>   >  上達への近道は、自分の「好き」の追求 ~"蟲の人"長谷川拓海が語る、CGを通して伝えたい虫の魅力(後編)~
上達への近道は、自分の「好き」の追求 ~"蟲の人"長谷川拓海が語る、CGを通して伝えたい虫の魅力(後編)~

上達への近道は、自分の「好き」の追求 ~"蟲の人"長谷川拓海が語る、CGを通して伝えたい虫の魅力(後編)~

「虫」をモチーフとしたCG作品づくりをライフワークとしている、"蟲の人"こと長谷川拓海氏に、これまでの経歴や作品づくりにかける想いを聞く本インタビュー。後編は、作品をつくる上で意識していることや、入社1年目にして公開した動画チュートリアル「昆虫をモチーフにしたオリジナルアートの思考法&テクニック」について熱く語ってもらった。

●関連記事
静岡の虫取り少年が、CGの世界に出会うまで ~"蟲の人"長谷川拓海が語る、CGを通して伝えたい虫の魅力(前編)~

TEXT_室井美優 / Miyu Muroi(Playce)
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)、浅井時計 / Tokei Asai、山田桃子 / Momoko Yamada

「昆虫をモチーフにしたオリジナルアートの思考法&テクニック」詳細・ご購入はこちら

「とことん調べ尽くす」昆虫愛から生まれた「虫」作品の数々

CGWORLD(以下、CGW):まずは、大学卒業後もコンスタントに続けているという、自主制作についてお伺いできればと思います。オリジナル作品をつくる上で重要となるモチーフは、どのように決めているのでしょうか。

長谷川拓海氏(以下、長谷川):そのときの季節や、流行っているデザイン、SNSでバズっているものなどから着想を得て、まずはそれらが「虫につなげられないか」を考えます。例えば、季節の虫とか。6月は梅雨......厳密に言えば虫ではないのですが、梅雨の虫として印象的なカタツムリをモチーフにした作品を何かつくってみるのはどうか、という考え方をしています。

  • 長谷川拓海/Takumi Hasegawa
    2019年京都造形芸術大学キャラクターデザイン学科を卒業後、KLab株式会社に新卒入社。蟲をモチーフにした連作をライフワークにしている。植物含め生き物全般守備範囲。通称「蟲の人」
    hase_insectart.artstation.com/
    twitter.com/t_hasegawa5173

CGW:ちなみに「虫」って、とても複雑な造形をしていて、構造色や光沢感なども独特なので、表現するのが難しそうだなと感じています。長谷川さんは、「虫」をつくる上でどのようなところを意識されているのでしょうか。

長谷川:僕は虫が大好きで知識もそれなりにあるのですが、だからといって油断せず、「とことん虫について調べ尽くす」ということは意識しています。図鑑やネットを見ることはもちろんですが、博物館や美術館で虫の企画展がやっていれば見に行ったり、身近な虫は実際に捕まえて観察してみたり。くわしく調べてみると、「この虫の脚の先、意外と丸いんだな」とか「ここは、思ったよりとがってるんだな など、新たな発見もあって面白いんですよね。

もうひとつ、これはCGの技術的な面で意識していることなのですが、作品のなかに「自分が技術的に挑戦したいテーマ」を組み込むことができれば良いのかなと思っています。

僕の作品で、タマムシをモチーフにした『大和玉蟲』という作品があるのですが、この作品では、角度によって色が変わるタマムシの構造色をどうCGで表現していくかというテーマを設定しました。構造色っぽく見せるテクスチャを貼るだけではなく、実際にアニメーションで動かしたときに、色の移り変わりを美しく表現するにはどうつくれば良いのか考え、構造色でV-Ray用のシェーダを書いてみるなど、色々と試行錯誤した作品です。

タマムシをモチーフにした作品『大和玉蟲』

長谷川:『水神宝蟲』というゲンゴロウをモチーフにした作品は、ゲンゴロウをブローチのように見せたくて、レリーフのようなディテールを付けたんです。でも、ただレリーフデザインをするのではなく、Substance Designerを使ってプロシージャルにつくってみようと、制作方法を工夫しています。そういった、技術的な研究課題が1つでも作品に入っていれば、やる気も上がりますし勉強にもなります。「この作品をつくって、自分はどう成長できるんだろう」という意識は常にもっています。

ゲンゴロウをモチーフにした作品『水神宝蟲』

長谷川:でも、何より大切にしているのは「僕の作品を見た人が、その虫に興味をもってくれるようなCGをつくる」ということです。「こんな虫本当にいるの?」とか「意外とかわいいな」とか......僕の作品を通して虫の魅力を感じてもらえたら本当に嬉しいですね!

CGW:虫について知識はあっても、常に情報を追いかけているんですね。

長谷川:そうですね。図鑑はたくさんもっていますし、今でも良く読んでいます。あとは、SNSですね。フォローしている中には、CG関係の人だけじゃなく、虫の写真家や研究者、昆虫食志向の人も多いんです。とある昆虫食の人は、「蟲の人」という名称で勘違いしたのか、僕をCGデザイナーではなく昆虫を食べる人だと思っていたようです(笑)。そういった虫にまつわる様々な人たちから、日常的に「虫」についての情報を得て、作品のインスピレーションを受けていると思います。

CGW:ちなみに最近は、どのような「虫」をつくっているのでしょうか。

長谷川:最近は、同時にいろいろな虫の作成を進めています。例えばこれからの季節、家でよく見かけるあの虫とか......。

自主制作では、虫だけでなく本当に色々とつくっていて、ゲーム感覚で楽しくやっています。家ではBlenderをメインツールとして使用しているのですが、「Blenderって良いゲームだなぁ」みたいな感覚です。

CGW:空き時間ができたら、ゲームをするのではなくCGをつくろう、みたいな感じですね。

長谷川:そうですね! 現在は在宅勤務のおかげもあって、業務からシームレスに自主制作に移行できるので、いつもよりも作品づくりがはかどっています。また、毎週金曜日には、大学時代の同期を集めてオンラインでCG制作の勉強会を開いたりもしています。僕が講師役になってBlenderの使い方を教えて、一緒にCG作品をつくってみたりして。本当に、ずっとCGに関わっている感じです。

次ページ:
入社1年目で動画チュートリアル制作に挑戦

Profileプロフィール

長谷川拓海/Takumi Hasegawa

長谷川拓海/Takumi Hasegawa

2019年京都造形芸術大学キャラクターデザイン学科を卒業後、KLab株式会社に新卒入社。蟲をモチーフにした連作をライフワークにしている。植物含め生き物全般守備範囲。通称「蟲の人」
hase_insectart.artstation.com/
twitter.com/t_hasegawa5173

スペシャルインタビュー