、SSDだと体感的に速くなったと感じます。

C:先生は現在使われているものが3台目だというくらい、マウスコンピューターの「DAIV」を長く愛用されているとのことですが、「DAIV」を選ばれた理由はどういったところにあるのでしょうか?

浅野:一番の決め手になったのはデザインの良さですね。あとは他のメーカーと比較したときの割安さですね。もっとガチガチのワークステーションにしてもよかったんですけど、倍くらいの値段になっちゃうので、まずは『DAIV』で試してみようと考えました。やっぱり継続して買うかもしれないということを考えると、値段の安さは見てしまいますね。それで実際に使ってみて問題がなかったので、PC台数を増やしていく時にも『DAIV』で継続しているという感じですね。筐体にキャスターが付いているのも地味に助かります。あと、サポートが凄く感じが良かったんです。百回くらい「安心してください」と言われました(笑)

C:そういえば、そのPCを使って最近YouTubeの配信も始められたとのことですが。

Premiereを用いた動画編集

▲アシスタントの畳 ゆか氏と共にゲーム実況を主としたコンテンツをYouTubeチャンネルで配信している。
www.youtube.com/channel/UCUISMkOhQ2Em1uhXO7uIN8g

浅野:YouTubeで何かをしたかったというより、映像編集がやりたかったんですよ。Adobeのサブスクリプション全部入りの中にAfter EffectsやPremiereが入ってたんですけど使わずに持て余していて。映像編集がやりたいけどアウトプットの場所がなかったんですが、それがYouTubeに動画を出すということで、色々とつながったんです。こんなに簡単に配信できるんだと感動しましたね。配信ができたという時点で8割方満足しています(笑)

C:浅野先生は漫画に3DCGを取り入れるだけでなく、動画配信など色んな新しい表現に挑戦されていますが、そういう活動にもPCが活かされているというわけですね。

浅野:もともと漫画の道具というもの自体が、印刷を前提に編み出されたものなんですよ。紙質の悪いところに印刷するための技法としてスクリーントーンが使われたりだとか。でも、今だと発表の場も電子書籍やWebや色々あって、解像度が高くても低くてもいいし、CGのカラーをそのまま出してもいいし、昔ながらの漫画の道具に固執する理由もあまりなくなってきています。表現的な新しさって物語性だけじゃなく、「作り方」が新しいというだけでも価値があると思うので、積極的に取り入れていってもいいんじゃないでしょうか。漫画はアナログ然とした文化なので、3DCGの手法なども取り入れる人はまだ少ないですが、自分は実例として積極的にやっていこうと思います。

C:浅野先生が次はどんな新しい表現を見せてくださるのか、これからも期待させてください。今回はお話いただきありがとうございました。

浅野いにお氏×マウスコンピューター
オリジナルTシャツプレゼントキャンペーンを実施中

浅野いにお×マウスコンピュータータイアップのオリジナルTシャツを抽選で20名様にプレゼント!下記応募概要を読んで応募しよう。


応募概要
賞品:浅野いにお×マウスコンピューター オリジナルTシャツ(※サイズXLのみ)
当選人数:20名様

応募方法:応募期間は終了しました。
応募受付期間:2020年3月31日(火)23:59まで

本キャンペーンに関する注意事項
※本キャンペーンへのご応募には、Twitterのアカウントが必要となります。
※当選の発表は、Twitter上でのDMをもって代えさせていただきます。
※発送先は日本国内に限ります。
※応募完了の確認、当選・落選についてのご質問や、お問い合わせは受け付けておりません。
※当選ご連絡後規定の期日までにお返事がいただけない場合には当選が無効となりますのでご注意ください。

株式会社マウスコンピューター
TEL(法人):03-6739-3808(平日:9~18時、土日祝:9~20時)
TEL(個人):03-6833-1010(9時~20時)
www.mouse-jp.co.jp/creator/

Profileプロフィール

浅野いにお氏/Inio Asano

浅野いにお氏/Inio Asano

1998年『菊池それはちょっとやりすぎだ!!』でデビュー。2002年、『素晴らしい世界』にて連載開始。2005年の『ソラニン』は映画化もされ大ヒット作に。『おやすみプンプン』や、大人気連載中『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』など、若者の圧倒的支持を得ている

マウスコンピューター

マウスコンピューター

BTOパソコンの生産・販売を主力業務に、「国内生産」、「24時間365日電話サポート」、「96時間で修理完了」を掲げて事業展開。クリエイター向けブランド「DAIV」などの用途別のブランド展開でも知られる。埼玉・東京・名古屋・大阪・仙台では直営店も営業中。
www.mouse-jp.co.jp

スペシャルインタビュー